2017年06月09日

完全自動運転は2025年をめど

ホンダが完全な自動運転の技術を2025年には確率したいという方針という。

完全な自動運転とはハンドルもアクセルやブレーキも運転者はまったく操作をしないで、目的地に行ける技術で、これが確立されれば、高齢者の交通事故も無くなるだろうし、高齢になっても負担なく買い物や通院などに自動車を使えるようになるだろう。

2020年にはまず高速道路での自動運転の実現を目指しているそうで、高速道路のような単純な道路では割と実現はそこまで来ているという事らしい。

一般の道路では障害物も多いし、商店の立て看板が日によって出ていたり、自転車が置いてあったり、山道ならば樹木が道路に伸びたり、色々難しい問題はありそうだが、2025年をめどに技術を確立したいという。

人工知能は発展する一方だし、人間は老化する一方なので、運転などの技術は結構人工知能に置き換えられていくのでしょう。

結局、タクシーだけでは無く、長距離のドライバーなども人間でなくなる可能性は高く、眠ったり休んだりしなくても働き続ける訳ですから人間は分が悪い。

何でも人工知能に置き換わる可能性はありますね。

一番人工知能に置き換わる可能性が無いと言われていた、音楽や美術や文学などの分野が一番最初に置き換わる可能性がありそうというのですから、分からないものです。


posted by 原田知篤 at 14:24 | Comment(0) | ニュース

2017年06月08日

77万年前から12万6千年までの時代がチバニアン(千葉時代)と命名されるかも

中期更新世には未だに地質時代を代表する地質の場所が決まっておらず名前も付いていなかった。

今回、千葉県の市原市の地層が有力な候補とされ、決定すればこの時代はラテン語の千葉時代を意味するチバニアンとなる運びだという。

そのチバニアンが目ざとい個人によって今年の3月に商標登録されていたというのだ。

商標登録は個人で数万個の申請をしている有名人もいるし、金儲けのためなのではと思えるのだが、今の規則では可能らしい。

申請が1秒でも早ければ、早い者勝ちで登録されるという。

これは申請時に数万円でも取るようにすれば、解決するのではと思うのですがねえ。

通らなければ返せば良いわけだから。

何か金になりそうな商標を徹底的に取っておいて、困った相手と交渉するという手口はどうにも、卑怯に思える。

何か立ちそうな土地を先に買い占めて駄々をこねる手口も似ているな。

ただ、チバニアンに決まったわけでは無く、イタリアのイオニア海にちなんだイオニアンも強敵らしく、むしろそちらが本命らしい。

チバニアンじゃなくてチバタリアンてどこかで聞いたような。

オバタリアンなら知っているけど、チバタリアンねえ?


posted by 原田知篤 at 12:45 | Comment(0) | ニュース

ブルゾンちえみとwithBが遂にネタの使用曲、オースティン・マホーンの「ダーティ・ワーク」とコラボ

ブルゾンちえみが35億ネタで使用している、アメリカ人歌手のオースティン・マホーンが歌う「ダーティ・ワーク」を合いの手を入れたコラボ版がダウンロードでリリースされる。

遂にお笑いもここまで来たか、という感じです。

あっと言う間でしたね。

乗れるときはともかく乗って勢いで行けば、こんな事も起こるのですね。

チャンスには後ろ髪は無いと言いましたっけ、来た時には迷わず掴まないといけません。

瞬時にやばい話か良い話かを見分ける感覚も必要だろうし、それを決定できるマネージャーの手腕も必要なんでしょう。

焦ると、詐欺にひっかったりするんですが、勢いがある時には意外と詐欺師は来ないんです。

ちょっと勢いが落ちてきて、弱気になりかかりの時に来るんですよ。

宗教の勧誘と同じで、勧誘の鉄則みたいです。

ただ、勢いのある時には落とし穴もあるし、落とそうとする人も居るので、それは気を付けなければね。

落とし穴は大体男性問題なんだけど、バイトでネパール人3人と同時に付き合っていたというのがネタなので、大丈夫かな。

あとは慢心しないで、このまま行ってくれれば、しばらくは勢いは続くのではないでしょうか。

面白いし、withBも適度に良い男だしね。


posted by 原田知篤 at 08:09 | Comment(0) | ニュース

2017年06月07日

今、渋谷でラブドールの展覧会が開催されている

今週末まで渋谷でラブドールの展覧会が開催されている。

我々が若い頃はダッチワイフと呼ばれていて、南極2号など南極観測探検隊が持って行って越冬しているなどと、嘘か本当か分からないタイトルで宣伝したりしていたけれど、当時の物は体は空気で膨らませるもので、押し入れの奥に仕舞っておけるという、親に見つからない様にという配慮もあったものでした。

