2017年07月13日

雲昌寺のアジサイがすごいらしい

秋田県男鹿半島の雲昌寺のアジサイの事が夕刊に載っていた。

カラー写真もあって青一色のアジサイの株数は1200本。

47才の副住職が15年かけて一人で増やしたものだという。

と言う事は32歳から始めたわけですね。

雲昌寺 アジサイと検索すると2万5000件も出てくるので、今では相当な有名な場所らしい。

寺の土壌も関係があるのでしょうが、全部真っ青のアジサイで、どの写真を見ても統一感は圧倒的。

見ごろは6月下旬から7月中旬だそうで、そろそろ終わりに近い。

関東はとっくに終わっているので、梅雨の終わりの方を狙って行けば良いわけですね。

場所は八郎潟の西で男鹿半島の先の方。

自転車でも行けそうだな。

八郎潟って今のご時世なら埋め立ては無かったろうに、やってしまったんですよね。

世界遺産にも登録間違いなしの汽水湖だったのに、あの当時は農地にってやってしまったんですよね。

アラル海へ注ぐ淡水の綿花への利用で湖消滅の危機にも並ぶ、やってしまって解った人類の大失敗の気がしますが、やってしまえば後の祭り。

もう一度、広大な干潟には戻せません。

膨大な金額の割に、結果シジミが獲れる位ですからね。

この結果、秋田県は最大の観光地を失ってしまったわけです。

今は秋田って言われると、思い浮かぶのは秋田美人とナマハゲ位かな。

美女と野獣か。

どちらも生き物で自然は思い浮かびませんねえ。


posted by 原田知篤 at 22:36 | Comment(0) | ニュース

どこもかしこも松居一代ばかり

松居一代さんの暴露というか告白というか、Youtubeでの投稿を朝からどの局もやっている。

豊田暴言代議士は、こんな人も居るんだと、興味津々で見ていたけれど、松居一代さんは何だか見ていられない。

痛さの方向が違うというか、実の息子さんも離れてしまって一人っきりになってしまったようだし、色々な方面から心理分析も行われているけれど、結局誰かに相手をして欲しいという、子供みたいな精神状態のこじらせたやつなのではとの意見が多数。

狂人を演じている風もあるし、ここまで自分を捨ててもご主人を一緒に地獄に引きずり下ろしたいという事なのだっら、同情を禁じ得ない。

守りたいものが無くなると、捨て身といって人間は一番怖い。

何かがあるから人間は我慢もして生きているわけで、何だか怖いな。

こんな人に今迄会った事が無いから、現実味は無いけれど、豊田議員といいすごい女性が居るものだと日本中に知らしめました。

一息ついたのは豊田議員なんでしょうね。

松居事件が一段落するまで、豊田議員の話はちょっと置いておいてなんでしょう。

また出てくるだろうけど、次回は少し下火になるだろうから、やっぱり一番得をしたのは豊田議員でしょうね。


posted by 原田知篤 at 08:29 | Comment(0) | ニュース

2017年07月12日

豊洲に出店予定の施設運営会社が撤退を考えているらしい

豊洲と築地の話も完全に豊洲に移転する事にはならなかった事で、進出を考えていた業者が撤退を視野に検討を始めているらしい。

そりゃそうだ。

地理的な条件が違い過ぎます。

築地は何と言っても銀座から歩けるほどの場所で一等地。

場所的な優越はどうしようもない事で、大学も一旦郊外の広い場所に移っても、また都心に戻ってくる。

羽田が狭くて成田を造っても、結局羽田なんですよね。

フジテレビもお台場に移ってから、だんだん調子が狂ってきたと思うのは私だけ?

