2017年12月03日

紅葉の季節はテレビの情報番組は京都一色

紅葉の季節です。

それにしてもこの季節になると、情報番組は京都一色です。

あんなに京都ばかりやらなくてもと思うけれど、ともかく京都京都です。

関東だと日光の紅葉が有名ですが、時期が終わりましたからね。

鎌倉もそれなりに奇麗なんですが、何しろ町が狭い。

何だかんだですぐに町が終わってしまいます。

紅葉の小さな名所は沢山あるんだけれど、やはり気候が温暖なせいか急に寒くなったりはしないので、奇麗な紅葉というのは中々出ません。

その点、京都は町が大きいし気候も夏と冬の寒暖差が大きいので奇麗な紅葉が出るんでしょう。

テレビで見るには素晴らしいですが、何だか人が多くてわざわざは行かないなあ。

繁盛は結構ですが、混雑の中に飛び込んで紅葉を見に行くなんて皆元気ですよねえ。

東京でも皇居の紅葉も解放されましたが、人込みが凄かったです。

人が少ないのも寂しいし、人が多いとうるさいし、人は贅沢です。

ただ気になったのは何処も年寄りばかりという事です。

自分も含めて高齢社会に突入しているのです。

だから元気で出歩く年寄りは上々で、家でくすぶっている年寄りがその何倍もいるという事なんです。

出歩かなきゃいけないな。


posted by 原田知篤 at 17:30 | Comment(0) | テレビ

2017年11月27日

テレビで見る京都の紅葉が素晴らしかったので近くの公園に行ってみました

テレビで京都各地の紅葉の様子をやっています。

テレビの画面が鮮明なのと色が奇麗なので行った気になる位、画面は奇麗です。

本物がもっと汚いわけではなく、実際も奇麗でしょう。

そこで、このあたりの紅葉もどんな具合か見に行ってきました。

P1330253.jpg
紅葉が京都みたいにまとまっている場所は中々無く、この程度ですが紅葉は紅葉。

P1330257.jpg
紅葉に平和の象徴が沢山と待っていました。

全然、平和な鳥で無いのは良く知っていますけどね。

中国ではハトを食べるらしいから、町中にはあまりいないそうです。

鳥はどんな鳥でも飼うと判るんだけど、後から加えた鳥はやられるんです。

飼うときは同時にケージに入れないといけなくて難しい。

その点、ネコは相性だけ見れば、増えても大丈夫です。

ネコが一番平和の象徴じゃないかなあ。


posted by 原田知篤 at 16:01 | Comment(0) | テレビ

2017年11月25日

のどじまんザ・ワールドでアメリカの3兄弟が「恋するフォーチュンクッキー」を歌う

日本テレビの特番「のどじまんザ・ワールド」でアメリカ人の3兄弟がAKB48の名曲「恋するフォーチュンクッキー」を見事に歌いました。

ウエスタン風の編曲でオリジナルとは別の意味で飛び切り楽しい歌で素晴らしかったのですが、この番組は強敵が多く、本選には出場できましたが、あっという間に追い抜かれてしまいました。

でも、あんな風に聞かせられるんだと新発見で、聞いていて楽しかったですね。

優勝はケニアの女性で、まあ普通に頭一つ抜けていたかな。

ラオスの13才の女の子も上手だったけれど1点差で負けました。

選曲のミスの気もしますが、ケニアの女性が上手すぎましたね。

毎回思うのだけれど、時代は変わりました。

昔は日本語を話す外国人なんて殆どいなかったので、こちらが話している事が通じるなんてまったく思いませんでしたが、今は内緒話も聞かれていると思った方が良いでしょうね。

