2018年03月11日

ネコの便秘を解消しました

ネコが何度もトイレに行くのですが、中々ウンチが出ません。

口からも吐いたりしているので、これは完全に糞詰まりです。

トイレの最中に見てみると、ウンチの一部が見えるのですが、出てきません。

硬いのか固まって大きな塊になっているのかです。

P1330458.jpg
ネコも年を取ってきたのでいきむ力も弱くなったのでしょう。

そこで、トイレットペーパーで回りの肉というか皮というかごと掴んで、マヨネーズの最後を絞り出す要領で引っ張ったら簡単にウンチが出てきました。

塊が出れば、続きも1個でしたが簡単に自分で出しました。

というわけで猫ちゃんも気分が良くなって、いつもの元気な猫に戻りました。

糞詰まりは猫にはきついです。

こんなに簡単に引っ張れるのなら、次回からは糞詰まりの時には苦労する前にやってやろうと思います。

猫医学的に良いのか悪いのかは分かりませんが、出ないで苦しんでいるのは見ていて可愛そうなので、ウンチが出れば元気になるのは分かっていたし、良かった良かったという事で。


posted by 原田知篤 at 09:42 | Comment(0) | ネコ

2018年03月05日

猫の爪とぎを交換

猫の爪とぎが減ってきたので、本日交換しました。

爪とぎにはマタタビの粉末が付いているんですが、これが効くんですよ。

マタタビの粉を爪とぎの下に入れておくと、狂ったようにゴロニャンします。

ライオンとかの大型のネコ科の動物でもマタタビは強力な効き目があると、テレビでも実験していました。

ライオンがマタタビの葉で、ゴロゴロ始めます。

このマタタビの粉を猫が沢山いるところで撒いたらどうなるかやってみたいです。

江の島で撒いてみようかな。

人間も瞬間でフニャっとなってしまう葉っぱがあるかも知れません。

いけない薬はあるけれど、マタタビみたいに瞬間で効果があって無害なものって、どこかにありそうですが、有史以来あったら誰か見つけている気もします。


posted by 原田知篤 at 20:47 | Comment(0) | ネコ

2018年03月03日

大杉漣さんは愛猫家だった

先日亡くなった大杉漣さんは愛猫家として有名だった。

愛犬もいて、両方を愛していたようです。

その愛犬も愛猫も大杉さんが居なくなって寂しいともいます。

テレビのアナウンサーが愛犬はもちろん「あいけん」と読んでいましたが、愛猫の方は「あいねこ」と読んでいました。

愛猫の読み方は難しいです。

「あいびょう」という言い方も全然一般的ではないし、「あいねこ」もしっくりきません。

調べてみると正式には「あいびょう」だそうです。

辞書にもそう載っていますし、問題として出たら正解は「あいびょう」。

ただ、全然一般的ではないです。

むしろ「まなねこ」とか、「らぶねこ」と読む人もいるらしいです。

その方が判りやすいし、いっその事「まなねこ」に決定してもらった方がしっくりきます。

正解が「あいびょう」でもまったく浸透してないし、誰も使わない。

「まなねこ」が愛娘(まなむすめ)みたいで良いな。


posted by 原田知篤 at 12:46 | Comment(0) | ネコ

2018年02月23日

ペットから感染

犬や猫から感染する病気が報道されることが増えました。

殆どは宝くじよりもはるかに確率の低い病気で、本当にたまたま運が悪かったねというような、まれなものばかりです。

明らかに不潔にしていればペットでなくても病気になりますから、普通にペットに接していれば問題ない話ばかりと思います。

感染を防ぐにはという結論で、ペットとキスや口移しはしないとか、一緒に寝ないとか、ペットを触った後は手を洗うなど、もはやペットとは言えない注意事項があって、そんな事出来るはずもありません。

