2018年04月14日

松任谷由実さんとJUJUさんがミュージックフェアでデュエットをしていた

ミュージックフェアは音楽番組が減ってしまった現在、Mステとともに長く続いている貴重な番組です。

先週と今週はユーミンの特集で、今までのビデオやらを流したりしています。

今週はユーミンとJUJUさんのデュエットがありましたが、2人とも足が奇麗なんですよ。

奇麗な脚は好きですねえ。

ユーミンも何十年もトップと走り続けて、出した曲全部ヒットですからね。

枚数だけ売れたんじゃなくて、全部メロディーを覚えているんです。

すべての曲が浸透しているんです。

何だがユーミンとサザンだけは心の一番奥に来るんです。

感覚的なものではなくて、直接しみ込むんです。

僕だけじゃなくて、同じ感情の人が多いから、ずっと支持されているわけです。

大体、歌手って一発屋か二発屋です。

沢山ヒット曲を出していても、大御所でも代表曲は数曲が普通です。

でもこの2人は代表曲がどれがかよくわからない。

20曲以上ありそうだし。

本当に一度くらい民衆の心をあんなに操ってみたいよ。


posted by 原田知篤 at 22:48 | Comment(0) | テレビ

国産ワインと日本ワインの違い

今朝、国産ワインと日本ワインの違いをテレビで言っていた。

殆ど興味もない話だったけれど、国産は日本で作られたワインなのでブドウも日本産だと思っていました。

ところが、国産ワインとは優乳されたブドウや濃縮果汁を使って日本国内で作られたワインの事で、作ったのは日本でも原材料は外国産というわけです。

日本ワインは完全に日本産のブドウを使って日本で作られたもので、むしろ日本産のワインというのはあまり見かけません。

この日本ワインが最近人気だという話です。

ブドウは木の高さが低いのでサクランボとかに比べると収穫は楽そうですが、そうでもないのかな。

ブドウジュースは美味しいです。

ワインになると何で甘みが無くなるのでしょうか。

甘くない品種のブドウを使っている?


posted by 原田知篤 at 08:33 | Comment(0) | テレビ

2018年04月13日

タレントの藤田ニコルさんはハーフだった

「ダウンタウンなう」を見ていたらタレントの藤田ニコルさんが出ていた。

藤田ニコルさんは魅力的な人ではあるけれど、ハーフとは知らなかった。

ハーフっぽくないんです。

受け答えを見ていれば相当に頭の回転が速いのがわかるし、おバカキャラで売っているけれど、知識があるかないかだけで、反応の良さにはいつも感心します。

お父さんがロシアとポーランドのハーフだそうで、全然純日本人だと思っていました。

お母さんも電話で登場していたけれど、面白いのはお母さん譲りですね。

タレントさんは沢山いるので、その中から出てくる人は、やっぱりそれなりに魅力もオーラもあるんです。

何にも理由があると思いますが、理由も何もない不思議な事もあるんです。

今年のアサリの不漁も何か原因があるんでしょうか。


posted by 原田知篤 at 23:16 | Comment(0) | テレビ

2018年04月12日

大相撲の静岡巡業で女の子は土俵に上がるのを遠慮してくれと通達

土俵の上には女性を上がらせないという日本相撲協会の言い訳がだんだん苦しくなってきた。

静岡巡業では昨年までは女の子も土俵に上がっていたが、今年は遠慮してくれと通達があったそうだ。

何故、女性が上がったらダメなのかを結局誰も説明出来ず、伝統だからという一言で押し通そうという気らしい。

相撲の神様が女性だから、女性が土俵に上がると嫉妬するという話もあるけれど、妙齢の女性ならともかく、小学生の女の子に嫉妬するかね?

先の宝塚場所で女性市長を土俵に上がらせず、土俵の下に台を置いてあいさつさせたのも、結構なお年の市長に女神様も嫉妬するかね?

