2017年04月19日

尿一滴でガンかどうかが判るようになるという

線虫がガン患者の尿の匂いに寄っていく性質を使って、ガンの判定を簡単に行う診察が実用化されるという。

線虫は体長が1o程で、目が良い人なら肉眼でも見えそう。

線虫は大腸菌などを食べて育つそうで、数を揃えるのは容易なため、日立製作所が作る自動解析装置で一回の検査に50匹〜100匹使うとしても、尿の検査の数が何万人になろうと問題なく対応できるらしい。

実用化は2019年末から2020年初頭を目指しているそうで、実用化はすぐそこです。

今迄はガン検診でもなかなか発見できない場合も多く、検査検査で体中をこねくり回された挙句、時間もかかるし、見つけられなかったりして効率が悪かった。

検診は体に悪いという話さえ出てきたため、長生きしたければ検診に行くななどと、週刊誌に書かれたりした。

今回は1滴の尿ですので何の負担もありません。

しかも保険外治療にもかかわらず、費用は数千円に収まるという。

ガンの可能性があると判った段階で、何のガンかを精密に調べて行けばよいわけで、今迄の予防の健康診断がガンに関しては一変する可能性があります。

お医者さんや病院も検査で利益を得ていた比率が高いほど大変でしょうね。

人工知能の発展で結構危ないのがお医者さんだと言われていましたからね。

特に検査や何の病気か判定する様な部門は大変でしょうね。

外科だってとんでもない腕の良いロボットが将来出現する可能性もあるし。


posted by 原田知篤 at 08:28 | Comment(0) | 健康

2017年04月17日

世界最高齢117才の女性が亡くなる

世界最高齢のイタリアの女性が4月15日に117才で亡くなった。

117才というと私もあと50年あって、ひと人生あるけれど、まあ無理でしょうね。

1938年に夫と離婚して一人で暮らしてきたらしい。

1938年って思いっきり戦前だよね。

まあ、特別の体に生まれたんだろうけど、すごい人生です。

ただ、規則正しくて、あまり波の無い人生だったのかも知れませんね。

人生、浮き沈みが激しいと長生きできないし、ストレスもたまる。

体は動かして、適度な刺激と充分な睡眠なのかな。

食事は毎日卵2個とクッキーを少々だけだったらしいのですが、食べ過ぎは良くないにしても、若い頃からそうじゃないと思いますけど。

年を取ったら運動量も減るので、その量でも生命を維持できたのでしょうが、普通はへばるでしょう。

結局、どうすると長生きできるか良く分からないんですよね。

色んな人が色々言うけれど、ブタの脂身バリバリ食べて長生きの人いたしね。

泡盛を欠かさないのが秘訣の泉重千代さんもいたし。

子供たちに迷惑をかけないんだったら、誰よりも長生きしたいなあ。


posted by 原田知篤 at 10:36 | Comment(0) | 健康

2017年04月12日

イビキがひどい人は緑内障になりやすい

今日のガッテンにサッシーが出ていたので見ていたのですが、途中で邪魔が入って途切れ途切れしか見れず、それでもイビキがひどい人は緑内障になりやすいという話だけは耳に入ってきました。

