2017年02月08日

葛根湯が効く人と効かない人がいるという

筑波大学付属病院臨床教授の加藤士郎氏がかぜの時に葛根湯が効く人と効かない人がいる事を発表した。

葛根湯を飲むのはカゼのひき始めが一番効くと言われていますが、実は効く人と効かない人がいるという話。

葛根湯が効く人は
1)日頃から体力があって暑がり
2)風邪の症状として強い寒けがあり、首や肩が凝り、高めの熱が出る
3)脈を強く打っている

逆に効かない人の特徴は
1)日頃から体が冷えている
2)食が細い
3)風邪の症状として寒けは弱く、発熱がさほど見られない
 冷えや脱力感があり、咽頭痛があったり、くしゃみや鼻水が強い
4)脈が弱い

葛根湯が効かない人は単に体が弱いんじゃないかと思ったら違うらしい。

カゼの時に熱が出るのは、ウィルスが熱に弱く発熱でウィルスを殺すのだという。

発熱しすぎると人間の方が参ってしまうが、その前だったらウィルスが死んで人間は元気になるという事らしい。

その点でもカゼはひき始めが大事なのだろう。

知らなかった。

葛根湯は発熱によってウィルスを殺す働きを強力にサポートする漢方というわけだ。

だから、体が冷えている人や代謝が悪い人は体温が上がらないので風邪のウィルスをやっつけられないのだと言う。

他にも細かく色々仰っておられたが、発熱は悪い事ばかりではないということか。


posted by 原田知篤 at 15:52 | Comment(0) | 健康

2017年02月01日

一錠54,797円のハーボニーの偽物が出た理由が解った

とんでもなく高いガン治療薬ハーボニーの偽物が出回った。

捜査が進んではいるが、中々犯人にまではたどりつけない。

確かに高い薬だが、どうやって儲けを出すのだろうと思ったら、やっぱり中国だった。

中国ではハーボニーは認可されておらず、地下で買って治療するしかない。

そして、その取引価格は日本での一錠5万円の10倍だという。つまり一錠50万円以上。

つまり日本のハーボニーを中国に持って行けば、28錠入りのビン入り153万円が単純計算で1,530万円になる仕組み。

一箱28錠入りで1,530万円取るからには、こちらは絶対に本物である必要がある。

そこで、日本には偽物をという事でしょう。

そりゃ、悪知恵が働けばやるでしょうね。

やるなら今でしょ、と考える人たちがいても不思議ではありません。

中国が認可すれば状況は変わるんだろうけど、禁止ってのがね。

タバコだって禁止にすれば、一箱10万円でも需要ありそうです。

禁止がキーワードでしょうかね。


posted by 原田知篤 at 08:57 | Comment(0) | 健康

2017年01月29日

育毛ヘルメットって効果あるんでしょうか

テレビで育毛ヘルメットの「セラドーム」なるものを紹介していた。

安全性はFDAで保証されているというし、開発者が元NASAの科学者で自分のハゲを直すのに研究して作ったらしい。

弱いレーザーが照射されて育毛を促すらしいのだが、値段が10万円を超えています。

昔だったら欲しかったけど、確か育毛ヘルメットなので死んだ毛根には利かないらしい。

私の頭頂部はたぶん、毛根が大分死んでいると思うのでダメなんじゃ無いかな。

それと、剥げてみると頭のケアが簡単で余計なものを付ける生活に戻れないかも。

年齢的にフサフサになっても良い事ないだろうし・・・あるかな?

