2017年09月21日

安室奈美恵さんが1年後の引退を突然宣言

歌手の安室奈美恵さんが1年後の9月に引退することを宣言しました。

明日辞めるとは言えないのが芸能界で、まだまだ仕事の予定が入っているでしょうから、勤め人とは違います。

勤め人なら仕事の継続さえ出来れば明日辞めても誰も困らない。

芸能人は出家するから辞めると急に言われても困るし、影響を受ける人が沢山出るわけですね。

安室奈美恵さんは結婚、出産、離婚と経験しましたが、容姿はまったく変わらず、我々としては驚嘆するしか無かったのです。

40歳になろうとしている今でも、20歳の時と体型も美貌も変化が無く、とてつもないプロ意識で自身を管理していると思われます。

食べたいときに食べたいものをたらふく食べる生活も魅力的ですが、それではスターになれません。

安室さんのお母さんがポッチャリ体型でしたので、彼女も太らない体質とは思えないんですよね。

我々には思いもよらないプロ意識であの体系を維持しているとしか思えないのです。

他の歌姫達は国の内外を問わず、体型は年齢とともに変化しています。

本当にすごいエンターティナーですが、来年は引退するんですよね。

この1年は日本中が安室さんを追いかける1年になるんでしょう。

まゆゆの引退がまた霞んでしまった。


posted by 原田知篤 at 16:16 | Comment(0) | ニュース

2017年09月19日

超パワハラの豊田議員が3ヶ月ぶりに登場し謝罪会見

「このハゲー」の絶叫罵倒音声で病院に入院していたらしい、豊田議員が謝罪会見を開きました。

動かぬ証拠というか、罵倒したり人を歌でバカにしたりした音声が存在する上に、何かのたびに流れるわけですから、もう色々謝っても難しいのですはないでしょうか。

考えにくい事ですが、今後善行を重ねて聖人のような生活を送っても、あの音声が流れたとたん周囲の人は我に返るでしょうね。

我々の考えではもう静かに消えるしかないと思うのですが、まだ政治に未練があるようです。

本人はまだまだやれると思っているようですね。

コアな支持者はテレビのインタビューで応援を続けると言っていましたが、あまりのいじらしさに笑えます。

無理だよ。

小さい頃から勉強が出来て東大に行くとあんな人も居るんですかね。

性根なのか教育なのか分からないけれど、我々でも陥らないとは限らない罠です。

あまりに物事が思い通りになると、万能感が出て思うようにいかない時に暴れるというのは子供ですよね。

42歳か。

良く分からないな。

本当に心が入れ替わるのなら、頑張って欲しいです。

正直42才じゃもう遅いでしょうね。


posted by 原田知篤 at 16:19 | Comment(0) | ニュース

2017年09月16日

東京オリンピックのボランティア制服が発表された

超絶不評だった舛添知事時代のオリンピックのボランティア制服が新たなデザインで発表された。

前回のあまりの酷さに、何に変えてもベターだろうとは思っていたけれど、今回の制服はまずまずの出来だと思う。

いや、万人を納得は無理なので充分なレベルの出来だと思います。

特に小池都知事が着ると、やはりモデルが大事ですね。

良く似合います。

それにしても前回のものは良くあれを選んだものだと呆れます。

あんなものを選んだ審査員のメンツが知りたいですよ。

舛添知事の一存で審査員はOKを出さざるをえなかったとかな。

ともかく日本中があきれ果てた制服でしたので変わって何よりです。

でも小池都知事が着ると何でも一流に見えるなあ。

誰でもああいう風に見えるかというとそうは行かないのが辛いところです。

脚も奇麗だしねえ。


posted by 原田知篤 at 15:49 | Comment(0) | ニュース

2017年09月15日

今日は老人の日だそうだ

敬老の日に隠れて地味だけれど、本日9月15日は老人の日なんだそうだ。

老人の日や敬老の日の前はテレビでも元気な老人を沢山放映している。

その元気さも、普通では考えられない、100歳で60メートルの日本記録とか、80歳で起業とか、最高齢は116歳の女性なのですが、ちょっと比較になりませんね。

追いつこうとも思えぬ超人ばかり。

まあテレビでやる位ですから普通じゃ無いのは判っているけれど、素直にすごいです。

100歳以上の人数が今年は6万7千だかになるそうで、今年中といってもあと3ヶ月ですが6,000人程が新たに100歳の仲間入りをするそうです。

とすると、100歳の壁も中々大変ですが、その後は101歳、102歳ととてつもないハードルがあるのでしょう。

そして116歳で1人になるという事。

116歳のおばあちゃん、寝たきりじゃなくて、車いすでご飯食べさせてもらっていました。

人生の最後をどう送るかというのは大問題です。

コロリも悪くないけど、長生きも悪くない。

ずっと元気でいたいな。