途中で無呼吸になるのが確か良くないらしいような事を言っていた。

奥さんに、イビキをかいているかどうか聞いてみたけれど、気にならないという。

良く寝れないと言ってるので、寝息は聞いている筈なのですが、1人ではどうも確実ではないですね。

こういう時に奥さんが5人位いると、それぞれに聞いて3人がイビキがうるさいと言えば確実なんだろうけど、一人では良く分からない。

夢は顔だけにしておけと言われそうなので、ガッテンみたいにビデオカメラで夜中じゅう撮影するかな。

それでなくても、ボイスレコーダーが確か10時間以上連続で録音できるはずなので枕元に置いといてみるか。

無呼吸症候群って、テレビで見ているだけでも、何が起こってもおかしくない位異常事態だと思う。

あれが自分に起こっているかもと想像するだけで、中々の気持ち悪さ。

心配で寝れなくなりそう。

すぐ寝るけどね。

寝るから自分では解らないこの不安。


posted by 原田知篤 at 22:23 | Comment(0) | 健康

2017年03月26日

度数をダイヤル調整できるメガネ

度数をダイヤルで調整できるメガネのCMがあった。

2枚のレンズをずらすことで−4.0度から5.0度まで調整できるという。

つまり近視から遠視、老眼すべてに対応という事らしいが、ホンマかいな。

男女も兼用で何でもOKという事らしい。

こういう何でもOKのものに、万事OKだったためしはほぼ無いので首をかしげてしまいます。

この圧倒的な性能ならば何万円もしそうなものですが、4980円。

なるほど、そんなものなのでしょう。

イギリスで開発されたといううたい文句ですが、イギリス人が日本で開発すれば、日本で開発されたになるだろうし、誰が開発したかは不明。

ただ、騙される覚悟で買ってみたくなる値段ではありますね。

下の方に小さく乱視は対応外の文字が。

そりゃそうでしょ。

乱視は個人個人違うし。

リスクの高い作業には使用しないでください。という注意書きもありました。

リスクの高い作業には使わないでしょうね。

リスクがあるくらい誰でも解ります。

そういえばレーシック手術、激減したみたいですね。

やりたい人が殆どやってしまったわけでは無いと思うけど。


posted by 原田知篤 at 16:46 | Comment(0) | 健康

2017年03月21日

筋膜リリースがすごく気持ちが良い

先日テレビで筋膜リリースをやっていました。

手を伸ばしたり、腰を90度に曲げたり、非常に効果的に考えられていて、筋肉カチカチの私には、そうそうそこそこといった感じ。

実に伸ばしたいところを効果的に伸ばすように出来ています。

実際にやるかどうかが問題で毎日というのがネックですね。

スクラッチが好きな人はすぐに出来るんでしょうが、そんな人はもともとそんなに体が固くなっていないだろうし。

怪我はしたくないので体は柔らかくなりたいけど、続かないんだよね。

続くぐらいなら、とっくに体やわらかくなっているだろうし。

でも、筋膜リリースはややこしくなくて、形を作って体を伸ばした状態でじっとしているだけなので、続けられるかもと思うんだけれど、うーん。

紹介されていたのは4種類程なので、時間もかからないし、何とか続けたいですね。

考えたのは首都大学東京教授の竹井仁先生なんですけど、良くあるなんちゃって体操ではなく効果は出そうです。


posted by 原田知篤 at 18:33 | Comment(0) | 健康

2017年03月15日

歯ブラシを交換した

私はブラウンの電動歯ブラシを使っているのですが、歯茎の調子が悪くてブラシを見ると、相当へたっております。

これはもう交換しか無いですね。

P1300571.jpg
交換のブラシは結構高いので、なるべく長持ちさせていたのですが、もう無理だ。

でも以前のものよりは改良されて、はるかに長持ちするようにはなっているのです。

結構使ったなあ。いつ替えたか思い出せないもん。

この手のものはケチってはいけません。

歯の健康は大事ですからね。

ブラウンの電動歯ブラシは優秀で、手動の歯ブラシだと取れないようなカスも上手くとれるし重宝しています。

歯ブラシの交換が問題ですね。

つい面倒でへたっても使い続けてしまうんですよね。

反省です。


posted by 原田知篤 at 10:03 | Comment(0) | 健康

2017年03月07日

生きていくんだ それでいいんだ

昨夜の3時間特番で北野たけしさんがオートバイ事故の時に玉置浩二さんの田園の歌詞に励まされた事を言っていた。

事故後3日目に意識が回復し、顔半分が骨折してバラバラになる程の重症だったが、その生死をさ迷うような時に田園の「生きていくんだ それでいいんだ」という歌詞が励みになったという。

