2018年03月17日

テングザルは鼻が大きいほど強いオスなんだそうだ

テングザルは鼻が大きく垂れたサルで、子供の時はピノキオみたいに前に飛び出していますが、大人のオスになると大きな花が垂れたようになり、漫画釣りバカ日誌のスーさんみたいな鼻になります。

この鼻の大きさが大きいほど、強いオスと考えられており、花の大きさで優劣を決めて無用な争いを避けてきたらしいとの事です。

テングザルは強いオスに複数のメスが寄り添うハーレムを作り、複数のハーレムが、またグループを作って社会を形作っているそうです。

うらやましいのかよく分かりませんが、オスはあぶれないんでしょうかね。

人間だと経済力の方が腕っぷしより優先しそうですが、男前の方が持てることは間違いありません。

相手が強いと判っていたら戦いは仕掛けませんから、やはり相手に強いと思わせるか、本当に強くなるかでしょう。

安倍ちゃんも強いという話だったけど、ここにきて強くないかもと周囲が思い始めている気がします。

となるとガチ喧嘩が起きるのでしょうか。

強そうだという事で、周りが忖度したのでしょうから、強くないとなりゃ皆やり始めるよね。

やり始めて、やっぱり本当に強かったら大変なことになるよ。

やってみなけりゃわからないというのは、野球やサッカーだけじゃなかった。

今、国会でやりあっているのは茶番っぽいけど、政治家の本当の喧嘩はすごいんだろうな。

永田町って人間界で一番サル山っぽい場所だもんね。


posted by 原田知篤 at 21:58 | Comment(0) | ニュース

2018年03月16日

(株)つり人社より「潮干狩りの極意2018」が出ました

(株)つり人社より潮干狩りの指南書「潮干狩りの極意2018」が出ました。

P1330468.jpg
巻頭のグラビア記事は昨年の海の公園でのワークショップの様子です。

7年前の震災の年に出た本のリメイク記事もあるので、私が沢山出ています。

潮干狩り界全体が盛り上がると良いんですが。

今日は海に行こうと思っていたのですが、天気が悪い上に風も強くて、無理でした。

用意はしていたのですがね。

天候ではアサリは逃げませんが雨と風はきついです。

小雨だけなら全然良いんですが、風は困るよなあ。

波が立つし、潮が引かないので潮干狩りにならないんです。


posted by 原田知篤 at 19:18 | Comment(0) | 潮干狩り

2018年03月15日

最近のテレビは鮮明で人柄がそのまま出るので怖い

パワハラ問題で世間を騒がせている女子レスリングの栄監督のいる志学館大学の学長の谷岡さんが記者会見をしました。

レスリング協会の副会長も務めているそうで、レスリング協会丸ごとパワハラを知っていたという話もあるので、当事者の一人とも言えます。

テレビを見た正直な印象は複雑です。

いかにも上昇志向の強い教育者といった印象で、先生方にはたくさんいたタイプですが70近くなると、この手の人は一番苦手なタイプです。

高校生とか大学生を相手にするような話し方は、青少年にはそれなりに響くんでしょうが、世間一般に共感を得れるかなあ。

議員を一期だけやったらしいのですが、議員をやったにしては不用意な会見の気がします。

これから何が出てくるか判らないのに、レスリング協会副会長の立場でパワハラ全否定の会見です。

まあ、会長は逃げちゃっているみたいなので副会長がイヤイヤやらされた可能性もあります。

安倍首相だって、森友問題が、こんな事になるとは夢にも思わなかったはずなんですが、今は隠そうと思ってもポロポロ何処からか新事実が出て来るので、隠すのが難しくなりました。