最近は非常に進化して、本物に近いというのが売りらしい。

まあ、本物の代わりに使うものなので、あまりアートスティックなものは具合が悪く、人間に似ていれば似ているほど、需要はある筈。

朝日新聞に大きく載っていたので、行ってみようと思ったが家内が気持ち悪いという。

行ってみたいと言ったら、軽蔑の目で見られたので、奥さんに嫌われてまで見るものでは無いので新聞だけにしよう。

入場料1000円はまあ良いけれど、やはりゴタゴタしてまで見るものではありません。

本体を手に入れる場合はオーダーメイドで20万円〜80万円だという。

値段からすると、余程の事情か興味がある場合以外は買わないかな。

一度買えば、維持費も要らないし、文句も言わないけれど、話し相手にはならないな。

やはり、いくら似ていても代用品は代用品。

本物とは違うということなんだろう。


posted by 原田知篤 at 14:18 | Comment(0) | ニュース

2017年06月05日

AI(人工知能)で採用選考を行う企業が増えているという

企業の採用担当が面接で決めていた採用をAIを使って行い、一度も会わずに採用する事例もあるそうだ。

人間の場合は好き嫌いもあるし、第一印象もあるし、AIの方が公平な場面もありそうだが、こりゃAI用の就職対策で儲ける事を考えそうな塾が出そうですね。

最後だけは、面接でと考える会社も多いそうでうが、そりゃそうでしょ。

一社に極端な数の希望者が殺到する場合には、大学で足きりするよりはAIで選考した方が、良い人を拾い上げる事は出来るかも知れませんが、逆に人間だったら取っていた人を落とすかもしれません。

コミュニケーションに難があるのに、パソコン上ではやたら饒舌なんて人を取る可能性なんて無いのかな。

まあ、方向がそういう事になれば、対策する人は出てくるので、のろのろしている要領の悪い人は結局、弾かれる事になるかも知れません。

時代は動いて行くので、ともかく乗り遅れないようにしないと、置いておかれます。

ともかく情報社会なんです。

余計なニュースはどんどん捨てて行かないとアンテナが足りません。


posted by 原田知篤 at 09:39 | Comment(0) | ニュース

E-girlsが11人体制になるという

19人体制で活動してきたE-girlsが11人になるという。

リーダーで最年長のAyaさんは引退して裏方に徹することになるらしい。

うーん、もったいないけど30だったかな。仕方ないのかな。

歌も上手いし、E-girslの中ではトークも行ける方だったので残念ですね。

UTAGEでサッシーと絡んでたので思い入れもあるんでしょうが、画面から居なくなるのは寂しいです。

E-girslといえば金髪というくらい存在感のあった、Amiさんもソロになるそうです。

19人という人数で踊って歌うのは、迫力はありましたけどね、今度は11人かあ。

歌が鷲尾伶菜さんはじめ3名でパフォーマーが8人です。

鷲尾ちゃん大好きだから、良いんですけど、トークやばいんで大丈夫かなあ。

男性も年を取るとパフォーマーは厳しいけれど、女性は特に年齢が厳しいですねえ。

若い人達がどんどん出てくるし、何の世界でも厳しいんでしょうねえ。

全員が郷ひろみ状態でいるわけにも行かないし。


posted by 原田知篤 at 08:18 | Comment(0) | ニュース

2017年06月03日

作家の杉本苑子さんが91才で亡くなった

滝沢馬琴などの著作で知られる作家の杉本苑子さんが91才で亡くなった。

新聞によって使われている写真が違っていて、朝日新聞の写真は髪形が女優の藤田弓子さんに似ていて、一瞬藤田さんが亡くなったのかと思ってしまった。

91歳というと大往生にも思えるけれど、今や女性の平均寿命は86才で、何年後かには90才を超えると思われます。

だから91歳という年齢は、珍しくも無い年齢になるでしょう。

100歳も珍しくない昨今、年齢にはどんどん長く生きれる様にはなりますが、やはり元気かどうかが一番問題ですね。

小説が売れなくなっているとはいえ、著作が沢山ある杉本さんの著作権は、生前から他のすべての財産と共に熱海市に寄贈する事が契約によって決まっていて、遺族での争い等は無いようです。