自分も年を取ると、生きているだけで十分という気がしてくる。

若いうちは希望と同時に欲望もあってギラギラしているけれど、年を取るとだんだんそんなものも無くなって、生きているだけで良いんだという気持ちになる。

年をとってもギラギラと欲望が渦巻いている老政治家などは、きっと我々とは別の人種なのだろう。

60過ぎて会社を興す人とか居るけれど、立派なのか人騒がせなのか境界が難しい。

今は確かに元気な老人も多いし、寿命も伸びているので計算通りなら問題ないけれど、今日何が起こっても不思議ではない年齢なんですよね。


posted by 原田知篤 at 09:14 | Comment(0) | 健康

2017年02月26日

バラエティが面白くないという

80才の女性の最近のバラエティが面白くないという投書があった。

年のせいかとご自分で仰っておられるが、年のせいです。

バラエティが大好きな私でさえ付いていけない番組があるのに、そりゃ80才なら仕方ありません。

悩みの投書ではなく、文句の投書ですが、年なんですよ。

年をとると何もかもが変わってくるんです。

心地よかった音が、頭に響くようになったり、皆が笑っているのについていけなくなったり。

お笑い芸人でも、何でこれが優勝っていうのが何回もあって、でもやっぱり優勝したのに出てこれないと、俺の目は間違っていなかったと確認出来て納得したり、逆に何で売れるんだろうと思う事もあるんです。

番組だって作っているのは20代30代でしょう。

出ている芸人は若手でも40代とかだし、難しいよね。

感覚は若い人の方が絶対優れているし、現代そのものが若者が動かしていかなければならないのに、老人が増えすぎて老人にも配慮しなければ視聴率がとれないだろうし。

老人をほおっておいて番組作ったら面白いんじゃないかなあ。

スーパーサラリーマン佐江内氏なんて面白くてはまっているけど、80才は絶対見てないし。

そのうちに女性の平均寿命90になるらしいです。

どうしよう。

自分が長生きするのは嬉しいけど。


posted by 原田知篤 at 19:20 | Comment(0) | 健康

2017年02月19日

朝食にカレーが最適と言われても

漢方の偉い先生である丁宗鐡先生が朝食にはカレーが最適と書いておられる。

朝食にカレーかあ。

味噌汁が良いという話もあるしなあ。

納豆も良いらしいしなあ。

ナッツ類がボケ防止に良いという話もありますね。

ヨーグルトが腸内を正常に保つのに必要らしいですよ。

エゴマ油とかアマニ油が記憶力維持に役立つとか。

ブルーベリーは目に良いんでしたっけ。

やっぱり朝は生野菜も取らなくちゃね。

栄養源はバナナかな。吸収力が早いらしいもんね。

結局、太って関節に悪いんじゃね?


posted by 原田知篤 at 09:23 | Comment(0) | 健康

脳卒中のリスクが納豆で3割減

納豆を良く食べる人は脳卒中のリスクが3割減る事が朝刊に出ていた。

そうなんです。

納豆は嫌いだけれども、無理して食べているのです。

忘れてしまって、中々、毎日というわけには行きませんが結構週に2,3回は食べています。

ご飯に混ぜるなどと言う芸当は出来ず、おなかの空いた夕飯の最初に納豆だけを食べます。

まあ、薬と思っているので別に美味しいという感情はありませんが、結構義務感で食べいます。

子供の時から食べ慣れていないものは、中々難しいですね。

外国人で納豆が好きというのはすごいな。

最も多く食べるグループから全く食べないグループまで4つのグループに分けて調査したらしい。

最も沢山食べるグループは納豆を馬のようにでも食べるのかと思ったら35g入りのパックを週1,2回食べるグループという。

えっ、それじゃ私はその上の、ものすごく食べるグループではありません。

冷蔵庫にあるパックの容量を見たら45gなので調査の納豆より多いです。

こりゃ脳卒中のリスクが半分くらいになってないかな。

脳卒中は親戚に居るので怖いんです。

あれはきついです。

本人も家族も。

納豆ぐらいでリスクが減るのなら絶対食べるべきです。

豆腐や味噌など大豆を使ったものならやはり効果があるそうです。


posted by 原田知篤 at 09:12 | Comment(0) | 健康