やはり地位にある人は我々の100倍くらい注意深く生きないと、どこで足をすくわれるか分かりません。

週刊誌も危ないし、近い人間も信用できないし、偉い人たちは大変だ。


posted by 原田知篤 at 16:19 | Comment(0) | ニュース

2018年03月14日

武蔵小杉は何処へ行く

武蔵小杉は住みたい街の常連ですが、実際に住みたいかはともかく、あっという間にお洒落な街に変貌しました。

musashikosugi.jpg
高層ビルがどんどん建って左手の2棟も建設中です。

そんなに高いものばかり立てて、住みたいかなあ。

何かあった時にはエレベーターが止まったり上下水道が止まったりしたらどうするんだろう。

火事も嫌だし、やっぱり飛び降りて逃げられる場所の方が安心して寝れるなあ。

しかし、溝ノ口もそうですが、戦後のドヤ街みたいな町だったのに、あっという間でした。

あの時代を逆行するような汚い狭い町、好きだったけどなあ。

思い出の中にあるだけで、実際に残っていたら、そんな気持ちにはならないとは思います。

高層ビルも相続税の節税対策として買う人が多いらしいけど、あっと今に古くなって土地が狭い分、資産価値そのものが下がるし、メンテナンスも大変だし、管理費も高いし。

節税にはならないと思うけど。

銀行と不動産屋の口車に乗せられているだけなんじゃないだろうか。

富士山は見えるだろうけどね。


posted by 原田知篤 at 15:32 | Comment(0) | 日記

成人が20歳から18歳に下がる事が閣議決定されました

成人20歳は妥当かという問題は以前から指摘されて来ました。

18歳が成人の国も多いらしく、選挙権は18歳になったので、それとの兼ね合いもあるんでしょう。

犯罪の事だけを考えれば、重大犯罪が報道されるたびに16歳成人でも良いのではと思ってしまいます。

確かに、精神的に不安定な時期だけに犯罪に引き込まれやすいとか、騙されやすいとか言う事はあるでしょう。

友人関係が綿密な時期だけに、仲間同士で影響を受けやすい時期でもあります。

でも、実際問題18歳は子供ではないです。

自分の事を思っても、18歳なんて色々な事を考えていました。

将来は16歳成人でも良いんではないでしょうか。

成人を早くして、定年を遅くしないと日本国が持たなくなってきたという事でしょう。

70過ぎの老人に比べれば、16歳の方がはるかにしっかりしています。

まてよ。18歳から国民年金払わせようという魂胆かな。

だとすると、大学進学の時期だし、親の負担がますます重くなって大変なことになるぞ。


posted by 原田知篤 at 10:54 | Comment(0) | ニュース

小池都知事が天敵の森オリンピック組織委員会会長にバレンタインのチョコを送っていた

小池都知事が森組織委員会会長にバレンタインのチョコを送っていたことが問題になっているらしい。

何が問題かなと思ったら、公職選挙法に引っかかるらしいです。

それで、都議会自民党が鬼の首を取ったように問題にしているらしのですが、もういい加減にしないと全部ブーメランで、やがては自分に向かってくる話ですよね。

何だかどうでもよい細かい話ばかりで、平和と言えば平和なんですが、自分たちでわざわざ世の中を住みにくくしてどうするんだろうと思うんですね。

こういうのを見て自分たちもと思うクレーマーも居るんではないでしょうか。

何でもかんでも突っ込めば良いというものではありません。

何かがおかしいこの頃です。

アメリカの大統領も何だか変だし。

でも、あまりに変人なので、北の将軍の方が対処に困ってビビっているのなら、それはそれで存在価値はあるのかなという気もします。

何をするかわからないという恐怖の将軍を演じようとしていたら、もっと怖い人が出てきたので、目論見が狂ったとも言えますが、想定不能同士のやりとりには、周りの国はとんだ迷惑です。


