2017年06月16日

洗足池は東京のオアシス

東京はともかく人が多い。

横浜だと大都市とは言っても、オフィス街や商業地は意外と狭く、すぐに小さな公園があったり、住宅地が挟まったりしている。

でも、東京は一応渋谷、新宿、池袋とか副都心と呼ばれる場所はあるけれど、ビルも人も切れ目が無い。

本当に人が多すぎるよ。

まあ、人が多いから色々な商売やチャンスがあるんですけどね。

でも、ほっとする場所は必要なんです。

P1310861.jpg
そんな時には洗足池公園かな。






ただ、池が大きすぎて池の周りの一本道しかないんですよね。

P1310863.jpg
ボート乗り場付近の網の上でアカミミガメとカモが日向ぼっこをしています。

いや、日陰なので休んでいるだけか。

P1310864.jpg
洗足池のコイは人を見ると寄ってくるんです。

誰かがエサをやっているんでしょうね。






P1310865.jpg
対岸に赤い建物が見えます。

行きたくなる色ですが、行ってみると大した事は無いのが通常。

P1310866.jpg
3段の太鼓橋がありました。

由緒ある橋かと思いきや、ただの公園の橋でした。

ただの橋でも、平らな橋よりはありがたみが増します。

P1310867.jpg
赤い建物に近づいて見ると、洗足池弁財天でした。






昔からあったらしいのですが、昭和9年に遷宮されたものという。

P1310870.jpg
池には花筏にショウブが咲いていました。季節的にはもう終わりです。


posted by 原田知篤 at 19:02 | Comment(0) | 健康

2017年06月14日

胆石症とは何ぞや

新聞の相談欄に胆石症の患者の相談が載っていた。

1cm未満の胆石が4個あるそうで、取るべきか取らざるべきかというもの。

胆石胆石と良く聞くけれど、胆石って何だというと、脂肪の消化を助ける胆汁中のコレステロールなどが固まって、胆嚢や胆管に硬い塊が出来たものが胆石だそうです。

胆石と言うと男性と思っていたら、ホルモンの関係で女性の方が多いそうです。

回答としては、無症状ならばそのままで年一回の検査を受ければ良いですよ、との事。

もちろん詰まったりしたら取り除かなければなりませんから、内視鏡手術で取り除きます。

一般的な生活上の注意点としては、生卵を食べない事。

生卵には胆嚢を収縮させる成分があるとの事で避けた方が良いそうです。

生卵嫌いだもんね。

朝食抜きも良くないらしい。

朝食抜いた事は無いなあ。

急激なダイエットも良くないそうです。

そんなものこの年でしますかね。

そして遺伝も大きいそうです。

遺伝かあ。

胆石、いたかな。

判りません。

40〜50代で胆石の人がいたら、エコー検査を受けて見て下さいとの事でした。

とっくに過ぎたので、大丈夫ですかね。

胆石って痛いんですよね。

知らないけど。


posted by 原田知篤 at 09:47 | Comment(0) | 健康

2017年06月05日

男性にも更年期があるという

更年期障害というと女性のものと思い込んでいましたが、男性にもあるそうです。

症状としては、やる気が出ない、怒りっぽくなった、性欲低下などらしいのですが、これって別に更年期でなくても誰でもあるんじゃないですかね。

これらの症状に悩む男性は、一応男性更年期障害を疑った方が良いらしいです。

自分は悩む事は無いな。

40代から50代に男性ホルモンであるテストステロンが減るのが原因らしいのですが、男性ホルモンの注射で直るらしい。

年を取ると色々ありますね。

100才で100m走の記録を出しているスーパー高齢者が居ましたね。

あんな人が居るなんて、老後を想像すると明るくてピカピカです。

もっとも、相手が居なくてライバル募集みたいですが。


posted by 原田知篤 at 09:53 | Comment(0) | 健康

2017年06月04日

アース蚊取りは良く効くなあ

