2017年04月05日

路上生活者の高齢化が進み、ついに平均年齢が60才を超える

路上生活者の数は減っているらしいのだが、平均年齢はどんどん高くなって、遂に平均年齢が60才を超えたという。

普通に見かける路上生活者はお年寄りが多いなと思っていたけれど、結構40代、50代もいるという事らしい。

冬も夏も厳しい条件下で生活しているわけで、見た目よりも若いのかも知れない。

栄養状態も良いわけは無いので、余計老けて見えるのだろう。

長生きすることも難しい条件だろうし、気楽な稼業でストレスが無いのかと思ったら、縄張りやらで結構トラブルもあって、ストレスから逃げられるはずが、人間界のしがらみはそのまま引きずってしまうらしい。

冬場など、施設に保護しても禁酒禁煙に耐えられず逃げ出す人も多いという。

いくら自由が良いと言っても、冬の夜中は体に悪い。

やはり部屋の中というのは有難いものです。

特別な人間の様に思えるけれど、同じ人間なんですよね。

独裁者だって特別に見えるけど同じ人間だし、何かと癇に障る隣国の人達も同じ人間なんですよね。

遠くの人も近くの人も、みな同じ。

みんな仲良く出来ないものかな。


posted by 原田知篤 at 11:54 | Comment(0) | ニュース

生涯未婚率という指標がある

生涯未婚率とは50歳までに一度も結婚をしたことが無い人の割合で、厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所の調査によると、2015年段階で男性が23.27%、女性が14.06%だそうだ。

女性の方が割合が少ないのは、男性の方が寿命は短いくせに相手を複数変えている人達が相当数いるからなのでしょう。

結婚しない事も問題だが、結婚しないと子供が出来ない事も大問題になる。

経済的な事情が大きいようだが、誰もが生涯安定した生活が出来るという保証は、何があるか解らない人の世では誰も保証できない。

戦争などの可能性はかつてよりは、はるかに少ないけれど、やはり教育にお金がかかり過ぎるのがネックになりそう。

教育も就職も金次第という事になると、封建時代の様な身分が固定した社会になるし、天才や秀才は貧困層からでも出てくる。

誰かが言っていたけれど、経済力のある男性は奥さん以外にも沢山、女性の面倒を見て出産させる事を容認すれば人口が減らないのではと言っていたけれど、それも一案かも知れません。