posted by 原田知篤 at 08:27 | Comment(0) | ニュース

2018年03月13日

森友文書がやっぱり書き換えられていた

朝日新聞が報じた森友文書が書き換えられていたという疑惑に、結局書き換えられていたという事実を財務省が認めました。

書き換えというか、14か所を削除という事ですね。

公文書の書き換えは表向きは重大犯罪ですが、チョコチョコはどこでもやっているはずなんですね。

もちろん証拠はありませんが、書き換えを行わないと整合性の問題で突っ込まれる事が無いように、奇麗に書類を整理するという事でしょう。

今は、突っ込みが仕事みたいな人達が沢山いますから、仕方ないでしょうね。

野党だけじゃなくて、暇な突っ込み専門民間クレーマーみたいな人も多いわけで、そういう時代です。

誰でも簡単に発信できるようになったことも、内部告発を容易にしているし、身内にも気を配らなければならないという時代です。

新聞とテレビを押さえておけば、何も表に出ないという時代ではないんです。

何処から何が出るかわからないという恐ろしい時代です。

結局、最後にはばれそうだから、財務省も内閣も書き換えを認めることになったんでしょう。

書類の書き換えなんて、家庭でも家計簿で花見の旅費を食費に書き換え位の事は誰でもやっています。

やらないと、計算が合わないことは沢山あります。

野党の顔を見ていると、自分たちは清廉潔白で1円単位で後ろめたい事は何もない生活をしていますという顔にはとても見えないんですね。

嘘も方便というのが昔からの日本の文化でしょうか。

つかれた方も嘘と分かっていて、上手く処理するという水戸黄門の世界です。

黄門さま直々に、「今は忍びの旅、見なかったことにしておきましょう」。

時代劇が無くなるわけだ。


posted by 原田知篤 at 09:13 | Comment(0) | ニュース

2018年03月12日

今日は網戸を直しました

ずっと気になっていた網戸の破れ。

開けることのない窓なのでそのままにしていたのですが、やはり敗れたままでは見た目も悪いし、たぶん風水的にも良くないはず。

ただ今は3月。

網戸を売っているだろうか。

コーナンという巨大ホームセンターに電話してみると、やはりまだ置いていないとの事。

それが普通です。3月だもんね。

そこで川崎のUnidyに電話してみると、なんと売っているとの事。

で、買いに行ってきました。

品ぞろえも各種揃っていて、時期的に売れるのかな。

という心配をしても仕方ありません。

売っていて良かった。

買いに行った時間がかかって4か所のうち1か所しか網戸を直せませんでした。

後3か所は明日直そう。

網戸を直すと運勢が良くなって何か良い事があるかも知れません。


posted by 原田知篤 at 21:31 | Comment(0) | 日記

2018年03月11日

ネコの便秘を解消しました

ネコが何度もトイレに行くのですが、中々ウンチが出ません。

口からも吐いたりしているので、これは完全に糞詰まりです。

トイレの最中に見てみると、ウンチの一部が見えるのですが、出てきません。

硬いのか固まって大きな塊になっているのかです。

P1330458.jpg
ネコも年を取ってきたのでいきむ力も弱くなったのでしょう。

そこで、トイレットペーパーで回りの肉というか皮というかごと掴んで、マヨネーズの最後を絞り出す要領で引っ張ったら簡単にウンチが出てきました。

塊が出れば、続きも1個でしたが簡単に自分で出しました。

というわけで猫ちゃんも気分が良くなって、いつもの元気な猫に戻りました。

糞詰まりは猫にはきついです。

こんなに簡単に引っ張れるのなら、次回からは糞詰まりの時には苦労する前にやってやろうと思います。

猫医学的に良いのか悪いのかは分かりませんが、出ないで苦しんでいるのは見ていて可愛そうなので、ウンチが出れば元気になるのは分かっていたし、良かった良かったという事で。


posted by 原田知篤 at 09:42 | Comment(0) | ネコ

2018年03月10日

「のどじまんザワールド」をやっています

各国の日本の歌の上手い人を集めて放送している「のどじまんザワールド」をやっています。

今回は過去の優勝者大会で、ウーン、さすがにとんでもなく皆さん上手いです。

今のところキルギスの代表が500点満点を出しているので、後が点数が出にくいですね。

すごく上手い人たちは居るんですが、498とか497とか。

500が出てしまうと後が難しい。

それにしても、キルギスの女性が歌っている後ろで、おじさんが吹いていたオカリナみたいな楽器。

とんでもない良い音でした。

懐かしいような、誰もが一度に心を持って行かれてしまいました。

あの笛で500点が出たんではないでしょうかね。

歌は497点くらいの感じでした。

こういうのを聞くと、東京オリンピック開会式でAKBとかやっちゃいけないんでしょうか。

日本的で良いと思うけど、世界ではわかってもらえないかもね。


posted by 原田知篤 at 20:45 | Comment(0) | テレビ