だんだん暑くなってきて、ネコがベランダに出たりするようになってから、一緒に蚊を付けたまま入ってくる季節になりました。

今日も、足をしこたま刺されて痒い痒い。

そこで、液体の60日用の蚊取りをセットすると、数時間後顔を伝わって蚊が落ちてきました。

ズルズルと顔の上をずり落ちてきたので、すぐに気がつきました。

結構、大きめの蚊でしたよ。

蚊は1匹いると夜も寝れないので大変です。

猫にくっついてくるのは小さい蚊が多いのですが、小さい蚊の方が刺されると痒い気がします。

液体のアース蚊取りは毎年結構残ってしまい、いつも1年前のものを使ったりするんですが、やはり今年買ったやつは効き目が違います。

蚊がコロリと逝く位だから、人体にも若干の影響があるのかも知れません。

でも、痒いのには変えられませんね。

夏は蚊との永遠の戦いです。


posted by 原田知篤 at 22:56 | Comment(0) | 健康

2017年06月03日

高齢社会白書って何だ

高齢社会白書というものがあるらしい。

何が書いてあるのかは全部は知らないけれど、60歳以上の2割が子供や孫の生活費を負担しているそうだ。

晩婚で出来た子供などが学生である場合などは除いているそうなので、一応社会に出ていて足りない生活費の補助をしているという事らしい。

同居の場合が特に助けている事が多いようなのだが、逆にまったく家にお金を入れずに子供と住む方が気が重い。

そりゃ普通いくらか助けるでしょ。

でも、子供の収入が少なかったり不安定だったりする場合に親が助けるのは、ちょっと大変だなあと思います。

親の収入も月10万円から20万円という場合が32.9%で一番多いという。

親も大変だなあ。

といって子供がいないと、将来が本当に心配になる年齢に差しかかるんですよね。

いくら強がりを言っても、お墓に骨を自分では運べないしね。

それだけはやって欲しいけど、それまでは全部自分でやりたいですね。

そう思うだけでも違うと思うけど。


posted by 原田知篤 at 14:01 | Comment(0) | 健康

足がつるのはスポーツ飲料で改善するって本当かいな

家内が、時々足がつると言っている。

社交ダンスのやりすぎだと思うけれど、足がつるのをほっておくと、良くないらしいのでネットで調べてみました。

何だか解ったような分からないような、ミネラル不足ではの情報があって、スポーツ飲料をのむと適度なミネラルが摂取出来て、足のつるのが改善されるというもの。

まあ、これなら特に副作用も無いし、値段も安いのでポカリスエットを買ってきました。

これで、足がつるのが直れば安いものです。

医者に行っても関節とかは中々直らないし、こんな情報でもやってみようと思います。

自分はスポーツ飲料が好きでは無いので飲む事はないな。

自分は日本茶かそのたぐいの物。

あと、甘いジュースの方が良いかな。

肩の筋を違えたのも、何だかんだ1月以上かかりましたね。

別に医者にも行かず、普通に過ごしていたんですが、起きている時は気にならなくても寝る時には腕の位置で痛みがあるので、寝づらかったですね。

まだ、少し肩の付近に違和感はあるけど、もう殆ど大丈夫。

お相撲さんとか、テーピングやサポーターを体中に貼って、ガチンコでぶつかっているけど、あれは体に良くないですね。

実際、長生きしないし、厳しい仕事です。

やはり肥満は体に良くないです。


posted by 原田知篤 at 13:02 | Comment(0) | 健康

2017年05月31日

脳梗塞の予防法をやっていた

今日のバイキングで脳梗塞になるタレントさんが多いという話で、ならないためにはどうすれば良いかをやっていた。

遺伝は別にして、脳梗塞になりやすくなる生活習慣としては喫煙、過度な飲酒、塩分過多の食事、糖尿病、適度な有酸素運動不足など、あと何だったかな。

ともかく、いかにも悪そうなことばかりで、普通に規則正しく生活していれば防げそうなものが多かったのですが、悪そうな事ばかりしていてもかからない人も居るし、逆もあるので不公平な話です。