ただ、経済力も無いのにそれをやる男は絶対出てくるので、国家試験での認可制にしないとね。

あなたの経済力では5人まではOKとか。

最高のステータスになるな。

この世の中、何があるか解らないからそうなるかもよ。


posted by 原田知篤 at 09:03 | Comment(0) | ニュース

横浜市が戦後初めての人口自然減

人口が増え続けてきた横浜市が、戦後初めて自然減となった。

自然減とは死亡数が出生数を上回る状態で、横浜市でさえそのような状態になっている事は、少子高齢化社会を象徴している。

人口の流入があるので人口そのものは増えてはいるが、2019年からは人口そのものも減っていくだろうと予想されている。

もう人口が増える自治体は数えるほどになるでしょう。

空き家も増えて、家賃も安くなるのでしょうかね。

横浜市でさえ、4人に1人が65才以上の高齢者になるというから、4人に3人が高齢者なんていう地域も出てくるでしょう。

もう高齢者を65で区切るからおかしくなるわけで、無理やりでも75歳以上を高齢者にしないとどうにもならなくなるでしょう。

75才って、そうとうガタが来ているので厳しいけれど、自分の事を思うと無理かな。


posted by 原田知篤 at 08:35 | Comment(0) | ニュース

2017年04月04日

アンドロイドOSが初めて首位に

パソコンやスマホなどを動かす基本ソフトはウィンドウズが圧倒的なシェアを持っていたが、スマホの登場で変革が起こっている。

今年3月のシェアはアンドロイドが37.93%、ウィンドウズが37.91%でわずかだがアンドロイドが上回った。

アップルのiOSは意外と高く13.09%だという。

やはりiPhoneの数が多いせいだろう。

パソコンは減り続けているので、そのうちパソコンもアンドロイドに変わってしまうかもしれない。

検索もYahooが圧倒的で、優位が揺らぐなどまったく思わなかったけれど、あっという間にグーグルが出てきました。

今は、YahooもGoogleの検索エンジンを使っているので、検索結果に大佐はありません。

Windowsも対抗馬はAppleだけだったけれど、今はGoogleが相手なんですね。

巨人も毎試合ゴールデンで中継やっていたけれど、今は年に数回やるだけですからね。

時代の変化は怖いし、自分自身も変わっていくんでしょうね。


posted by 原田知篤 at 19:13 | Comment(0) | ニュース

2017年03月27日

機関車が売られていた

静岡県富士見市の岳南鉄道の電気機関車が売られていた。

もちろん動かないが客車では無いので、中は機械だらけ。

買っても置く場所もだし、運搬料金も半端では無い。

価格は要相談とあるが、はたして。

鉄くずにするのにも費用がかかるし、それこそ値段が付けば御の字なのかもしれない。

鉄オタは多いけれど、さすがに大きすぎてどうなんだろう。

新幹線の座席とかなら1万5千円位で売っていたから、買っても良いけど、機関車はね。

客席があれば、色々利用法はあるけど、全部機械だそうだから、重そうですね。

でも世の中、価値観色々だから引き取り手が現れる事を期待しましょう。

同時に北海道新幹線の開業一年目の乗車客数が発表された。

開業一年間の乗車客数は229万人で一日平均6300人だそう。

平均乗車率は32%だそうで、2年目からは下がる一方だろうから将来は厳しそうですね。

北海道や九州は東京からだと飛行機の方が便利な気がしますが。


posted by 原田知篤 at 15:53 | Comment(0) | ニュース

中国からの留学生が急増中

東大、京大、早稲田、慶応といった難関大学への中国人の留学生が急増しているという。

中国の大学事情を言っていたが、人口が多すぎて人柄第一などと言って悠長に選んでいる余裕はなく、出身大学で就職も一生も決まってしまう事情があるらしい。

特に地方の受験生はハンディがあって極端に人数を絞られ、北京大学や清華大学に入るのは非常に難しいそうだ。

東京大学も何だかんだ言っても毎年3,000人以上が入学するわけで、北京大学も定員はほぼ同じである事を考えると、人口が10倍いて、地方出身者にはハンディまで付けば、東大の理三に入るどころでは無い難易度なのが判る。

そこで、地方出身者の優秀な人達が日本の難関大学を目指すことになったのだという。

東大の先生がインタビューに答えていたが、北京の出身者で北京大学に受かったものよりも、地方出身者で北京大学を落ちたものの方が優秀な事が多いので、来てくれるのは大歓迎なんだそうだ。