観光客も1千万人を目標にしていましたが、あっという間に3千万人になりそうです。

島国で海に守られてましたが、航空機や船舶での行き来がこれだけ便利になると、変わっていくでしょう。

そういえば、九州の息子が今日ひょっこり現れました。

友人の結婚式で来たそうで、終わったら今晩帰るそうです。

仕事が忙しいみたいです。大変だな。


posted by 原田知篤 at 22:23 | Comment(0) | テレビ

2017年11月24日

ものまね王座決定戦見てたけど

今日は「ものまね王座決定戦」。

結構楽しみにしていたんですけどね。

みんな、ものまねなのに歌が上手いです。

似せるためにはとりあえず歌は上手く無いといけないんでしょうかね。

下手だと、まず似ないもんね。

でもこの番組票が変な事あるからなあ。

キンタロー負けちゃったし。

バラエティだから仕方ないのかな。

社交ダンスの方がマジだったな。

この手のやつは得票はマジにしないと面白くないです。

という訳で、ロンドンハーツに変えました。

女性タレントの「なりたい顔ランキング」なるものをやっております。

こちらの順位はまあ怪しいものですが、ロンハーだしね。

楽しまなきゃと思いますよ。

磯山さやかさんが良く出るので、出る時は見ますね。

磯山さんは好きな顔です。

サッシーもスタジオにはいないけど、ベスト30のランキング候補に入っているので、最後まで確認しなくては。


posted by 原田知篤 at 21:38 | Comment(0) | テレビ

2017年11月23日

昨夜の「世界まる見え」でモロッコをやっていた

昨夜の「世界まる見えテレビ」で特派員がモロッコの日本人がまだ訪れていない場所を取材する話を放送していた。

モロッコはアフリカの北西部の河岸沿いに広がった国土。

海沿いの地方は湿気が少しはあって山脈を超えると湿った空気が来ないので砂漠になるとの解説。

海沿いは湿気があると言ってもアフリカ。

我々から見ると赤茶色の砂地と木々は低木がちらほらある位で、カラカラの気候に見えます。

山脈を超える様子もやっていましたが、木々は殆ど見えず岩と砂の山肌で、こりゃ住むのは大変です。

砂漠に入ると本当の砂だけで、まさに絵本で見たような本物の砂漠です。

やはり日本のような湿気が無いと高い木は育たないんでしょうね。

アフリカは旅行で訪れるには楽しい場所なんでしょうが、住むのは大変ですね。

モロッコなんて海に沿った細長い国だからアフリカでは一等地です。

砂漠の中の7人だかの集落で日本人が来たことがあるかと取材をしていましたが、悪い事に砂漠の宿泊業みたいな事をやっていて、日本人は来たことがあるそうです。

どこでも行くよネ、日本人。

北アフリカと南ヨーロッパは非常に近いので乾燥状態は似ていますね。

アフリカからの乾燥した風が吹いて南仏も非常に乾燥していて木々も低木が多いですからね。


posted by 原田知篤 at 15:09 | Comment(0) | テレビ

2017年11月20日

京都民はそんなにイヤミな人達なのか

県民ショーという番組があります。

それぞれの県民の特殊な習慣や食べ物を面白おかしく紹介する番組ですが、京都の紹介では結構極端に京都民の排他的な情景を強調して笑い物にしています。

「お茶でも如何ですか」は有名ですが、お客が来たら必ず玉露を出すとか、煎茶が出た場合は「良い煎茶ですなあ」などと嫌味を言うなどなどです。

言葉の裏表をやり玉に上げる事が多いようですが、京都弁を翻訳するソフトがあれば良いのでは。

京都って住んだことも無いし、本当に笑われているような街なら大変ですが、知っている京都人は別に普通の良い人ばかりですけどね。

むしろ他よりも人間は良い位に感じますけど。

京都が嫌で東京に出てきたのなら話は別ですが。

大体小さな地域ほど排他的になるのは何処でも同じ。

色々ハードルを高くしてよそ者が入りにくくしているんでしょう。

京都も規模は大きいけれど何しろ古い町ですから、そりゃ色々あるでしょう。

人がどんどん入れ替わる様な東京だとそんな事は言っていられないんでしょうが、流入人口が少ない所ではどうしても核みたいな人だけが残って保守的になるんでしょう。

江戸時代の様に人の移動を禁止していれば、その常識で地域は動くんでしょうが、今は住みやすい所にどうしても人は移動します。

東京が誰にも住みやすいかは判りませんが、少なくても仕事はありますから、人は集まります。

京都も日本で一番外国観光客の多い町だから、だんだん奇妙な面倒くささは無くなっていくんじゃないかと思うんですが、違うのかな。


posted by 原田知篤 at 23:31 | Comment(0) | テレビ

昨夜のテレビドラマ陸王が16.8%を記録

昨夜のTBS日曜劇場「陸王」第5話が16.8%の最高視聴率を記録しました。