私は生活に関しては悪そうな事は極力しない様にしているので、その点は問題ないと思うんですが、遺伝がなあ。

親戚に脳梗塞が居るんで、これは怖いですね。

まあ、何らかの兆候はある筈なので、それを見逃さない様にしないといけません。

年齢はあまり関係ないみたいで、年を取るとなりやすいものでもないらしい。

若い人で脳梗塞は本当に可哀そうです。

本人も辛いだろうし、回りの家族もね。

酒は飲み過ぎるとプツンと行くんですよね。

酒とタバコは健康に悪くてしかもお金もかかる。

少量の酒はむしろ良いなんて話もあったけど、そうなのかな。

本当の話が何なのかわからない昨今ですからね。


posted by 原田知篤 at 14:03 | Comment(0) | 健康

2017年05月28日

旅行が脳と健康に良いそうだ

子供たちに夏休みに一泊旅行を誘われました。

楽しそうだな。

孫と一緒に泳いだり釣りをしたり楽しいですよね。

今朝の朝刊を見ると旅行が認知症の予防に聞くような事が書いてある。

旅行に行くと会話が増えたり、刺激があったり、達成感とか、まあ良いことだらけですね。

でも、そんなに旅行行けるわけも無いし、しょっちゅう行っていたら刺激も無いだろうし、どうなんだろう。

女の人の方が、何だがとりとめもない事を延々としゃべって時間が過ぎるけど、あれって少しは認知症に役立っているんでしょうか。

男は定年を過ぎると中々社会に溶け込めないし、喋るって言ってもテレビ相手に喋ってもねえ。

説教を聞いて相手してくれるパソコンとか無いんでしょうかね。

説教オヤジは多いので需要はありそうですけどね。

何で年取ると男って説教する人が多いのかなあ。

説教されたので、何時か説教してやろうって思ってるんでしょうかね。

年をとるのは全然構わないけど、だんだん変になるのは嫌だな。

変にまともなまま年を取って、居座って嫌われるパターンもあるしなあ。

本人は必要とされていると思い込んでいるので周囲にとっては始末が悪いんだけど、本人は幸せなのかも知れません。

あまりプライドを無くすのもまずいしなあ。

何にしろ奇麗に年をとるのは難しいんです。


posted by 原田知篤 at 19:07 | Comment(0) | 健康

2017年05月18日

115才で2005年に当時最高齢で亡くなったオランダ人女性の話

2005年に当時最高齢の115才で亡くなったオランダ人女性の事が新聞に載っていた。

何よりも驚いたのは彼女は研究のために献体されたのだが、脳の記憶をつかさどる海馬を調べたところ、殆ど萎縮していなかったという。

海馬が委縮すると記憶があいまいになってボケてくるのだけれど、何故海馬が委縮しないのかが分からないらしい。

つまり遺伝なのか(普通にそうだと思うけれど証明はまだ出来ていないみたいです)それとも食べ物なのか、生活習慣なのか、ともかく何故かが分かっていないため、我々が予防しようにも良く分からない事が多いわけです。

適度な運動と、しっかりした睡眠とバランスの良い食事、そして規則正しい生活とクヨクヨしない性格になるように心がけられれば、少しは元気なまま長生きできますかね。

誰もがそうはいかないのは辛い所ですが、自分だけは大丈夫と思うから楽しく生きていけるんでしょう。

結局皆、楽天的なのかな。

それが大事なのでしょう。


posted by 原田知篤 at 20:18 | Comment(0) | 健康

日本人の2人に1人がガンになるらしい

日本人の3人に1人がガンになると言っていたのが、今や2人に1人がガンになるという。

まあ、そんなになるんならガンになっても良いけど、良いのは年を取ってからで、若いうちにガンになるのは絶対嫌だな。

年を取ってからというのも85才を過ぎてからですね。

そうしたらガンになっても良いです。

出来れば死ぬ3日前くらいにガンになってというのが理想かな。

そう、なりたくないんですね。

そのガンに笑いが効果があるという実験を始めるらしいです。

ちょっと考えればストレスと関係あるらしいので、笑いは絶対効果があるでしょう。

今迄も言われてはいたけれど、実際に実験するのは初めてらしいのです。

落語とかやっていましたが、漫才の方が効き目はありそうな気がしますけれどね。

エンタの神様とか見てゲラゲラ笑っていたらガンにはなりにくいでしょう。

漫才じゃなくても、何でも楽しめれば色々な病気は逃げて行く気がします。

深刻になるのが良くないですね。

何でもネガティブが一番悪い。

何でもポジティブというのも難しいけれど、テレビを見て笑えなくなったら終わりなきがします。

サッシーの言動位がボーダーかな。

サッシーで全然笑えなくなったら、間違いなくもう終わりです。ハイ。


posted by 原田知篤 at 19:10 | Comment(0) | 健康