2018年04月25日

ヤツメウナギが食べたい

テレビでうなぎ屋の事をやっていたけれど、ヤツメウナギも同時に出していた。

ウナギとヤツメウナギは全くの別物。

ウナギの味はさすがに判るけれど、ヤツメウナギを食べた記憶がない。

いやこれは食べてみたいです。

ヤツメウナギはどんな味なのだろう。

ウツボとかも食べたことが無いし、世の中には結構色んな食べ物があるので、死ぬまでに1度は食べてみたいです。

アナゴとハモも味はわかるけど、ヤツメウナギは記憶にないです。

何処に行ったら食べられるか調べてみよう。


posted by 原田知篤 at 20:47 | Comment(0) | テレビ

2018年04月14日

松任谷由実さんとJUJUさんがミュージックフェアでデュエットをしていた

ミュージックフェアは音楽番組が減ってしまった現在、Mステとともに長く続いている貴重な番組です。

先週と今週はユーミンの特集で、今までのビデオやらを流したりしています。

今週はユーミンとJUJUさんのデュエットがありましたが、2人とも足が奇麗なんですよ。

奇麗な脚は好きですねえ。

ユーミンも何十年もトップと走り続けて、出した曲全部ヒットですからね。

枚数だけ売れたんじゃなくて、全部メロディーを覚えているんです。

すべての曲が浸透しているんです。

何だがユーミンとサザンだけは心の一番奥に来るんです。

感覚的なものではなくて、直接しみ込むんです。

僕だけじゃなくて、同じ感情の人が多いから、ずっと支持されているわけです。

大体、歌手って一発屋か二発屋です。

沢山ヒット曲を出していても、大御所でも代表曲は数曲が普通です。

でもこの2人は代表曲がどれがかよくわからない。

20曲以上ありそうだし。

本当に一度くらい民衆の心をあんなに操ってみたいよ。


posted by 原田知篤 at 22:48 | Comment(0) | テレビ

国産ワインと日本ワインの違い

今朝、国産ワインと日本ワインの違いをテレビで言っていた。

殆ど興味もない話だったけれど、国産は日本で作られたワインなのでブドウも日本産だと思っていました。

ところが、国産ワインとは優乳されたブドウや濃縮果汁を使って日本国内で作られたワインの事で、作ったのは日本でも原材料は外国産というわけです。

日本ワインは完全に日本産のブドウを使って日本で作られたもので、むしろ日本産のワインというのはあまり見かけません。

この日本ワインが最近人気だという話です。

ブドウは木の高さが低いのでサクランボとかに比べると収穫は楽そうですが、そうでもないのかな。

ブドウジュースは美味しいです。

ワインになると何で甘みが無くなるのでしょうか。

甘くない品種のブドウを使っている?


