2018年04月10日

多摩川は浜大根の花が咲き乱れていた

浜大根は海岸に良く咲いているけれど、満潮時には多摩川も海水が上がってくるので、海辺の植物も咲いています。

P1330602.jpg
奇麗な花だなと思ってみたら浜大根でした。

P1330599.jpg
紫色が奇麗です。

大根と名は付いているけれど、食べられるほどの大根は付かないようです。

今は一番いい季節ですね。

ヒノキの花粉は記録的な飛びようらしいですが、それを除けば一番いい季節です。

一番良い季節が、辛い季節という症状は他人ごととはいえ、厳しいですねえ。


posted by 原田知篤 at 14:57 | Comment(0) | 日記

ティッシュ配りのティッシュもらえず

駅でティッシュを配っていました。

もらえるかと思って近くを通ったのに、くれる気配なし。

何故かと思ったら、資格の大原のティッシュで学生や若い人だけに配っているらしい。

爺さんじゃ資格取ろうと思うわけないし。

不動産屋もチラシくれなかったりするんですよね。

住宅ローン組める年じゃないもんね。

だんだん、だれも何もくれなくなるな。

タダでしょと言って箱から一掴み持って行くおばさんを見た事あるけど、あれ人間じゃないな。

大谷選手が大活躍でアメリカで宇宙人じゃないかと言われているらしいけど、 別の意味で宇宙人かもね。


posted by 原田知篤 at 14:50 | Comment(0) | 日記

2018年04月09日

アセスルファムKなるもの

近所のスーパーで当日は甘みを感じるのに、翌日になると甘さが無くなるパンを売っています。

何故か翌日になると甘くないので不思議に思っていましたが、パンの表面に塗ってある甘みはアセスルファムKという甘味料なんだそうだ。

砂糖の200倍の甘さで値段も安いらしく、ジュースやお菓子などにも盛んに使われているらしいです。

カロリーも砂糖と違ってゼロに近く、ダイエットにも良いという事らしいです。

ただし、この手のものは色々問題やら噂があって、体に悪いという話が色々出てきています。

お菓子が大好きな私も、甘いからと言って喜んでいると砂糖で無い場合も多いようで、これからは成分表をよく見なければ。

砂糖を取りすぎるのもカロリー的にも虫歯的にも良くないんですが、虫歯が一般的に減っているのと関係あるのかもしれません。

甘さなんてものは舌が感じれば甘いわけで、そのうちとんでもなく甘い物質が出てくるかもしれません。

砂糖の1万倍位の甘さを感じる甘味料も出てくる可能性もあって、そうなると1万分の1の量があれば、甘党も十分なわけで、体にはいいかも知れません。

缶ジュースなどもとんでもない安さで売っていたりするけど、そんなからくりもあるんでしょうね。

砂糖を使っていたら絶対あの値段にはならないわけだから。


posted by 原田知篤 at 23:36 | Comment(0) | 日記

2018年04月08日

加藤登紀子さんのコンサートの告知が出ていた

朝刊を見ていると、加藤登紀子さんのコンサートの告知があった。

渋谷のオーチャードホールでやるという。

加藤登紀子さんて何才だったかなと調べると74歳。

元気ですね。

気分だけで入り込むような歌手なので、踊るわけでもなく大声を張り上げるわけでもなく、年をとっても出来るのでしょうかね。

元気な老人は増えましたが、歌を歌うとか走るとかは全く別物。

ちゃんと出来る人はすごいです。

加山雄三さんも船は燃えたけれど歌は元気です。

北島三郎さんも歌は元気だけれど、ご子息のご不幸がありました。

元気で長く生きていると楽しい事もあるけれど悲しい事もあるんですね。

それでも長くいきたいと思うのは人間なら当然です。

元気で長生きできれば、それ以上の幸福はありません。

そして悲しい事が無ければ一番良いんですけどね。

考えてみると私は戦後生まれの団塊の世代で、大地震には何度か遭いましたが戦争には出遭っていないんです。

このまま何もなく過ごせたら本当にありがたいのです。

震災の時に何日が停電になって大騒ぎになりました。

電気が通って蛇口から水が出る。

これがどんなにありがたい事か思い知りました。

戦争になったらトイレットペーパーが無くなるなんてものじゃない不便が来るんです。

命の危険なんてとんでもない。


posted by 原田知篤 at 11:53 | Comment(0) | ニュース

2018年04月07日

外国人の好きな日本の料理のベストをやっている

日本を訪れている外国人の好きな日本料理のベストをやっています。

順位よりも、出てくる料理がどれも美味しそうで、夜食を食べない私はちょっと辛いですね。

特に、トンカツは美味しそうだったなあ。

3600円のトンカツなんて食べたこと無いな。

うどんも美味しそうです。

結局好きなものがやっぱり美味しそうなんです。

3位は何とカレーライス。

あのトロッとしたカレーは他ではないらしいです。

今日は昼食も夕食もカレーライスだったので、食べたくはないですが美味しそうです。

2位が寿司で、1位がラーメン。

このあたりは定番です。

しかし、あっという間に外国人観光客が増えました。

本当にあっという間です。

あっという間に増えたものは、油断をするとあっという間に居なくなりますので、慢心せずおもてなしをし続けなければいけません。

日本の観光地も絶好調で調子に乗ると、あっという間に他にお客さんは移ってしまうんです。

食い物の番組を見ていたけど終わっってチャンネルを回したら、ユーミンが嵐と番組をやっていました。