いよいよ話が佳境に入って来たのと中々の面白さに視聴者が毎週離れませんね。

SNSでブレイクして口コミでどんどん視聴率が上がって40%越えの「半沢直樹」という訳にはいきませんが、まずまず頑張っているのではと思います。

見どころとしては山崎賢人さんが足袋屋の後を継ぐことをにおわせる展開と、どうも彼と仲良くなりそうな可愛い従業員とのポッとするようなやり取りとかでしょうね。

悪役だと思っていた銀行員が彼なりに足袋屋を応援するような方向になっているのもいい感じ。

こんな感じで皆を巻き込んで上手くいくと良いんですがね。

先を知りたきゃ原作を読めば良いのでしょうか。

小藪さんが悪役を一生懸命やってますが、彼はブ男ではありますが悪役としてはどうかな。

憎らしくてたまらなくなる悪役ってちょっと違う気がします。

ピエール滝さんも悪役かなあ。

2人とも日頃面白い事を言って笑わせている人だから、なかなか役柄にこちらが入って行けないんですよ。


posted by 原田知篤 at 18:01 | Comment(0) | テレビ

2017年11月15日

今年の紅白の女性司会は昨年に続いて有村架純さんに決定

紅白の司会者を誰がやるかは毎年話題になります。

やはり年の締めくくりを誰で締めくくるかですから、大切です。

男性陣は嵐の二宮君で女性陣は有村架純さん、そして総合司会はウッチャンとなりました。

サッシーはダメでしたよ。

有村さんと渡辺直美さんで最後争ったらしいですが、強敵だナ。

サッシーが入り込むのも大変だ。

でもいつかやって欲しいです。

男性陣は山崎賢人さんでも福士蒼汰さんでもいいや。

紅白って私が子供の頃は確か視聴率80%位あったんです。

まあ力道山のプロレスとか月光仮面とかも少年達の視聴率は100%でしたからね。

ようするに他に何もなかったんです。

ネットも無いしスマホも無いしゲームも無い。

ディズニーランドも無いし、本当に何もなかったですね。

今は色々なものがあるけれど、紅白は視聴率が50%はあるのでものすごい事です。

今年は紅白面白いと良いなあ。

去年はちょっとグダグダでしたからねえ。

大晦日はやっぱり紅白を見ますね。

歌を聴きながらの年の瀬は一番安心します。

殴り合いを見ながらの大晦日は苦手です。


posted by 原田知篤 at 21:58 | Comment(0) | テレビ

2017年11月12日

イタリアの世界遺産 洞窟都市マテーラをやっています

日曜日の夕方6時はTBSでいつも世界遺産をやっています。

これが面白い。

しかしイタリアって面白いものが沢山あるなあ。

日本の世界遺産も色々あるけれど、性格が全く違う。

イタリアはベネチアみたいに海の上に都市を作ったり、洞窟に家を作ったり、海に落ちそうな崖に家を作ったり、結局日本と同様平地が少ないんでしょうね。

イギリスとかフランスなんて全部平野だもんね。

だからつまらない訳じゃないけれど、イタリアは観光地としては別格です。

日本も平地が少ないので色々景色的には見どころが沢山あるんでしょう。

高尾山の巨大杉並木なども、空気が乾燥したイタリアではありえない景色だから珍しいのでしょう。

南フランスとかも低木ばかりですからね。

でもテレビがデジタルになって充分行った気になるのは良いんでしょうか。

行きたい人は行くのかな。

どうせ行かない人達は行かないし。

ドンキの50型テレビでみたら迫力あるでしょうねえ。

5万円台で売っていたらしいですけど、安くなったよなあ。

昔、テレビが出始めの頃、ビクターの白黒テレビを父が6万円台で買った記憶が。

今の価値だととんでもない価格でしょうね。

確か普通の給料が1万円行かなかった時代です。

親父良く金あったなあ。


posted by 原田知篤 at 18:39 | Comment(0) | テレビ

2017年11月06日

TBSの日曜劇場「陸王」が面白かった

昨夜は「陸王」の3回目。

やっと光明が見えてきた展開。

視聴率も15%だったそうだ。

一回目の2時間スペシャルが14.7%、二回目が14%。

頑張っていますね。

これからある程度上がっていくのではないでしょうか。

何しろ、善悪がはっきりしすぎて、まるで時代劇です。

ただ、若手の人気俳優2人が頑張っては居るのだが、役所広司さんが凄すぎて。

役所さんみたいな実力派っていうのは凄いですね。

若手の2人も感じるものがあって育って行って欲しいものです。

年をとると衰えていくことが多いけれど、芝居の世界は完全に年功で価値があるようです。

また、来週が楽しみです。

銀行員や大手メーカーの上層部が極悪人として描かれているけれど、何の世界にもいそうですね。

全部があんなだったら日本も終わりだけれど、100人に1人位、弱い立場の人間に当たるやつが必ずいるんですよね。


posted by 原田知篤 at 12:48 | Comment(0) | テレビ