漫画だけでなく、小説でも印税で富を築いた時代は過ぎ去ってしまったのでしょう。

大作家の家に生まれて、著作権を相続したら一生遊んで暮らせる事もあったらしいですからね。

作家の死後50年だったものが、70年になるんでしたっけ。

70年だと孫の代まで行きますね。

もっとも70年の時間を色あせる事無く需要があればですが。


posted by 原田知篤 at 13:50 | Comment(0) | ニュース

2017年06月02日

小田急片瀬江ノ島駅の駅舎が立て替えになるらしい

長らく龍宮城のスタイルで人々に親しまれてきた小田急片瀬江ノ島駅だが、東京オリンピックに向けて駅舎が建て替えられることになった。

江の島内にある江島神社への石段の入り口も龍宮城スタイルなので、そことセットになっていたのだが、やはり龍宮城のイメージは残す方向らしい。

まあ、改札までの待合場所のスペースがあまりに小さかったので、立て直すのは仕方ないけれど、あまりに長く親しまれた龍宮城の思い出は深い。

何と1929年(昭和2年)の建築なんだそうだ。

古いとは思っていたけれど、何ともう少し頑張れば100周年を迎えそうな話だった。

100年を迎えてしまうと、逆に建て替えが出来なくなってしまうので、その点もオリンピックをダシにして建て替えの話になったのかも知れません。

そして東京オリンピックの2020年の3月には完成して、ピカピカの駅舎でオリンピックを迎えると言う事らしいです。

まあ、木造だし小田急も100年使うつもりも無く建てたんでしょうから、仕方ないでしょう。

大戦の際も戦火を逃れたんですね。


posted by 原田知篤 at 14:40 | Comment(0) | ニュース

2017年06月01日

愛知県にジブリパークが出来るという

愛知県の愛・地球博記念公園内にジブリパークを作る計画が実現に向かっている。

愛知県とスタジオジブリが協力して作るらしい。

これは成功するだろうし、私も行ってみたい。

映画の中の世界が実現するのは、今の時代ジブリ映画の中に自分の姿が入れる体験は誰もがしたいと思うだろうし、SNSでの発信にも適している。

SNSで発信したら、また次の人達が世界中から訪れるだろうし、賑わうでしょうね。

有名どころというと名古屋城位しか思い浮かばない愛知に名所が出来て、名古屋にとっても素晴らしいと思います。

ディズニーの白雪姫は未だに名作として残っているけれど、ジブリの作品群が何年後まで愛され続けるかは不明です。

トトロとかラピュタのような名作が今後も生まれるのかどうかも分かりません。

宮崎駿さんも引退を撤回して、また復帰するみたいですが永遠では無いしね。

ディズニーみたいに後継者が育っていくのが理想なんでしょうけど。

宮崎さんの個人商店的なイメージがあるんですが、現在の状況はどうなっているんでしょう。

でもどの世界も明日が分からない位、時間の流れが速くて付いて行くのは大変です。


posted by 原田知篤 at 20:16 | Comment(0) | ニュース

ハガキの料金が52円から62円に値上げされる

ハガキの料金が本日6月1日から10円値上げされる。

ハガキは子供の頃は5円で封書が10円だったが、上がったといっても52円が62円。

全国に配達してくれることを思えが安いものだと思う。

ただ、メールが画像でも音声でも添付して無料で世界中に遅れる時代なので、ハガキは本当に特別な存在になるでしょうね。

私も、封書はともかくハガキを出したのは何時だったかな。

おそらく発表されている数よりは、かなり実数は少ないのではないでしょうか。

他にも、ビールや発泡酒、バターなども値上がりするらしい。

電気やガスも上がるらしい。

私はもうリタイアした人間なので、あまり影響はないけれど、子供を育てている世代は、他にお金が沢山要るのに大変でしょうね。

勤労世帯の年収がずっと減り続けていたので、大変だと思っていましたが、モノの値段が上がると言う事は収入も上がらないといけないわけで、そうもいかない人も多いでしょう。

生きていくと言う事は大変だ。


posted by 原田知篤 at 18:16 | Comment(0) | ニュース