2017年12月24日

今年の紅白歌合戦のトリはゆず

今年の紅白歌合戦の曲順が発表されました。

栄えある大トリはゆずに決まりました。

今年に関しては安室奈美恵さんも桑田佳祐さんも出戦交渉をしていましたが、双方とも出演が決定し、昨年のようなグダグダは無くなるものと思います。

目玉も決定し見どころの多い紅白になりそうです。

しかし数年前にゆずが出場できなかったときは、えっと思いました。

今年の大トリは、あの疑惑の落選の罪滅ぼしかな。

実際疑問の出場が何人もいらしたので、ゆずの落選は不思議でした。

演歌の枠もどんどん減ってきて、大物達が次々と引退していったためどうなるかと思いましたが、これ以上減ると逆に視聴層から考えて紅白の存在意義も問われそうな事態ですので、踏ん張ったみたいです。

演歌って死にそうだったのですが、結構歌手そのものはいらっしゃるんですね。

でもポップスに比べると演歌は出演へのハードルは低い気がします。

もっともCDの売り上げや配信に関してですが。

番組へは日常的に出演しているので、その貢献度なんでしょうか。

昔は演歌も好きだったけど、音楽の傾向がすっかり変わっているのに,演歌だけは100年一日の如くやっています。

変わらないがゆえに生き残ってきたのかもしれませんが、このまま将来も行くんですかね。

かつては演歌歌手というと、紅白に出てどさ周りで稼いで資産を築くなどという話も聞きましたが、今はお客さんも老齢化で入らないそうです。

代わりに太田裕美さん達がやるとお客さんが入ると言っていましたから、やっぱりファン層もだんだん年を取って変わっていくんでしょう。

さて、今年の紅白は役者が揃ったので盛り上がりますね。

たった2人が出るだけですっかり様相が変わるのですから、すごいとしか言いようがありません。

スターってトップを長く維持している人は、やっぱり何かが違います。

何なんだろうって思っても凡人に判るわけない。

でも何となく人柄とか受ける感じとかも今は重要な気がします。

見た感じが悪いというのは今の鮮明なテレビでは致命的な気がします。

ただのお人よしでは仕方ないので、そこが難しい、


posted by 原田知篤 at 10:50 | Comment(0) | テレビ

2017年12月23日

ついに猫の飼育頭数が犬を上回る

昨年末の発表では犬の飼育頭数に殆ど迫っていたものの、わずかに及ばなかった猫ですが遂に犬の飼育頭数を60万匹もあっさり上回りました。

ともかく完全に都会の住宅事情とか人間側の老齢化が影響しているんでしょう。

本当に都会では犬の散歩を見なくなりました。

散歩の必要のない小型犬も増えているんでしょうが、犬を何匹もつれて散歩している人たちにもステータス感は感じられないし、誰も羨ましくも思いませんからね。

昔は経済的にも精神的にも余裕がある印象を与えてそれなりに羨望の目もあって、犬友達も出来るしそれなりに意義はあったのでしょうが、今はね。

今のステータスって何だろう。

車とか犬とかはもう過去のものだし、家も「馬鹿な人間が立派な家に住んでいても、やっぱり馬鹿だ」などと書いてある本が売れているらしいし、今は昔ほどではないのかも。

記憶力勝負の学歴も人工知能の発展でステータスではなくなりそうだし、人間は何にプライドを持てばいいのでしょうかね。

足が長いとかスタイルがいいというのは良いですが、何かが秀でるとそれに頼って他がおろそかになるという人間の本質もあって、うまく成長するのはむつかしい。

子供の頃は放し飼いで犬を飼っていて可愛かったですけどね。

今はネコ一辺倒です。

犬は無理だな。

散歩のほか生理的なしつけも大変だし、割と病気になるし吠えるし噛むし。

昔は放し飼いですからね。

だからよその犬に噛まれることもありましたね。

そんな時代もありました。戻りたくはないけど。


posted by 原田知篤 at 09:04 | Comment(0) | ネコ

2017年12月22日

富岡八幡宮のその後

お正月も近いし、姉弟による宮司の跡目争いで殺傷沙汰が起きた富岡八幡宮のその後ですが、テレビのニュースが参道などの商売の様子をやっていました。

何だか2割くらいは売り上げが減って大打撃だなどと言っていましたが2割?

