2017年12月26日

平均寿命と健康寿命

平均寿命はだんだん男女とも伸びていますが、健康寿命も最近言われるようになりました。

健康なまま老後を迎えられれば素晴らしい事ですが、そうも行かないらしい。

そもそも健康寿命とは何ぞやですが、身体的にも知能的にも日常生活に制限が出てきたら、健康な状態では無いわけです。

つまりゴミ出しが出来ないとか、部屋の掃除や買い物、洗濯、調理などが自分で出来無くなれば健康状態とは言えないわけです。

介護保険のお世話になったり、子供たちに負担をかけている状態も健康な期間とは言えません。

平均寿命と健康寿命との差は、日常生活に制限のある「不健康な期間」を意味します。

不健康な期間がどの位あるかというと、女性は13年程、男性は9年強。

人生短いのに不健康な期間は結構長いです。

13年といっても最初は殆ど健康状態と違わないのでしょうが、間違いなく状態は悪化しますから、あまり数字を考えても仕方ありません。

年を取るのは全然かまわないのですが、やはり色々なものが衰えていくのを実感するのはきついですね。

それにしても個人差がありすぎる問題です。

経済的な事が人によって個人差があるのは、さんざん思い知っていますが、体の話はそれ以上に個人差がありますね。

100歳で競技会に出て走っている人もいるのに、若くして病に倒れる人もいる。

私も68まで来ましたが、元気でいれるかなあ。

男性の健康寿命の平均は71歳までらしいんですよ。

本当にまいるよなあ。


posted by 原田知篤 at 10:51 | Comment(0) | 健康

2017年12月17日

今日は北風が強くて寒い

今日は朝から北風が強く寒いです。

気温以上に風が吹くと晴れていようが何だろうが、体感温度が急に下がります。

今日が晴れるというので、豊川稲荷に行こうかなと思っていたのですが、金曜日に行っておいて良かった。

金曜日は曇り空で気温も低かったけど、結局風が吹かないと何とかなるんです。

ともかく風は冬は大敵です。

そんな寒い日ですがスーパーでトイレに入りました。

小用の便器は一つしかなく、おじいちゃんが使っています。

大用も1つしかなく開けてみると小をたしていました。

待っていると大用に入っていた人が出てきました。

こちらも良いおじいちゃんです。

小用の方は終わる気配がありません。

しっかり切れないか、少しずつしか出ないんですね。

男として気持ちはよくわかるので、皆年を取るとそうなんだなと思うだけです。

年を取るとこの問題はあるよね。

隣ですごい勢いで出る人を見ると羨ましい。


posted by 原田知篤 at 11:08 | Comment(0) | 健康

2017年10月22日

茹で卵でボケ防止ってホント?