口移しはともかく、一緒に寝ないなんてペットを飼う意味が無いです。

一緒に寝るのが一番癒される時間なので、ありえませんね。

ペットを触るたびに手を洗うなんて、逆に欧米人の握手の方がトイレで手を洗わない人間も多いし問題なのではと思います。

糞や尿は速やかに処理をして清潔にというのは、まあ分かりますけれどね。

ペットを小さい時から飼っていた子供の方がアレルギーになりにくいという調査結果もあるそうですし、あまり清潔にすると免疫が弱るというのも正しいのでしょう。

うちの猫はおでこやら舐めまくりますけど、特に体調に変化は無いです。

あまり清潔に清潔にと言い始めると、世の中には色々な菌やらカビやら昆虫が飛び回っているわけで、人間だけじゃ生きられないという事の方を知らせたほうが良いんじゃないかなあと思いますよ。


posted by 原田知篤 at 10:53 | Comment(0) | ネコ

昨日は猫の日だったそうだ

猫ニャンニャンで2月22日は猫の日なんだそうだ。

確かニュースで東京の谷中の方で猫の催しをやっていると言っていました。

昨年は協賛店は3店だけだったそうですが、今年は11店舗が参加とか。

猫のグッズをもって入るのがルールらしいのですが、猫関連のスイーツや食べ物が出てくるらしいです。

お店としては売り上げが伸びれば良いわけで、猫にひっかけた献立を考えるのが大変かもしれませんが、見ているほうや行くほうは楽しいです。

猫は車のエンジンルームなどに入って暖をとる事が多いらしく、JAFによると1ヶ月で19件のトラブルがあったそうです。

車を出すときにはボンネットを優しくバンバンすると猫が出てくるので、そうするようにとのお願いがありました。

最近は野良猫もめっきり減って寂しいです。

外を歩いているのは皆栄養のいい飼い猫が多く、それも外だと危険も多いので、室内飼が増えました。

海や川に近づくにつれて野良ネコも増えていきます。

地域猫のようにみんなで面倒を見ている場所は、住民の心も豊かで住みやすい良い場所なんですよね。

人間以外は居なくても良いというような場所には住みたくないな。


posted by 原田知篤 at 10:30 | Comment(0) | ネコ

2018年02月03日

猫が何度も吐いてトイレに何回も行くけれど出ない

猫がたびたびトイレでチャレンジするけれど何も出ません。

ウンチはしているけれど、残っているのかな。

そのうちに、何度も吐き始めました。

これは困った。

ともかく見守るしかありません。

そしてしばらく経ったころ、砂をかき始めました。

出たようです。

見ると、ひときわ大きいウンチです。

詰まっていたんですね。

可哀そうに。

人間はだいたい自分でわかるけど、猫は何も言わないので心配です。

大体、ウンチが詰まると吐くのは猫にありがちなので、予想はしていましたが実際に見ていると可哀そうで、ちょっと頻度が高かったしね。

まあ、出るものが出たのでいつもの押し入れの上に行って寝ています。


posted by 原田知篤 at 00:03 | Comment(0) | ネコ

2017年12月23日

ついに猫の飼育頭数が犬を上回る

昨年末の発表では犬の飼育頭数に殆ど迫っていたものの、わずかに及ばなかった猫ですが遂に犬の飼育頭数を60万匹もあっさり上回りました。

ともかく完全に都会の住宅事情とか人間側の老齢化が影響しているんでしょう。

本当に都会では犬の散歩を見なくなりました。

散歩の必要のない小型犬も増えているんでしょうが、犬を何匹もつれて散歩している人たちにもステータス感は感じられないし、誰も羨ましくも思いませんからね。

昔は経済的にも精神的にも余裕がある印象を与えてそれなりに羨望の目もあって、犬友達も出来るしそれなりに意義はあったのでしょうが、今はね。

今のステータスって何だろう。

車とか犬とかはもう過去のものだし、家も「馬鹿な人間が立派な家に住んでいても、やっぱり馬鹿だ」などと書いてある本が売れているらしいし、今は昔ほどではないのかも。

記憶力勝負の学歴も人工知能の発展でステータスではなくなりそうだし、人間は何にプライドを持てばいいのでしょうかね。