すぐに終わってしまって、食い物を見ている場合じゃなかったです。

残念。


posted by 原田知篤 at 22:31 | Comment(0) | テレビ

2018年04月05日

京都の舞鶴場所の土俵上で舞鶴市長がくも膜下出血で倒れる

京都の舞鶴で行われていた巡業で、挨拶に立った舞鶴市長が土俵上で突然倒れ、何もできない周りの人達の中で看護師の女性が人工呼吸をほどこしました。

その際に、女性は土俵から下りるようにアナウンスした事が問題になっています。

ともかくこの事でわかるように、緊急時にどうすべきかが訓練できていないというか、何事も上にお伺いを立てないと何もできない組織なんでしょう。

勝手に何かをしてしまうと、上からげんこつでも飛んでくるのではという恐れを誰もが持っている組織なんでしょう。

最近は特にマスコミ等でたたかれているので、余計に敏感になっていると思われます。

簡単な事でも勝手に自由に出来ないというのは、ストレスですよね。

組織に属していると仕方ないのかな。

今回の件では、周りから「女が土俵に上がって良いのか」というような声が聞こえて、アナウンスをしていた行司さんが過剰に反応してしまったという事情もあるようです。

少しでも世間の常識の中で生きていれば、ありえない反応をしてしまったのでしょうが、何の世界でもその世界だけの非常識が常識になっているという事はありがちなので、なるべく色々な世界の人と付き合う事も必要なのでしょう。


posted by 原田知篤 at 18:12 | Comment(0) | ニュース

2018年04月04日

4月4日は何の日

4月4日は4が並ぶ日なので、記念日は何だろうと考えてみました。

特に何の日という様なニュースも無いようだし、調べてみると。

しあわせ写真の日、四輪駆動の日、養子の日、フォーの日、女子ロックの日、KOBE JAZZ DAY 4/4、男前豆腐の日、猪肉の日、歯周病予防デー、コメッ子記念日・米粉の日、みたらしだんごの日、シシリアンライスの日、脂肪0%ヨーグルトの日、どらやきの日、ピアノ調律の日、あんぱんの日

結局メジャーな記念日はありませんでした。

シシトウガラシの日とか獅子の日(ライオンの日)とか何かありそうですが無いんです。

誰もが知っているような記念日になるのは大変なんでしょう。

「獅子舞の日」位の方が浸透しそうですけどね。


posted by 原田知篤 at 22:51 | Comment(0) | 日記

2018年04月03日

本日、チリトマトヌードルなるものを食べる

自動販売機でヌードルを買おうと思ったら、普通の物もシーフードも売り切れです。

そして、残っているのはチリトマトヌードルとカレーヌードルのみ。

両方とも思っただけで不味そうです。

どうせなら全部カップヌードルとシーフードで誰も困らないと思います。

P1330563.jpg
チリトマトなんて美味いわけがない。

でも買うしかありません。

カレーヌードルは絶対嫌なので、チリトマトヌードルを買いました。

そして、食べました。

想像通りです。

不味いです。

日清の失敗作ですね。

すぐに終わると思います。

シーフードが傑作過ぎるんです。

あれを超えるヌードルを作ってみたまえ。


posted by 原田知篤 at 20:04 | Comment(0) | 食べ物

まだまだ桜の花が残っていそう

上の方は葉桜になりかけですが、幹に直に付いた花はまだつぼみです。

P1330538.jpg
これは咲いて散るまでまだ1週間は大丈夫そうです。

桜の木は上の方が太陽が当たるので花が早い?

本当かな。

幹に直の場合は幹の陰にもなるので、花が遅れる?

まあ、どうでもいい話です。

桜が完全に葉桜になるのは意外と時間がかかるという事なんでしょう。


posted by 原田知篤 at 19:51 | Comment(0) | 日記

2018年04月02日

瀬戸内寂聴さんって95歳なんです

日本テレビの深イイ話で瀬戸内寂聴さんをやっていました。

95歳なのに頭が冴えています。

言葉がいちいち身に沁みます。

一言一言が人生に裏打ちされていて、あんなに言葉が入ってくるかな。

政治家の言葉とか「また適当なこと言って」と思われて誰も信じてないもんね。

小泉進次郎さんとかは話が入ってきやすいのはやっぱり、オーラなのかな。

瀬戸内さんには30歳だかの秘書の方が付いていて、最近テレビなどの出る機会が多くなったようです。

最近小説を出されたとかで、思わぬ売れ行きで話題なのだそうです。

それで、彼女への嫉妬からの悪口が耳に入る事も多くなり、そのことへの寂聴さんからの一言。

悪口を言われているのは、幸せと思われているから嫉妬されているので、今が幸福と思わなくてはなりません。

人生でチャンスはそんなにやってこないので、チャンスを逃さないようにしなければならないという話もグッときました。

チャンスと気づかないこともあるし、分かっているけど踏み出せないことも多いし、チャンスと思って食いついて失敗するのが怖いというのもあるのかも知れません。

どちらにしても自信があればやれるんだけれど、自信が無いと難しいんですよね。

だから、日ごろから何が起こっても良いように鍛錬をしておかなければならないんです。

というような事は年を取ってから分かった話で、若いうちは何にも判ってなかったなあ。


posted by 原田知篤 at 22:34 | Comment(0) | テレビ