毎月の生理の血が不浄とかで土俵は駄目という話もあるけど、生理の来ていない小学生や、上がってしまった女性なら良いのかね。

だったら、小学生も市長も上がれるのでは。

もう、無理でしょ。

頑張ったって、痛いだけだし、口が立つような人いないみたいだし、「それが伝統だ」一本でこれからも行くのでしょうかね。

レスリングといい格闘技をやると頭を打つのかな、ちょっと回転に難が出るような気が・・・


posted by 原田知篤 at 21:07 | Comment(0) | ニュース

2018年04月11日

レタスがものすごく高かったけれど、逆に一挙に出て来たらしい

年末年始はレタスがバカ高くて往生しましたが、ここにきて一挙に収穫されてみたいです。

何しろ、一個77円で売ってましたから。

一時期500円に達したレタスですが、急に暖かくなって収穫が重なったんでしょうね。

出るときには一度に出るのが野菜の辛いところ。

安定的に出してほしいけれど、そうは行かないんでしょう。

一挙に出てきました。

一個77円なので10個くらい買っても良いんだけれど、そんなに食べられないし。

レタスとかキャベツは冷凍が難しいのかな。

値段が動くのはキャベツ、レタス、白菜、大根と決まってますからね。

トマトも値動きが激しい。

カボチャとかは保存しておけるんでしょう。

あとは輸入も簡単に出来るし。

葉っぱのものは難しいです。

レタスもキャベツも無いと私的には辛い食べ物です。


posted by 原田知篤 at 21:25 | Comment(0) | 食べ物

2018年04月10日

世界最高齢の男性は北海道の野中正造さん

北海道在住の野中正造さんが世界最高齢の男性としてギネス認定されました。

112歳だそうです。

うーん、世界一で112歳か。

100歳以上は日本だけでも6万人だかいるのに、男性世界一は112歳か。

100歳は沢山いても101歳はぐっと減るのかもしれません。

102歳はまたグッと減って、112歳は男性で一人だけ。

女性の最高齢は118歳だかです。

誰もが元気で長生きをしたい。

誰もが思います。

長生きなんて遺伝もあるのでしょうねえ。

でも112歳だと、56歳が人生の折り返し地点だったんですよね。

すごいなあ。

うらやましいです。


posted by 原田知篤 at 21:08 | Comment(0) | ニュース

夢見ヶ崎動物公園に寄ってみました

夢見ヶ崎動物公園のそばを通ったので寄ってみました。

P1330627.jpg
レッサーパンダが3匹いて1匹だけは室内で寝ていて、他の2匹は屋外で体を掻いていました。

ノミでもいるのか痒いようです。

あと変わったところとしてはバイソンが居た場所がラマになっていました。

公園ですので無料だし、癒される場所ではありますが、残念なのは猛獣が居ない所でしょうか。

草食動物ばかりだと、やはり動物園としてのパワーが弱いんですよね。

自由に出入りできる公園なので、たぶん危険な動物は飼えないんでしょうね。

管理が結構甘いので、猛獣が居たら何をされるかわからないですから。

周りは普通の商業地だしね。


posted by 原田知篤 at 15:26 | Comment(0) | 日記

多摩川は浜大根の花が咲き乱れていた

浜大根は海岸に良く咲いているけれど、満潮時には多摩川も海水が上がってくるので、海辺の植物も咲いています。

P1330602.jpg
奇麗な花だなと思ってみたら浜大根でした。

P1330599.jpg
紫色が奇麗です。

大根と名は付いているけれど、食べられるほどの大根は付かないようです。

今は一番いい季節ですね。

ヒノキの花粉は記録的な飛びようらしいですが、それを除けば一番いい季節です。

一番良い季節が、辛い季節という症状は他人ごととはいえ、厳しいですねえ。


posted by 原田知篤 at 14:57 | Comment(0) | 日記

ティッシュ配りのティッシュもらえず

駅でティッシュを配っていました。

もらえるかと思って近くを通ったのに、くれる気配なし。

何故かと思ったら、資格の大原のティッシュで学生や若い人だけに配っているらしい。

爺さんじゃ資格取ろうと思うわけないし。

不動産屋もチラシくれなかったりするんですよね。

住宅ローン組める年じゃないもんね。

だんだん、だれも何もくれなくなるな。

タダでしょと言って箱から一掴み持って行くおばさんを見た事あるけど、あれ人間じゃないな。

大谷選手が大活躍でアメリカで宇宙人じゃないかと言われているらしいけど、 別の意味で宇宙人かもね。


posted by 原田知篤 at 14:50 | Comment(0) | 日記

2018年04月09日

アセスルファムKなるもの

近所のスーパーで当日は甘みを感じるのに、翌日になると甘さが無くなるパンを売っています。

何故か翌日になると甘くないので不思議に思っていましたが、パンの表面に塗ってある甘みはアセスルファムKという甘味料なんだそうだ。

砂糖の200倍の甘さで値段も安いらしく、ジュースやお菓子などにも盛んに使われているらしいです。

カロリーも砂糖と違ってゼロに近く、ダイエットにも良いという事らしいです。

ただし、この手のものは色々問題やら噂があって、体に悪いという話が色々出てきています。

お菓子が大好きな私も、甘いからと言って喜んでいると砂糖で無い場合も多いようで、これからは成分表をよく見なければ。

砂糖を取りすぎるのもカロリー的にも虫歯的にも良くないんですが、虫歯が一般的に減っているのと関係あるのかもしれません。

甘さなんてものは舌が感じれば甘いわけで、そのうちとんでもなく甘い物質が出てくるかもしれません。

砂糖の1万倍位の甘さを感じる甘味料も出てくる可能性もあって、そうなると1万分の1の量があれば、甘党も十分なわけで、体にはいいかも知れません。

缶ジュースなどもとんでもない安さで売っていたりするけど、そんなからくりもあるんでしょうね。

砂糖を使っていたら絶対あの値段にはならないわけだから。


posted by 原田知篤 at 23:36 | Comment(0) | 日記