先日テレビでイタリアの方のどこかで、毎日茹で卵4個を食べていた婦人が100才を過ぎても脳の記憶をつかさどる海馬が委縮せず、健康であったと放送していました。

茹で卵毎日4個かあ。

茹で卵男の板東英二さんの100才の状態が知りたいですよ。

脱税なんてどうでも良いから、坂東さんには頑張ってもらって、是非100才の海馬の状態を証明する実験台になって欲しいものです。

ひいては低価格にあえぐ卵業界の救世主になれるかも知れません。

豚肉もい良いらしいし、モヤシもきっといい筈。

納豆や豆腐も定番だし。

つまり割と安い食品が、健康には良いんじゃないでしょうか。

高いものばかり食っている人が健康的にはまずいのかも。

というわけで我が家の朝食には茹で卵が一個増えました。

茹で卵火にかけておけば簡単に出来るしね。


posted by 原田知篤 at 09:04 | Comment(0) | 健康

2017年10月05日

AIで介護が出来る時代が来る

年をとると誰でも認知機能が落ちてくる。

どんな優秀な人でもそれなりに落ちてくる。

体の衰えはともかく、頭の方はAIを活用することで何とかなりそうな気がします。

実際に取り組みは各所で行われていて、結果も出ているようです。

将棋が好きな老人はずっとやっていたいが若い人達は相手もしていられない。

同じくらいの強さの老人同士を見つけるのも難しい。

そんな時にパソコンの画面上で話したり相手をしてくれる相手が居れば絶対に脳の老化には役立つはず。

相手に好きなタイプの顔などを選べたらそれも楽しいし、自分が嫌になるまで何時までも相手をしてくれるとしたら、素晴らしい未来に見えてきました。

話し相手になる訳だから、蓄積していけばこちら側の健康や脳の状態の変化も見つけられる。

大体、一日中スマホの画面を見続けている人も多いので、一日中AIロボットとお話ししても問題ないでしょう。

老後の友達はAIという時代は間違いなく来ますね。

実際今の友達はテレビだし。

「にゃんこスター」が今朝出ていて彼女は面白い。


posted by 原田知篤 at 09:15 | Comment(0) | 健康

2017年09月18日

今日は敬老の日

今日は敬老の日で外は静かです。

台風一過でウソのような晴天。

でも風は強いですね。

今や90歳を超える人が200万人を超えたそうで、100歳を超えた人も7万人近くいるわけだから、すごい高齢社会です。

それでも200万人のうちの95%程度は100歳を超える前に人生の終焉を迎える計算になる訳で、最後まで生き残る117才の人とかどういう体の構造をしているのだろうと興味があります。

絶対に何かが違いますよね。

でなければ117才まで生きられるはずもありません。

食べ物とか生活習慣とかもあるのは間違いない所ですが、絶対に先天的なDNAの支配がありそうに思います。

それさえわかれば110歳も夢ではないかな。

全員がそうなっても色々困るかも知れませんね。

65歳〜69歳の男性の半分以上が働いているらしいです。

そうなんだ。

僕も働かなくちゃいけないのか。

70歳定年時代も現実のものとなるかも知れません。

肉体の寿命は延びても、頭の寿命が伸びないとどうにもなりません。


posted by 原田知篤 at 09:03 | Comment(0) | 健康

2017年08月22日

日本人の死因の第3位は肺炎

日本人の死因の第3位は肺炎で、特に年をとってからの誤飲性肺炎が大問題だとテレビで言っている。

女性と男性ではどちらが誤飲性肺炎になりやすいかというと、男性の方が7割で女性は3割。

何故かという質問にはすぐに判りましたよ。

答えは女性の方がお喋りだと言う事。

食事をした時に食物が肺の方に行くのを防ぐため弁が肺への道を閉じるのだが、年をとるとタイミングが遅れたり上手く閉まらなくなったりする。

そのため肺の方に食物と一緒に細菌が入り肺炎を起こすのだという。

女性はお喋りなので、口のあたりの筋肉がよく動き鍛えられているので比較的弁も上手く動くらしい。

ところが男性は年をとるとだんだん喋らなくなって、友達も居ないし奥さんも話相手になってくれないし、弁の機能が落ちていくのだという。

ともかく人と話すのは大切らしい。

男は話始めると説教始めるのも居るし、だいたい喋り過ぎで失敗した経験が誰でもあるので、だんだん喋らない方が無事に行くという習性が社会生活の中で出来ているんだと思います。

女性はだいたいしゃべるのも各々勝手な事を言いっぱなしで口が動いているだけの場合が多いし、同じことを何度でも機械の様に喋っていても筋肉の運動にはなっているんですね。