そんなものなんですかね。

大立ち回りで姉弟など3人が犠牲になった富岡神社にお参りする人など居るのかと思いましたが、結構いるようですね。

今は興味本位の野次馬もいるはずですが、そのうちジワジワと参拝者も減るのではと思いましたが、ジワジワと誰もがすっかり事件を忘れるのかもしれません。

評論家の予想では半減するのではと言っていました。

なかなか人の考えや行動はくるりとはいかないようです。

このハゲーの豊田真由子前議員だって、あれほどボコボコに騒がれたのに2万票以上入りましたしね。

富岡神社に新年の初詣に行く人の気持ちも判らないな。

良い年になるよう願いを込めて新年を祝えますかね。

あの話は前年の事だから、今年は新たな気持ちでという事かな。

喪中なんだけどね。


posted by 原田知篤 at 19:46 | Comment(0) | ニュース

2017年12月21日

UFOは本当にいるのか

未確認飛行物体をUFOというのだけれど、昔から見たという人と見たことがないという人に分かれ、お化けや神様と同じような位置付けをされています。

アメリカでかつてUFOの研究をしていたという研究者が、予算も下りてきていてを研究していたという告白をして話題になっています。

昔から宇宙人のミイラを国防省が保管しているというような噂も時々聞きます。

わが国では民間のマニアのマニアみたいな方が色々言いたい放題の印象でちゃんとは研究していないようです。

かつて、日本航空のパイロットがアラスカ上空で飛行機を追いかけてくる火の玉のようなものを一定時間見たと会社に報告したところ、「疲れているんだね」という事で3か月乗務停止の命令を受けたという。

それ以来、パイロット達はUFOらしきものを見ても報告をしなくなって、目撃情報が表に出なくなったようです。

このことからUFOに対するわが国の評価が分かります。

UFOの話になると見るからに怪しいマニアが登場して、それを面白がる風潮も真剣な研究を阻んでいるという事でしょう。

宇宙に人間だけが知的生命体として存在していると思うこと自体が、ありえないおごりですし、地球上で人間がすべてを征服したような考えも違うと思いますよ。

最後に生き残るのは人間じゃなくて昆虫で間違いありません。

人間は食料問題が最後ネックになると思います。

やっぱり恐竜程ではないですが、体を維持するには大量の食糧が必要なんですね。

UFOを居ないと決めつける根拠はありえません。

地球が回っていると最初に言った人も宗教裁判にかけられたし、金属の線を電気が通ってお互いに話が出来るという電話も最初は誰も馬鹿にして信じてもらえなかったというし、光ファイバーなんて不純物ゼロのガラスなんて作れるはずが無いと思われていて、その前にガラスをどうやってグニャグニャ曲げるんだという話やら、出来てみると普通に使っているんです。

IPS細胞だって発表したときは他の研究者からほら吹き扱いされたというし、何でもそんなものなんでしょう。

一般まで理解が進むのは時間がかかるんです。

ただUFOの民間研究者だけは面白キャラの怪しい人が多すぎるのは問題ですね。

まじめにやるほど他人から見ると怪しく見えるのかな。

お笑いでもまじめな顔でボケるほど面白いしね。


posted by 原田知篤 at 08:42 | Comment(0) | ニュース

2017年12月20日

クリスマス離れの傾向が若い人で顕著なんだって

自分たちの若い頃はクリスマスといえばケーキとかチキンとか美味しいものとツリーを飾ったりして楽しい催しでした。

でも今はクリスマス離れが顕著となり、パーティーも特別なことをしない家庭が増えてきたらしいです。

ケーキもチキン料理もいつも食べているし、別にそんなに特別感はないかな。

サンタさんが来るのもサンタさんをやるのもクリスマスの楽しみだったのですが、うちの子たちはやっているみたいだけど、よそはどうなっているのかな。

お正月と接近しているので、一緒にやろうという事なのでしょか。

ハロウィンとかバレンタインとかはすっかり定着したけれど、その分クリスマスが割を食っているのかも。

クリスマスって家庭での楽しみだから、結婚していない人が多くなってクリスマスの意味がなくなってきているのかもしれません。

異性に興味のない人が増えて、クリスマスを誰と過ごそうという目標が意味をなさなくなってきているのかもと思うと、こりゃ日本もまずいぞ。

子供を育てるのに教育にお金がかかりすぎるというのも大問題だから、お金に余裕がある人は多妻許可制にして、子供を増やさないと日本は消えてしまうかもなどと考えていたら、昔は結構そんな感じだったんですよね。