考えてみると、漢字はすでに書けるわけで、ひらがなとカタカナだけを習得すれば日本語に対応できるわけだから、欧米人が一から漢字を覚えるのとは明らかにスタートが違う。

英語も小さいころから習っているのが普通だそうなので、日本の学生への刺激になってくれる可能性もある。

他の国は漢字を皆捨て去ったのに、日本だけは漢字を大事に使い続けて、逆にすごい民族だなと思います。

領土問題やら政治ではギクシャクしても中華料理は美味しく食べる。

日本人は大人だなあ。


posted by 原田知篤 at 08:26 | Comment(0) | ニュース

2017年03月26日

新聞の広告は面白い

新聞の広告を見ていると面白いものが多い。

アイザックバレンチノのという時計メーカーの広告では、メーカー希望小売価格13万8,000円を何と92%オフの特別価格10,000円でご提供とある。

中古でもない新品で破天荒な値引きだけれど、引っかかる人は何人いるのかな。

希望小売価格そのものが勝手に付けているだけとしか思えない。

洋服の半額セールみたいなものでしょうかね。

大体バレンチノと言われると例の高級ブランドを思い浮かべてしまうけれど、こちらはアイザックバレンチノ。

クウォーツは日本製だが製造は中国。

中古市場の買取価格を調べてみたら平均2,000円行かないくらいの代物らしい。

まさか10万円以上出して希望小売価格で買った人もいないと思うけれど、1万円だったらという人もいるんでしょうかね。

今は腕時計を持たない人が増えているからねえ。


posted by 原田知篤 at 17:02 | Comment(0) | ニュース

2017年03月25日

東京都練馬区の城北中央公園で50羽のカラスの死骸

城北中央公園で50羽のカラスの死骸が発見された。

20m程の中に集中していたというから、毒の付いたエサを食べさせられたのだろう。

エサの類は無かったらしいので、何処からか運ばれてきて公園に捨てられたのかも知れない。

カラスも頭は良いが、毒殺には無防備で食べてしまうのでしょう。

あの鼻が人間の一万倍とか言われている犬だって毒が入っていてもエサを食べますからね。

食意地が張っているときは鼻も利かないのでしょう。

カラスにエサをやる人もいれば毒を盛る人もいる。

立場と利害によって人間も勝手なんですよ。

カラスも白鳥の様に白ければ、世間の見る目も変わって少しは扱いが違ったかもしれません。

仕方ないとはいえ、子猫を突いたり、人の頭を引っかいたり、ゴミ袋を荒らしたりして、白くてもダメかな。

そういえば、上野動物園にアルビノの白いカラスが2,3羽いましたね。

ただ、真っ白では無いんです。

何だか汚れて汚かったなあ。

白鳥は水の中にいるから奇麗なんでしょう。


posted by 原田知篤 at 16:09 | Comment(0) | ニュース

2017年03月24日

お遍路で訴訟が起きていた

四国88か所のお遍路の寺院で作る「四国八十八ケ所霊場会」からの脱退と規約をめぐって62番札所宝寿寺が起こされていた訴訟で、脱退が認められ「四国八十八ケ所霊場会」側の主張が退けられた。

「四国八十八ケ所霊場会」の運営規約には午前7時〜午後5時までの納経所の受付時間が記されているが、宝寿寺は朝は8時から開始で、お昼に一時間の休憩時間も設けていた。

お寺側の事情は色々あるだろうし、大規模なお寺であれば交代でこの規約を守る事は難しくは無いだろうが、住職と奥様だけの小さなお寺もある筈で、お札書きだけで一日が忙殺されるようなお寺もある筈。

年中無休というのもお遍路さんにはありがたいだろうが、寺側には普通に無理なのではないか。

御朱印の料金も各寺で自由に設定するのもありかも知れない。

告知したうえで休日も設けるべきだろうし、年中無休で7時から5時というのは、ほとんど封建時代の丁稚奉公です。

だんだん、こんなブラック寺を継ごうという若者も少なくなるかもしれないし、断固変えていくべきだと思います。

これが突破口になって続くお寺が出そうです。

88か所のお寺に変わりはないようなので、御朱印がもらえるまで半日くらい待っても良いような、のんきな旅で良いのでは。

急ぐ人は大きなお寺だけ12か所位のスピードツアーで十分と思います。


posted by 原田知篤 at 20:32 | Comment(0) | ニュース

2017年03月23日

歩いていて交通事故が一番多いのは小学一年生

どの年代が、歩いていて工数事故に遭う確率が高いかというと、ダントツで小学一年生が交通事故に遭っていた。

幼稚園の時代は、バスで送迎しているけれど、小学校になると始めて歩いて毎日学校に通う。

やはり注意力もまだ育っていない時期なので、思わぬ飛び出しとかで事故に遭うのだろう。

放課後、少し遠くの友達の家に行く事も増え行動範囲が一気に広がるのが原因らしい。

可愛い盛りなので痛ましいけれど、だんだん注意するようになって、交通事故に遭う確率も減っていく。

やはり、小さい子供を見たら車の方が注意するしかないでしょうね。

思わぬ動きをするのも子供だし、ふざけていて急にわき目もふらず飛び出すのも子供。

やはり、親が気を付けるように口を酸っぱくして言うのも大事でしょう。

軽症くらいなら良いけれど、体が小さいだけに大事に至る事も考えられるので、考え始めたら心配で待ってられませんね。

犯罪に遭う確率は他の国よりは少なそうだけれど、交通事故だけは気を付けなければ。


posted by 原田知篤 at 20:20 | Comment(0) | ニュース