喋ると言っても、近所に友達居ないしなあ。

会うのも面倒だし。

「口は禍の元」ということわざは寿命が短かった時代の産物で、長寿社会の今は喋らないと誤飲性肺炎のリスクが高まるという訳です。

明石家さんまさんは絶対誤飲性肺炎にはならないでしょうね。

あの10分の1でも喋ったら充分、ノドの便の訓練にはなると思います。


posted by 原田知篤 at 22:14 | Comment(0) | 健康

2017年08月08日

夕飯後の夕寝はどうなんだろう

夕飯を食べると何だか寝たくなります。

食べてすぐ寝ると牛になると言われますが、どういう意味なのか。

たぶんあまり良い事では無いと思うのですが、眠いんですよね。

特に今日は何だか疲れたな。

夕飯の後は何も食べないので、しばらく寝てまたお風呂に入ったりして復活するのですが、結局は本睡眠に入ります。

特に寝れない事は無くちゃんと寝るんですが、健康にどうなのか良く分かりません。

規則正しく毎日夕寝すれば良いのかな。

体の要求のままに休息を受け入れた方が良いのか、ちゃんと寝るまで頑張った方が良いのかは、ウーン、判らないです。

昼寝もあまり長くすると良くないと言いますが、あれは夜寝れなくなるという話だったような。

昼寝しても寝れますよ。

だったらしっかり昼寝しても良いと言う事でしょうかね。

昼寝は30分以内と誰かが言い出して、他の人もそうだそうだと言っているだけで、2,3時間寝ても良かったりして。

2日間寝続けて、起きてごはんとか食べてまた2日間寝続けるわが国の最高齢者がいました。

あの位になると常識が通用しない領域なんでしょう。

夕寝、お風呂、本寝というサイクルも常人の域を超えれば良いわけか。

ただの老化の気もしますが。


posted by 原田知篤 at 00:01 | Comment(0) | 健康

2017年08月03日

67才の祖母が3歳の孫を幼稚園に送るのを忘れて車に置き去り

仙台で67才の祖母が3歳の孫を幼稚園に送り届けるのを頼まれ、チャイルドシートに乗せたまま、送り届けるのを忘れて放置、熱中症で亡くなる事故が起きた。

残念過ぎて、言葉もない事故なのですが、私も同じ67才。

何かをやっていて間に他の事を挟むと前の事をすっかり忘れてしまうという経験が何度もあるんです。

この年になると同時に2つの事を進めるとか、よもや3つの事とか、とても自信がないです。

老化の程度は人それぞれなので、一概には言えませんが、昔の聡明な母のつもりで安心して頼んだのでしょうね。

年々、老化は進む一方なのでこれは深刻な問題です。

特に記憶力の衰えは目に見えます。

本人が気づいている場合はまだ良いのですが、自分は絶対大丈夫と思い込んでいる人が危ないです。

私も今は、チョットした事でも常にメモを取るようにしています。

5分経つと、あれ何だったかなと思い出せません。

ともかく何でもメモで残しておく。

これで一応、人としての生活が出来ます。

だから80才で現役の加山雄三さんは驚嘆する存在であり、憧れでもあるわけです。

このブログも単純に老化防止のためのものです。

足腰には自信があるので、頭だけ老化を遅らせられれば何とかなると思うんです。

後は生活習慣病にならない様に、気を付ける事かな。


posted by 原田知篤 at 09:26 | Comment(0) | 健康

2017年06月16日

洗足池は東京のオアシス

東京はともかく人が多い。

横浜だと大都市とは言っても、オフィス街や商業地は意外と狭く、すぐに小さな公園があったり、住宅地が挟まったりしている。

でも、東京は一応渋谷、新宿、池袋とか副都心と呼ばれる場所はあるけれど、ビルも人も切れ目が無い。

本当に人が多すぎるよ。

まあ、人が多いから色々な商売やチャンスがあるんですけどね。

でも、ほっとする場所は必要なんです。

P1310861.jpg
そんな時には洗足池公園かな。






ただ、池が大きすぎて池の周りの一本道しかないんですよね。

P1310863.jpg
ボート乗り場付近の網の上でアカミミガメとカモが日向ぼっこをしています。

いや、日陰なので休んでいるだけか。

P1310864.jpg
洗足池のコイは人を見ると寄ってくるんです。

誰かがエサをやっているんでしょうね。






P1310865.jpg
対岸に赤い建物が見えます。

行きたくなる色ですが、行ってみると大した事は無いのが通常。

P1310866.jpg
3段の太鼓橋がありました。

由緒ある橋かと思いきや、ただの公園の橋でした。

ただの橋でも、平らな橋よりはありがたみが増します。

P1310867.jpg
赤い建物に近づいて見ると、洗足池弁財天でした。






昔からあったらしいのですが、昭和9年に遷宮されたものという。

P1310870.jpg
池には花筏にショウブが咲いていました。季節的にはもう終わりです。


posted by 原田知篤 at 19:02 | Comment(0) | 健康

2017年06月14日

胆石症とは何ぞや

新聞の相談欄に胆石症の患者の相談が載っていた。

1cm未満の胆石が4個あるそうで、取るべきか取らざるべきかというもの。

胆石胆石と良く聞くけれど、胆石って何だというと、脂肪の消化を助ける胆汁中のコレステロールなどが固まって、胆嚢や胆管に硬い塊が出来たものが胆石だそうです。

胆石と言うと男性と思っていたら、ホルモンの関係で女性の方が多いそうです。

回答としては、無症状ならばそのままで年一回の検査を受ければ良いですよ、との事。

もちろん詰まったりしたら取り除かなければなりませんから、内視鏡手術で取り除きます。

一般的な生活上の注意点としては、生卵を食べない事。

生卵には胆嚢を収縮させる成分があるとの事で避けた方が良いそうです。

生卵嫌いだもんね。

朝食抜きも良くないらしい。

朝食抜いた事は無いなあ。

急激なダイエットも良くないそうです。

そんなものこの年でしますかね。

そして遺伝も大きいそうです。

遺伝かあ。

胆石、いたかな。

判りません。

40〜50代で胆石の人がいたら、エコー検査を受けて見て下さいとの事でした。

とっくに過ぎたので、大丈夫ですかね。

胆石って痛いんですよね。

知らないけど。


posted by 原田知篤 at 09:47 | Comment(0) | 健康