でも富岡八幡宮みたいに相続争いですごい事件が起こりそうですね。

どうすれば良いのだろう。


posted by 原田知篤 at 21:57 | Comment(0) | ニュース

2017年12月19日

シャンシャンが可愛すぎる

昨日は報道陣に公開された上野動物園のパンダ シャンシャンですが、今日からは一般にも当選者に公開されます。

それにしてもテレビで見るシャンシャンは可愛いのでフィーバーも仕方ありません。

私も名前を募集しているときに応募しましたが、シャンシャンではありませんでした。

残念ながら何んの名前で応募したかも忘れてしまいましたが、シャンシャンではなかったです。

こんなにフィーバーするなら流行語大賞はシャンシャンだったと思うんですが、時期が遅すぎましたね。

生まれるのが1月早かったら、流行語大賞30語位には確実に入っていたでしょう。

今年はインパクトが35億位しかなかったので、シャンシャンは残念でしたね。

後は貴乃花関連も年末のワイドショーをにぎわしています。

捜査が済むまでとか医療用ホッチキス9針とか流行語には無理かな。

今年は35億が続いて年末にシャンシャンという年でした。

来年は何年だったかな。

戌年でした。

パンダ騒動で戌ってあまり報道していませんね。

年賀状も出さなくなったので干支もわからなくなりました。


posted by 原田知篤 at 12:30 | Comment(0) | ニュース

大宮の風俗店火災で死者

大宮の3階建ての風俗店が入居するビル火災で従業員の女の子2名とお客2名が亡くなりました。

けが人は多数ですが、女の子1人が重体の状態です。

うーん。

この手の火災は運も悪いんだけれど、残された家族が辛いと思うんですよね。

やっぱり死ぬなら病院か自宅の畳の上が良いですね。

多分家族が一番困らないと思います。

電車の人身事故を起こすような最後を選ぶと、遺族に鉄道会社から賠償を求められることが多いし、山とか海とか捜索が必要なものも嫌ですね。

しかし、風俗店で亡くなるなんて一番選びたくない最後です。

従業員であってもお客であっても絶対に遭遇したくない場面です。

とくにお客さんはその日のその時間を外れれば今日も平常な日常を過ごせたわけで、運が悪いのでしょうかね。

煙が出ているときに入店しようと思って来たお客さんもいるわけで、すんでのところで助かった人は命を大事にしてください。

運とか占いとかに魅かれる気持ちも判らないではない年の瀬です。


posted by 原田知篤 at 11:00 | Comment(0) | ニュース

神社も大変なんだな

日本に神社の数がどれだけあるのかは実際判っていないらしい。

神社本庁が束ねる神社数は7万9000社だそうで、本庁の下に入っていない神社の数は不明で全体の数は10万社とも15万社ともいわれているそうです。

道を歩けば神社に当たるくらいそこら中に神社はありますが、小さな神社も多く40年までに神社の4割が消滅するという予測もあるそうです。

神社は何で食べているんだろうと思っていたらお賽銭も重要な収入源だそうで、他には祈祷料なんだそう。

祈祷なんて七五三とかお正月位で、小さな神社は収入なんて無いでしょう。

有名神社は面白いようにお金が入る反面、小さな神社はどうにもならない状態のようです。

年収300万円以下が6割越えという調査があり、これでは神社の建物を維持することも不可能です。

お寺と違ってお葬式もないしなあ。

人事を争う兄弟同士の事件が起きたばかりの富岡八幡宮なんて有名な神社の代表ですが、神に仕える身でもお金が好きだろうし生活もしなきゃならないし、考えさせられる話です。

お金がありすぎると大体ろくなことはないのであって、貧乏も辛いし、ちょうどよい状態って何なんでしょうかね。

ちょうど良いって気持ちになったら本物の神になれるほどの人格を持ったという事かもしれません。

大体、欲ってきりがないんですよね。


posted by 原田知篤 at 10:44 | Comment(0) | ニュース

2017年12月18日

タクシーの車載カメラは超優秀

北海道のタクシーで78歳の男が乱暴を働き逮捕されました。

一部始終を車載カメラで撮影されており、各テレビでたっぷりと放映されています。

先日の札幌でのタクシー乱暴事件は加害者が弁護士だったこともあり、色々面白おかしく報道されました。

報道されていない本名や事務所名などもネットでは拡散されているのでしばらくは商売は出来ないでしょうね。

それに比べると今回はタクシーただ乗りの常習犯のようで、今回はあまりに酷かったので逮捕に至ったという事のようです。

通常は被害者も聴取に時間がかかるので仕事に影響が出るため、泣き寝入りしていたようです。

78歳でそんなに元気なら何かやりようがあると思うのですが、男性の平均寿命80歳を思えばあと2年か。

でも画面で見る限り、運転手の首を絞めるくらい元気なのでまだまだ生きそうです。

人間って不公平なんですね。

あんな良い人が何故の反面、憎まれ子世にはばかる。

でも憎まれっ子と犯罪者は違うな。

全然違う。


posted by 原田知篤 at 10:24 | Comment(0) | ニュース

女子大生が自転車死亡事故を起こした事について

女子大生が電動自転車に乗って動き出したところで、歩道を歩いていた77歳の女性に衝突し女性は頭を打って死亡事故となりました。

女子大生は左手にスマホを見ながら右手にはコップを持ち耳にはイヤホンで音楽を聴いていたそうです。

ここで疑問なのは両手が塞がっているということは、ブレーキをかける指は空いておらず、事故が電動自転車が動き出す瞬間に起こっていることから電動自転車ならではの事故と思うのです。

電動でなければ踏み出しには力が必要で必ずハンドルを持っていなければ走りだしません。

ところが電動の場合はべダルに足を少しかけただけで、思いのほかの速度で走り出します。

電動は怖いですよ。

フラフラの老人がすごいスピードで向かってきます。

今回の事故は100%自転車側に責任があるので賠償額はとんでもない額になるでしょうね。

自分は保険に入っているので、もし何かの時にも保証してもらえる筈ですが、自転車保険は強制じゃないし、一般的でもないしね。

自転車も車という認識でないと、これからは老人が増えるし、気を付けないと大変なことになります。

大体、耳と両手を縛られて運転なんて自分には物理的に出来ないですが。


posted by 原田知篤 at 10:00 | Comment(0) | ニュース