posted by 原田知篤 at 08:33 | Comment(0) | テレビ

2018年04月13日

タレントの藤田ニコルさんはハーフだった

「ダウンタウンなう」を見ていたらタレントの藤田ニコルさんが出ていた。

藤田ニコルさんは魅力的な人ではあるけれど、ハーフとは知らなかった。

ハーフっぽくないんです。

受け答えを見ていれば相当に頭の回転が速いのがわかるし、おバカキャラで売っているけれど、知識があるかないかだけで、反応の良さにはいつも感心します。

お父さんがロシアとポーランドのハーフだそうで、全然純日本人だと思っていました。

お母さんも電話で登場していたけれど、面白いのはお母さん譲りですね。

タレントさんは沢山いるので、その中から出てくる人は、やっぱりそれなりに魅力もオーラもあるんです。

何にも理由があると思いますが、理由も何もない不思議な事もあるんです。

今年のアサリの不漁も何か原因があるんでしょうか。


posted by 原田知篤 at 23:16 | Comment(0) | テレビ

2018年04月07日

外国人の好きな日本の料理のベストをやっている

日本を訪れている外国人の好きな日本料理のベストをやっています。

順位よりも、出てくる料理がどれも美味しそうで、夜食を食べない私はちょっと辛いですね。

特に、トンカツは美味しそうだったなあ。

3600円のトンカツなんて食べたこと無いな。

うどんも美味しそうです。

結局好きなものがやっぱり美味しそうなんです。

3位は何とカレーライス。

あのトロッとしたカレーは他ではないらしいです。

今日は昼食も夕食もカレーライスだったので、食べたくはないですが美味しそうです。

2位が寿司で、1位がラーメン。

このあたりは定番です。

しかし、あっという間に外国人観光客が増えました。

本当にあっという間です。

あっという間に増えたものは、油断をするとあっという間に居なくなりますので、慢心せずおもてなしをし続けなければいけません。

日本の観光地も絶好調で調子に乗ると、あっという間に他にお客さんは移ってしまうんです。

食い物の番組を見ていたけど終わっってチャンネルを回したら、ユーミンが嵐と番組をやっていました。

すぐに終わってしまって、食い物を見ている場合じゃなかったです。

残念。


posted by 原田知篤 at 22:31 | Comment(0) | テレビ

2018年04月02日

瀬戸内寂聴さんって95歳なんです

日本テレビの深イイ話で瀬戸内寂聴さんをやっていました。

95歳なのに頭が冴えています。

言葉がいちいち身に沁みます。

一言一言が人生に裏打ちされていて、あんなに言葉が入ってくるかな。

政治家の言葉とか「また適当なこと言って」と思われて誰も信じてないもんね。

小泉進次郎さんとかは話が入ってきやすいのはやっぱり、オーラなのかな。

瀬戸内さんには30歳だかの秘書の方が付いていて、最近テレビなどの出る機会が多くなったようです。

最近小説を出されたとかで、思わぬ売れ行きで話題なのだそうです。

それで、彼女への嫉妬からの悪口が耳に入る事も多くなり、そのことへの寂聴さんからの一言。

悪口を言われているのは、幸せと思われているから嫉妬されているので、今が幸福と思わなくてはなりません。

人生でチャンスはそんなにやってこないので、チャンスを逃さないようにしなければならないという話もグッときました。

チャンスと気づかないこともあるし、分かっているけど踏み出せないことも多いし、チャンスと思って食いついて失敗するのが怖いというのもあるのかも知れません。

どちらにしても自信があればやれるんだけれど、自信が無いと難しいんですよね。

だから、日ごろから何が起こっても良いように鍛錬をしておかなければならないんです。

というような事は年を取ってから分かった話で、若いうちは何にも判ってなかったなあ。


posted by 原田知篤 at 22:34 | Comment(0) | テレビ

2018年03月22日

エステー化学のミゲル君がすっかり大人になっていた

エステー化学の消臭力CMに少年時代に出て、素晴らしい歌声を披露していたポルトガルのミゲル君が、しばらく出てないなと思っていたら、最近すっかり立派な青年になって再び登場しました。

一瞬誰だかわかないくらい変わっていました。

少年時代はあっという間に過ぎるんですね。

本人にとっては少年時代はものすごく長いのですが、他人にとっては、ちょっと見ない間にすっかり大人になっていると感じるのが普通です。

特に外国人は見た目はすぐに大人になるので、錯覚します。

調べてみたらミゲル君19歳なんだそうで、錯覚じゃなくて完全な大人になっていました。

19歳にしては少し幼く見えるのは、子供時代に活躍している人にありがちな特徴でしょうか。

こうなったらミゲル君の成長とともに、ずっとミゲル君でCMやったら良いです。

そのつもりかも。


posted by 原田知篤 at 09:17 | Comment(0) | テレビ

2018年03月19日

テレビでハードオフの買取の様子をやっていた

今朝のテレビでハードオフの買取の様子をやっていました。

色々なものを買い取っていましたが、邪魔だから持ってきたのだろうし、値段もあってないようなもの。

買い取っても売れるかなというものもありましたが、ちょっと首をかしげたのはビデオカメラ。

買えば普通に数万円はすると思うのですが、電源のチャックが出来ないという事で、買取価格は100円。

カメラ単体でなく、電源コードなどもあればもう少し値段が付くのでしょうか。

売るときに、まさか1万円とかは付けないよね。

でも赤ちゃんとかいたのに何でビデオカメラ売ろうと思ったんだろう。

新しいカメラを買ったのでしょうか。

でも100円は疑問ですねえ。

壊れていれば0円だろうし。

動けば2000円位は付くと思うんですがね。

やっぱり動くかどうかのチャックは必要だから、チェックが出来ない場合は100円でも仕方ないのでしょうか。


posted by 原田知篤 at 22:43 | Comment(0) | テレビ

2018年03月10日

「のどじまんザワールド」をやっています

各国の日本の歌の上手い人を集めて放送している「のどじまんザワールド」をやっています。

今回は過去の優勝者大会で、ウーン、さすがにとんでもなく皆さん上手いです。

今のところキルギスの代表が500点満点を出しているので、後が点数が出にくいですね。

すごく上手い人たちは居るんですが、498とか497とか。

500が出てしまうと後が難しい。

それにしても、キルギスの女性が歌っている後ろで、おじさんが吹いていたオカリナみたいな楽器。

とんでもない良い音でした。

懐かしいような、誰もが一度に心を持って行かれてしまいました。

あの笛で500点が出たんではないでしょうかね。

歌は497点くらいの感じでした。

こういうのを聞くと、東京オリンピック開会式でAKBとかやっちゃいけないんでしょうか。

日本的で良いと思うけど、世界ではわかってもらえないかもね。


posted by 原田知篤 at 20:45 | Comment(0) | テレビ

2018年03月03日

片平なぎささんが良い感じ

テレビ朝日は午後の時間帯に相棒やら科捜研の女やら人気ドラマの再放送をしています。

フジテレビは、再放送できるような、刑事ものの人気シリーズが見当たらないのですが、土曜の午後にやっている片平なぎささんの「赤い霊柩車」は良いですね。

片平なぎささんの当たり役だし、脇も大村崑さんや山村紅葉さんががっちりかためて、盤石です。

神田正輝さんとの永遠のフィアンセの設定も無理の様で、何となく受け入れてしまいます。

片平さんはドラマの中で最高に光るタイプと思います。

バラエティにはあまり出られませんが、たまに出ると、ちょっとぶりっ子タイプで年齢的に痛い印象もあるので、本人も周囲も分かっていて、あまり出ないんでしょう。

まあ、はっきり言えば、バラエティで見る片平なぎささんはドラマの中の彼女とは別人の印象でした。

逆に言えば、やはり女優として超一流なんでしょう。

腕があるんです。

ドラマの中の彼女は好きですね。

芝居がうまいというのは一番の魅力だし武器だしね。


posted by 原田知篤 at 16:04 | Comment(0) | テレビ