埋立地のテレビ局のイメージから脱出するのは結構大変かも。

お台場をブランド化出来ると思っていたのでしょうけど、やっぱり副都心には今のところなっていない。

人口は減り続けるので、もう難しい気がします。

山手線内のイメージは強力なんです。

豊洲は最初「すしざんまい」が進出する予定だったんです。

今頃、胸をなでおろしているかも。


posted by 原田知篤 at 10:31 | Comment(0) | ニュース

2017年07月10日

故人の残した荷物で遺族は四苦八苦

朝刊に「人生の整理身軽に快適に」 という記事が載った。

そうなんです。

持ち物は減らしておかないと、残されたものが大変なんです。

大事にしていても結局はゴミとして捨てられるんです。

一瞬「使えるかな」 と思ってもらっても結局使えるものなんてありません。

宝飾品とかはわずかな金額で売れるかも知れませんが、服とかはまず捨てられますね。

ただ、勝手に捨てると思い入れのある遺族が残っていたりするので、そんな時は全部持って行ってもらえば良いんです。

死んだらお金以外は全部捨てられる覚悟で無いと死ねません。

ですから、生きているうちになるべく物を減らしておくのと、余計なものは増やさないのが老後の生き方になりますね。

ペットとかも残されると本当にこまります。

犬はお尻のしつけが難しいので、出来ていない子は引き取っても大変です。

ネコはその点簡単ですね。誰にでも公平な態度なので新しいご主人様にも同じ感じで引き継げます。

それでも、寂しいからと言ってやたらと後先を考えずにペットを飼うのはいけません。

残されたペットも大変だし、引き取らざるをえなくなった遺族も迷惑です。

ともかく物を増やさない。

これがこれからの生き方です。

でも、少しづつ増えてる気もする。


posted by 原田知篤 at 11:35 | Comment(0) | ニュース

2017年07月08日

ブラタモリの弘前は素晴らしかった

ブラタモリは大体は面白いが、やはりそうでない時もある。

題材にもよるし、案内人のキャラクターも大きい。

今晩のブラタモリは弘前。

弘前の事は良く知らなかったけれど、今日のブラタモリで色々な事が解りました。

弘前城のあまりに小さな天守閣から始まって、禅宗のお寺ばかりが並んでいる禅林街。

明治維新で武士の失業対策から始まったリンゴ栽培。

刀鍛冶が作り出した剪定鋏など、知らない事ばかりで楽しかったですね。

今日は案内人も良い人が揃っていました。

変にしゃべり過ぎも良く無いし、あまり案内口調でも反感が湧くし、ころあい加減が難しいのです。

今日は3人出てきましたかね。

1人はあまり活躍しなかったけれど、後の2人は人柄が自然で良かったです。

良い人選でしたね。

タモリさんとのやり取りに自然に身を任せられる人って中々居ません。

まあ、番組的にはデコボコあるのは仕方ありません。

今日は、すごく面白かったし勉強になりました。


posted by 原田知篤 at 20:26 | Comment(0) | ニュース

2017年07月07日

秘書が50人止めた議員が20人は居る

ワイドショーを見ていたら、政治評論家が豊田議員ほどでは無いが、秘書が50人程度止めて行った議員なら20人は知っている、と発言した。

多分、豊田銀が存在が許されていたことを考えると、本当の事なんでしょう。

完全な内弟子制度みたいなもので、我慢できなければ将来立候補することも許されないという事なのか。

辛い思いをした秘書が議員になった時に同じことを自分の秘書に対してするのだろうか。

体育会系の上下関係の最悪のケースの循環みたいなものなのでしょうか。

女性のコメンテーターも、「うちは厳しいぞ、我慢できるかな」 などと厳しい事を自慢する議員もいるという。

厳しい教えと、うっぷん晴らしのイジメとはまったく別物で、選挙の時には土下座せんばかりにお願いし、当選した途端ふんぞり返りの繰り返しで、2重の人格が身に付いて仕舞ったのかも知れない。