しかし、一瞬買おうかと思ったのはまだ毛に未練があるのかな。

毛か〜。毛ね〜。う〜ん。

やっぱり10万円なら要らないや。


posted by 原田知篤 at 16:55 | Comment(0) | 健康

何だか寝つきを良くする方法を延々とやっていた

テレビで深い眠りに入れる世界の方法を沢山放送していた。

抱き枕やら、先生も出てきてお風呂上りすぐは寝てはダメとか色々言っていたが、殆どうろ覚え。

私は寝つきが異様に良く、布団に入ると1分もたたずに寝息をかいているらしい。

自分では解らないが家内がそう言っています。

眠れなくて苦労したことが無いので、眠りに対する対処法にはあまり興味がありません。

ただ、眠れない事もたまにはあるので、そんな時は寝ないで起きて何かをする事にしています。

そう、皆さんも寝れないと行きは寝なければ良いんです。

年をとると熟睡の時間がだんだん短くはなっていますね。

若い頃は2日連続でも寝れるんじゃと思う位、寝れたんですが眠りは浅くはなっています。

お墓に入ればずっと寝れるので、寝たくない場合は起きていた方が有意義じゃないでしょうかね。


posted by 原田知篤 at 16:17 | Comment(0) | 健康

頼んでいたビワの葉が届いた

知り合いに頼んでいたビワの葉が届きました。

P1300077.jpg
さっそく網に入れてべランダで干し始めました。

冬なので時間がかかりそうです。

10日位は干すことになるかな。

中途半端だと生の香りがするので、カラカラにします。

量が多いので上の乾いた奴から取って行かないと、下の方が中々乾きません。

枇杷の葉はお茶にして飲むと咳に良いのです。

風も引かないし、漢方でも重要な薬ですからね。

今日も暖かいし、明日はもっと暖かいらしい。

でもお日様が弱かったな。

曇ってて暖かい日と言うのも気持ち悪いんでよね。


posted by 原田知篤 at 15:46 | Comment(0) | 健康

2017年01月23日

多量飲酒者が975万人

酒に入り浸る多量飲酒者が推計975万人と今朝のAERAのチラシに出ていた。

975万人?

ネコの飼育頭数に近いですね。

どちらも推計だけど。

アルコール依存症患者は107万人という。

こちらも推計かな?

飲まずにはいられないのだろうが、飲んでいて楽しいのかな?