足が長いとかスタイルがいいというのは良いですが、何かが秀でるとそれに頼って他がおろそかになるという人間の本質もあって、うまく成長するのはむつかしい。

子供の頃は放し飼いで犬を飼っていて可愛かったですけどね。

今はネコ一辺倒です。

犬は無理だな。

散歩のほか生理的なしつけも大変だし、割と病気になるし吠えるし噛むし。

昔は放し飼いですからね。

だからよその犬に噛まれることもありましたね。

そんな時代もありました。戻りたくはないけど。


posted by 原田知篤 at 09:04 | Comment(0) | ネコ

2017年12月05日

ネコちゃんの健康診断

今朝の新聞にネコの記事が出ていました。

「尿量増加に注意 ネコの腎臓病」のタイトルです。

実は家のネコが尿の量が多く心配になり、動物病院に健康診断に行ってきました。

血液検査をしてもらい、大体正常値に収まっているとの診断で一安心。

一部少し正常値を出ているものがあったので、来年再度検査して結果を見る事になりました。

ネコは具合が悪くても症状を隠す傾向があり、飼い主に見栄を張ると言われています。

野生を失っていないので、自然界では肉食動物はエサが取れなくなる時が寿命ですから、元気に見せているのかなという気もします。

仲間に対してなのかも知れません。

病気自慢をしあう人間とは根性が違います。

仲間同士でも絶対に弱音ははいていないと思います。

生まれ変わったら猫になりたいという人は多いけれど、ネコはネコで大変そうです。

弱音を吐いたり泣いたりするのが人間なんですね。


posted by 原田知篤 at 13:56 | Comment(0) | ネコ

2017年11月04日

肉中まで黒いクロネコは100匹に1匹

テレビでアニメのタイムポカンを見ていると今日は夏目漱石の話でした。

そして名作「吾輩は猫である」のモデルになった黒猫の話になり、肉球まで黒い黒猫は100匹に1匹程で非常に珍しく神の使いとして大切に扱われていたとの話になった。

もちろんギャグアニメの話なので真偽の程は確かではありませんが、家の黒猫も肉球が黒っぽかった気がしたので調べてみました。

P1330200.jpg
結構4本ともに黒っぽいですが、茶色かな。

肉球に白い模様が入っている黒猫は多いけれど、家のネコの肉球には模様はありません。

これを全部黒といって良いものかどうか、100匹に1匹なら違うかな。

100分の一だと可能性は低いですが、大切な愛猫なので神様の使いと思うのも悪く無いですね。

何だか猫の出演やたら最近多いし、どこのネコも大切に扱われていれば良いんですけどね。


posted by 原田知篤 at 18:02 | Comment(0) | ネコ

2017年11月02日

天気が良くてネコが気持ちよさそう

明日は少し天気が下るらしいのですが、今日は朝から太陽が出て良い天気。

11月にしては朝から非常に暖かい。

P1330194.jpg
窓際の日差しの下で黒猫がリラックスしております。

我が家のクロネコとは関係ありませんが、クロネコヤマトも送料の値上げで、配送数が減って収支が改善され、ドライバーの負担も軽減される筈ですが、配送される側から見ると今迄が気のどくな位でした。

通販会社数百社とは値上げ交渉が決裂して契約が終わるらしいですが、代わりの配送会社見つかるのかな。

ドライバーの数の問題だから、ある程度の報酬を保証しないとドライバーも集まらないだろうし、そうすれば何処でもあまり安い送料では引き受けられなくなります。

首都圏一都三県に限るとかすれば、そうとう安い値段でも引き受けられるんでしょうがねえ。

再配達もどこかの国は追加料金を取ってましたね。

それが当たり前なんだろうけど、過剰なサービスで発展してきた国ですからね。

我家なんかいつも誰かいるので、宅配便には優しい家だと思うけど、何回も再配達する人と同じ料金なんですよねえ。

あちらを高くするかこちらを安くしてもらえると公平感が出るかな。


posted by 原田知篤 at 10:08 | Comment(0) | ネコ