でも、豊田議員のボイスレコーダーの威力が証明されたので、これからは狂暴議員も狂暴上司もうかうかしては居られません。

ヒアリどころではないボイスレコーダーの一刺しで巨像も倒せる事が解ってしまった。

やはり動かぬ証拠というのは強いです。

映像と違って音声だけなら簡単に収録できるし、どの機種を使ったのか知りたいくらい、録音が鮮明ですよね。

家のボイスレコーダーはあんなにクリアに音が入るかなあ。

ボイスレコーダーも進化しているんでしょうね。

あの秘書の方も身を捨てて訴えたわけで、彼もこれからの就職には苦労するだろうし、覚悟の相打ちだったんでしょう。

まあ、やる方にもやられる方にもなりたくない事件でした。


posted by 原田知篤 at 09:08 | Comment(0) | ニュース

2017年07月05日

今日も暑かったけど、世界はそんなものじゃ無かった

今日は昨日と同様、非常に暑かったのですが、湿気はあったものの31度ほど。

すごく暑いんですけど、世界はそんなものじゃ無かった。

今年は熱波が地球を襲っているらしいのですが、6月29日に何とイランで53,7度を記録したそうです。

これは観測史上最高温度に並ぶ数字でとてつもない暑さ。

お風呂だって43度だと結構暑いですよね。

湿度が無いイランでの数字で日本の湿度で50度もあったら、もう生きて行けません。

もちろんイランでも人体に危険なレべルの気温で、どうしたらいいのでしょうか。

エアコンも普通のエアコンでは外気との熱交換が出来ないほどの気温です。

カリフォルニアでも50度を超えたらしく、欧州、中東、米国など強烈な熱波は4月から衰えず、5月6月も記録的な暑さになったという。

日本の梅雨も変だし、異常気象なんでしょう。

人間も贅沢だから、結構快適な気温の幅は狭くて、18度から25度位でしょうか。

でも、ずっとこんな気温だったら、世界中バカになるでしょうね。

暑かったり寒かったりするから人間は色々考えるわけで、ずっと同じ気温じゃだめですね。


posted by 原田知篤 at 21:41 | Comment(0) | ニュース

希少種とされて絶滅を心配されていたオオタカが希少種を外れる

オオタカは数が減って絶滅を心配される希少種とされてきた。

このたび、保護によって数が増え希少種から解除されることになった。

オオタカが結構目撃されるケースが増えて、鷹匠の人からもオオタカは良く見るよという話は10年ほど前にすでに聞いていた。

そして希少種の解除となった次第。

ただし希少種から解除されても、勝手に捕まえて飼ったり販売したり出来るわけでは無く、保護していかなければならないのは一緒でしょう。

オオタカがある程度増えれば、カラスとかカワウとかが異様に繁殖することも無くなるのではないでしょうか。

上野動物園の不忍池の島に怪我で飛べなくなったオオタカを2羽飼育していて、近くには寄れないのですが、ケージの無い島の木の上で、ずっと巣に立っているオオタカは印象的でした。

今も元気でいるのでしょうかね。

しばらく上野動物園には行っていないなあ。

年間50回位行っていた年もあったんだけどね。


posted by 原田知篤 at 21:02 | Comment(0) | ニュース

2033年には2150万戸の空き家が出るという予測

朝刊を見て考えさせられた。

総務省の試算によると2033年には全国の空き家が2150戸に及ぶという。

人口が減り続けるので、計算ではそうなるのでしょうが、東京にも空き家が出始めれば近隣からの流入もあるだろうし、特にオフィスは東京が適度な価格まで下がれば、東京に行くでしょうね。

でも需要と供給の関係なので、東京以外がとんでもなく家賃が安ければ、そちらはそちらで人気が出るかも知れません。

ボロ家でも建っているほうが良いのか、更地が良いのかは微妙ですが、更地にすると固定資産税が6倍に上がるという軽減処置が空き家が増え続ける原因なのは間違いありません。

ただ、家主もだんだん年をとるし、あっという間に解体する気力も金力も無くなってしまう年代に突入する危険だってあります。

こんなに空き家があるんじゃ、誰かが黙って住み着いても分からないケースもありそう。

実は家の隣の家が以前空き家になっていて、アカの他人が黙って入り込みボヤを出して騒動になった事があるのです。

当然家は壊されて今はオフィスになっていますが、空き家は大問題なんです。

私の所は商業地なので住宅も壊されて利用できましたが、駅から遠い住宅地ではどうにもなりません。

私の田舎も空き家になっているけど、田舎過ぎて誰も住まないし、スズメバチが巣を作って我が物顔に住んでいるという話を聞きました。

スズメバチのアライグマもコウモリもとりあえず火事は出さないと思うので人間よりは良いかな。


posted by 原田知篤 at 18:38 | Comment(0) | ニュース

藤沢市の観光客が一昨年より31万人増えたという

朝刊に昨年の藤沢市の観光客が一昨年より31万人増えたという。

何かと観光面では、お隣の鎌倉市に後れをとっている藤沢市。

でも藤沢市には虎の子の江の島があります。

江の島は季節に関係なく観光客が多い場所だし、狭い島内にこれ以上観光客が増えても困るかも知れません。

何だかんだ言っても鎌倉は見どころが多いし、狭いとはいっても町全体が観光地みたいなものだし、やはりお客さんは多いですよね。

おまけに海水浴場まであるしね。

雨が降っても江ノ島水族館という選択肢もあるのが江の島の強みかも。

藤沢市の方は観光という事に限ると、完全に最南部の江の島と片瀬海岸に依存しているので、夏の海水浴場は湘南の中心として人気がありましたが、全体としての海水浴離れからの回復傾向なのでしょうね。

一時期紫外線が皮膚に悪い様な事を言われて、美白傾向に世間が走ってしまった気がしますが、今は骨のために太陽に当たってビタミン何だかを作らないと、老後が大変だという話があって、太陽族が増えた気がします。

冬でも、海岸にはサーファーで一杯です。

でもあれは観光客では無くて地元の人間ですね。

また、昔の片瀬海岸の芋を洗う様と言われた賑わいが戻ると良いのですが。


posted by 原田知篤 at 18:15 | Comment(0) | ニュース