posted by 原田知篤 at 21:30 | Comment(0) | ニュース

2017年09月14日

10月1日からヤマトの営業所受け取りだと、運賃が54円安くなるという

宅配便の再配達が増えドライバーの負担が増えている事から、ヤマトの営業所で受け取るサービスだと54円送料が安くなるという。

個人向けだけらしいけれど、昼間働いている人達には有難いサービスではないでしょうか。

法人向けにやったら大変なことになるのでしょうが、個人だけなら数量も少ないし、どの程度ドライバーが楽になりますかね。

家なんて4階でエレベーターが無いので、重い荷物は本当に申し訳ないんです。

ハガキや封書だって都内も島しょ部も同じ値段って不思議な話ですが、荷物を何時でも受け取ってくれる商店街と留守が多い高層住宅が同じというのもおかしいです。

だんだん若い人達も減って来るし、今受けているサービスも将来同じように受け続けられると思ったら、失望するかもしれません。

出来るだけ自分の足で何でも出来るようにしておかないと、将来困りそうです。

頭と足のどちらが先にへたばるかという大問題に直面です。


posted by 原田知篤 at 09:52 | Comment(0) | ニュース

八景島シーパラダイスで深海生物90匹が全滅したという

八景島シーパラダイスで飼育展示していた深海生物90匹が全滅しました。

深海生物は外部の研究室が閉鎖するために研究飼育していた深海生90匹をシーパラが譲りうけ引き受けていたもの。

深海生物は水温を1度から3度に保つ必要があり、水温を維持する装置が故障したため全滅したのだという。

シーパラダイスは研究施設では無いし、商業的には余計なものを引き受けてしまったものです。

深海生物は気圧も違うし、生きたまま飼育するのは非常に難しいといいます。

しかも水温を1〜3度に保つとは、とんでもないハードルです。

民間の水族館がやる事では無いですね。

シーパラダイスも男気で飼育を引き受けたんだと思いますが、嫌な事は嫌と言わないと後あと面倒です。

出来ない事は出来ないと言える人間になりたいけど、これまでのいきさつがあると中々嫌といえないんですよね。

小泉元首相は変わり者と言われていたけど、あのしがらみを捨て去ってバッサリやる所は、あんな風に自分もやれればと日本中が夢中になったんです。

普通の人はとても出来ないんですよ。

みんな守るものがあるから、押したり引っ込めたりの人生です。

偉人達の話は面白く書いてあるけど、実際はそうは行かないんです。


posted by 原田知篤 at 08:51 | Comment(0) | ニュース

2017年09月13日

ペットと一緒に入れるお墓が増えているという

ペットも室内飼育が増えて、家族と同じような感覚で飼育している人も多い昨今、死後も一緒にいたいと思う人達も増えているという。

ペットも一緒に入れるお墓も以前から若干はあったらしいのですが、最近は問い合わせが多く一緒に入れるお墓も増えているらしい。

もともと仏教では犬猫は畜生とされ、一緒の場所に埋葬などとんでもないという考えが強かったのですが、やはり時代でしょうね、需要が増えているようです。

ある程度までこのようなお墓が増えると一気に増えていくような気がします。

我が家のお墓も、以前に墓地の一部をペット専用のゾーンにしてお墓参りを出来るようにしたいという案があったのですが、畜生と人間を一緒にするなというヒステリックな反対派の声で立ち消えになりました。

墓地を開発して売り出す時点からペットの事は明記しておかないと、後からだと反対派は絶対いますから実現は難しいでしょうね。

ペット飼育可能のマンションだって後からだと反対派の意見は強いですからね。

ペット賛成派はお願いする立場なので、左程でもないのですが、反対派はヒステリックも良い所で声の大きな人が2,3人いるとまず実現しません。

多数決で事が決まるのなら良いのですが、マンション建て替えと同じくらい難しいです。

建て替えよりは簡単かな。

ネコ好きの人はよそのネコも好きだけれど、犬は犬種によっても好き嫌いがあって、動物アレルギーの人もいるし、本当に難しいです。

人間のほうが余程罪深いと思うのですが、なかなか相手の意見を許容できないんですよね。

特に男の年寄りがダメですね。

だから友達が居なくなるんだよ。


posted by 原田知篤 at 15:32 | Comment(0) | ニュース

2017年09月01日

小樽の裕次郎記念館が昨日閉館した

石原裕次郎記念館は小樽での観光スポットだったけれど、昨日9月31日で閉館しました。

26年間も開いていたそうで、むしろその方にビックリします。

いくら裕次郎の記念館といっても一度見たら2度目は殆ど無いだろうし、1度も行かない層が殆どだろうし、開いていれば人員を常に配置しておく必要があるし、よく経営出来たなと驚くばかりです。