飲んでいる間だけは、何かを忘れられるとかだろうか。

依存者は1%に少し足らない位。そのくらいは居るでしょうね。

でも、アル中って私の子供の頃より減っている気がする。

違うのかな。

私が小さかった頃は、近所のオッサンが酔っ払って私の家のドアを、しょっちゅう蹴りまくていたのを覚えています。

今でもそんな人いますかね。

今はすぐに警察が来るだろうし、あの頃は近所同士なので甘く接していたのでしょうか。

今は、何でもピリピリしているから、許されないんじゃないでしょうか。

酔っぱらいは嫌ですけどね。


posted by 原田知篤 at 08:39 | Comment(0) | 健康

2017年01月22日

ガンになりやすい体質となりにくい体質

先週の新聞が残っていてふと見ると、ガンになりやすい体質となりにくい体質がある事が書いてあった。

書いていたのは丁宗鐡という漢方の専門家で、漢方的に見るとと言う事だった。

ガンはいまや日本人の3人に1人がかかる病気で、決して他人事では無い身近な病気になってしまった。

それでもかかりやすい体質とかかりにくい体質があるというので見てみると。

ガン患者の8割〜9割は日ごろ元気な人で体力もあり、少々の無理や不規則な生活も平気なため、体の異変に気付き難く、おかしいと気付いた時には重症という事が多いらしい。

逆に少しの疲労や病気にも敏感な人は、すぐ休んだり無理をしないので、体の異変に気付くのが早く重症化しないという。

ともかく不規則な生活や無理をする事が一番悪いらしい。

私はどちらかと言うと、原田の変化には敏感な方なので無理はしない。

体調が悪くなるので、夕方6時を過ぎるとお茶しか飲まないし、睡眠は十二分に取っている。

規則正しい生活はしていて、酒タバコは飲まないし、ストレスのある事は極力逃げている。

これで長生きしなかったら辛いけど、遺伝的にガンより脳卒中かな。

脳卒中だけは嫌なので毎日納豆を嫌々食べいるけど、これがストレスになってガンは嫌だな。

納豆を好きになれば良いのだけれど、とても好きになれないし。

血液サラサラになる手軽な美味しいものは無いものか。


posted by 原田知篤 at 13:42 | Comment(0) | 健康

2017年01月20日

脳梗塞になりやすいかどうかがDNAで判る

岩手医科大学の研究によると全遺伝子情報の解析によって、発症リスクの大きさ5段階に分類する手法を開発したというもの。

脳梗塞は親戚にも出ているので、私としても気になる病気。

これになると、日常生活にも支障が出るし、家族にも迷惑がかかるので、何としても避けたい。

脳梗塞がいやで、嫌いな納豆もなるべく毎日食べるようにしている位。

納豆は血液サラサラになるというテレビの話を完全に信じております。

イワシも良いと言うんですが、生は買ってきにくいんですよね。

2,3日前に予兆でもあると良いんですが、何だか血管が詰まる系統のものは急に来るのもあるらしいので心配です。

やはり年に一回はドックでCTスキャンで血管の検査と血液検査なのかな。

納豆とイワシで済むのなら、その方がお金もかからないし体の負担もない。

貧乏人はこれしかないのかな。


posted by 原田知篤 at 10:23 | Comment(0) | 健康

2017年01月19日

一錠5万5千円のハーボニーの偽物が登場

C型肝炎の治療薬として絶大な効果があるハーボニーという薬の偽物が出回っているという。

ハーボニーは一錠5万5千円で28錠入りのビン一個が154万円になる。

28錠とは一日に1錠ずつ飲んで4週間分になる。

これを3ヶ月飲めばC型肝炎が完全に治癒するという夢の錠剤。

つまり3ヶ月弱である12週間ハーボニーを1錠ずつ飲み続けてC型肝炎を直すには462万円が必要と言う事になる。

これは金持ちしかC型肝炎を直せないなと思ったら、健康保険で患者一人の負担額は月に2万円弱になるそうだ。

高額な薬だけに偽物を作れば儲かる額が大きいのだろう。

偽物は本物のパッケージに入っていたらしく、中を抜き取って入れ替えたらしい。

つまり偽物は日本の健康保険からガッポリ儲けて、本物は海外の保険が完備していない国で半額程度で流せば飛ぶように売れるのかという想像が出来た。

迷惑するのは直る事を信じて薬を飲み続けた日本の患者と費用を負担した日本国である。

C型肝炎も3ヶ月で完全に治れば、後は投薬も治療も必要なくなるわけで、患者が居なくなる前に研究開発費を回収しないとと言う事なのだろうか。

贅沢品なら決して買わない金額だが、命の問題なので保険がきかなくても買う人がいるのだろう。

医学の進歩には万歳と叫びたいし、ガンもそのうち簡単に薬で治る時代が来るのだろう。


posted by 原田知篤 at 18:47 | Comment(0) | 健康

2017年01月18日

耳の奥がガサガサするので耳すっきりクリーナーを買う

耳垢をほったところ、上手くとり切れていないらしく、ガサガサと何かの拍子に音がしていました。

P1290973.jpg
気になるので綿棒を濡らして掃除をしましたが、完全には取れず、アマゾンで「耳すっきりクリーナー」なる商品を買いました。

100円ショップにあったかも知れないなとは思ったものの、まあ確実にあるアマゾンで買い求める事にしたわけです。

送料込みで1000円をわずかに超える位。

耳の方はもう一度綿棒で掃除したところ、残っていた耳垢が取れたらしく、ガサガサ音は無くなったので急ぐ必要は無いのですが、本日届いたわけです。

P1290979.jpg
先端にシリコンゴムが付いていて、耳の掃除をしながら掃除機の様に耳垢を吸う仕組み。

以前、父が使っていて面白そうだったので買ってみたわけです。

使用感は気持ちが良いの一言です。

もちろん吸引力は左程強くはありません。

シリコンゴムに段が付いていて、そこから先は耳の中に深く入って行かないので、普通の耳かきよりは安全なんでしょう。

心配は、先端のシリコンゴムが1個は予備が付いていますが、ヘタってしまった場合の補てんはどうするのでしょうかね。

そこまで使い倒した人は居ないのかもですね。


posted by 原田知篤 at 14:49 | Comment(0) | 健康