美術館とか博物館とかでも大変だろうに、記念館となると入場者収入だけではどうにもならない訳で、赤字を誰が補てんしていたのだろう。

美術館や博物館などは自治体が予算を出しているケースが多く、存在にも意義があるので赤字でもやれるという事はあると思うのだが記念館となると・・・

要するに石原裕次郎を見て育った世代が年をとって小樽にも行かなくなったという事なんでしょう。

結局、役目は終わったという事なのかな。

26年頑張れば十分だった気もします。

裕次郎をみて育った世代って70歳以上ですからね。

もう駄目でしょう。

67才の僕が全然興味ないもの。


posted by 原田知篤 at 13:35 | Comment(0) | ニュース

湘南藤沢の海水浴場は今年は大苦戦

今年の関東の8月は雨が多く海水浴場の苦戦は言われていた。

正確な数字はまだ出ていないようだが、藤沢市にある鵠沼、片瀬東浜、西浜の3つの海水浴場の客数は昨年は241万人だったそうだが、今年は200万人を割るのは間違いなさそうだし、実感としては本当に人が少なかった印象。

実際の数字は半減近いかも知れない。

15年前に冷夏で海水浴客が減った事があったがそれ以来という。

今年は冷夏というよりは雨が問題なので、雨の中で甲羅干しはやらないしね。

あとはやはり10代20代の若者たちの海離れが顕著という。

若い女の子が沢山来れば、おのずと男どもも寄ってくるのだけれど、女の子が美白ブームでむしろ太陽の日差しを毛嫌いしているしね。

紫外線が肌の大敵という、化粧品会社だかドクター達のほとんど洗脳のような意見の繰り返しもあるんでしょう。

バカいっていると年をとって骨粗しょう症になっても知らんぞ。

年をとったら足の骨がしゃんとしていて自分で歩けるかどうかが勝負なのだから、太陽を嫌っていてはいけません。

そのあたりをちゃんと啓蒙しないと、骨ボキボキ人間ばかりになって日本の将来は大変だ。

昔はナンパは海と決まっていて、男も女も浜辺でウロウロしたものですけどね。

新島なんてそれで盛り上がったようなものなんですが、今はナンパだったら渋谷のセンター街の方が女の子いっぱい居るし。

海に行っても家族連れだけで若い子達は本当に少ない。

それだとおじさんもだんだん行かなくなってしまうんですよ。

海の家とか若い子揃えて頑張っているんだけどね。


posted by 原田知篤 at 13:23 | Comment(0) | ニュース

京浜運河でハゼ釣りのニュースが載っていた

今日から9月。

ハゼ釣りのニュースが朝刊に載っていた。

うちの近所でも、面白いように釣れていたハゼも、先日に行った時には全くおらず、深みに落ちていったようだ。

水深がある場所でしかだんだん釣れなくなるけれど、港の護岸は今は釣りが禁止されてしまったので、今のうちなんでしょう。

ハゼは居れば釣れるので、釣れない時は居ない。

いる場所に移動しないと釣れない事になります。

地元の人は何時釣れて何時居なくなるというのはある程度知っているので、人がにぎわっている時は釣れるし、誰も釣っていない時は魚がいない。

エサはイソメ類やアミエビと書いているけれど、アミエビで釣った事は無いですねえ。

アミエビで釣れるのならエサ代は安いし、ハゼは美味しいのでい良い釣りですねえ。

いつもはゴカイかミミズというのが定番でしたが、アミエビねえ。

エサ持ちが悪いけど、次々釣れるのなら問題ないしね。

ハゼはアサリにでも食いつくし、ようするにダボハゼという悪口もある位だから何でも食べるんでしょう。

新聞に出たから明日の日曜、混んでるだろうな。


posted by 原田知篤 at 13:01 | Comment(0) | ニュース