2017年09月24日

海の公園に新作の貝網を浮かべてみました

中々ちゃんと浮かんでくれない貝網ですが、新たに軽い網を付け直した新作を海の公園の海に浮かべてみました。

P1330055.jpg
沖からの波にも負けず、しっかり浮かんでいます。

これなら、アサリを入れてもちゃんと下まで落ちてくれそうです。

そして網が底に沈んで行方不明になる事もないでしょう。

という訳で、貝の網は完成しました。

今日はお墓詣りの帰りですので殺生はしません。

網の具合を試しただけでアサリは獲りません。

網の完成を確認して帰路につきました。


posted by 原田知篤 at 17:45 | Comment(0) | 潮干狩り

2017年09月23日

アサリを入れる網を作ってみました

横浜海の公園は完全には潮が引かず、水がある状態でのアサリ獲りになるので、アサリを入れる網もそれなりの物が使いやすいのです。

アサリを掘ると海水が濁るので網が沈まないように常に片手で持っている必要があります。

2017_09_19_03.jpg
そこで、海水の上に網の口が浮かぶタイプだと圧倒的に使いやすくなります。

口がしっかり浮いているとアサリを入れたときスムーズに落ちてくれます。

もう少し口が大きいと投げても入るので良いかなと、探してみました。

そして釣りのスカリをヤフオクで入手。

2017_09_21_01.jpg
思っていた以上に長いスカリが到着しました。左の2つは現在使用中の貝網です。

黄色の細長いスカリを半分に切って、2つのスカリを作る事にしました。

2017_09_21_02.jpg
そして完成後、海で実際に使って見ると、ややや、沈んで行きます。

スカリ用の網なので網そのものが少し重く出来ているらしい。

スカリは沈まないと魚が死んでしまうので仕方ありません。

2017_09_21_03.jpg
仕方なく釣具屋で軽そうな網を買ってきて、張り替えました。

網の貼り方がだんだん上達してきて、売り物になりそうです。

明日はお墓参りの帰りに海の公園に寄って、網を浮かべてみます。

お風呂じゃダメなんです。

海水じゃ無いと微妙な浮き加減は判りません。

この1個の貝網を作るのに、何だかんだ結構かかりましたよ。

潮干狩り場で500円で売っている網とあんまり違わないな。


posted by 原田知篤 at 18:58 | Comment(0) | 潮干狩り

2017年09月19日

海の公園に潮干狩りに行ってきました

今日は最高の天気と最高の潮時。

海の公園に潮干狩りに行ってきました。

アサリは少なかったのですが、アサリの天敵どもをGETして来ました。

2017_09_19_07.jpg
アサリの天敵3兄弟たちです。

内訳はアカニシ10個、ツメタガイ1個、ヒトデ3個。

今年はアカニシを沢山捕まえました。

多いので記念に殻を全部とってあります。

2017_09_19_12.jpg
これが今年のアサリの天敵の殻です。

中身は美味しく食べてしまいました。

潮干狩りもバラエティに富んできたと思うべきか。

ともかく今日はアサリの敵を退治してきました。

史上最強の潮干狩り超人


posted by 原田知篤 at 19:50 | Comment(0) | 潮干狩り

2017年09月05日

海の公園に潮干狩りに行ってきました

9月に入りましたが、今日は気温が上がりそうなので、横浜海の公園に潮干狩りに行ってきました。

2017_09_05_13.jpg
今日は完全にプライベートビーチ状態です。いつもだと寂しいのですが、こんな日もアリかな。

2017_09_05_25.jpg
アサリの収穫はやはりだんだん減ってきて、本日は634g。2sがリミットですので3倍以上獲れるわけです。

一応アサリとして持って帰れる大きさだけを選んだのでこんな感じです。

シジミでは無いので、あくまでアサリにこだわります。

今日もアカニシは沢山いて8個を捕獲。他にもう一つのアサリの天敵ツメタガイも大型を一個捕獲です。

2017_09_05_31.jpg
アカニシには例のごとくシマメノウフネガイが沢山取り付いています。アカニシの上に親シマメノウフネガイ、親シマメノウフネガイの上に子シマメノウフネガイ、孫まで居ますね。

アサリの天敵家業も大変です。

2017_09_05_56.jpg
アカニシとツメタガイは結局こんな事になりました。

歯が悪い人は食べられませんが、美味しいですよ。

史上最強の潮干狩り超人


posted by 原田知篤 at 21:51 | Comment(0) | 潮干狩り

2017年08月26日

アサリの天敵に鬱陶しい奴が寄生

アカニシはアサリを食べる、アサリの天敵です。

アカニシも生きるためにやっている事なので、罪は無いのですが人間からするとターゲットが競合します。

アカニシも美味しいので獲ったら逃がさないようにして、必ず持ち帰り食べるようにしています。

2017_08_20_15.jpg
海の公園のアカニシですが、最近特に小さな貝がアカニシの殻に沢山付くようになりました。

これはシマメノウフネガイという外来種の貝で凸凹のあるアカニシとかサザエとかの殻に取り付きます。

取り付く数が増えると、親亀の上に子亀状態で本体は何処だ状態になります。

こうなると、本体が成長できなくなるのでえらい迷惑です。

アサリには取り付かないのがせめてもの幸いと思わなくては。

史上最強の潮干狩り超人


posted by 原田知篤 at 18:17 | Comment(0) | 潮干狩り

2017年08月25日

アサリの砂抜き用の網が遂に壊れる

アサリの砂抜き専用に使っていた、食器洗い用の網とトレイの網の方が遂に壊れました。

10年以上使っているし、アサリを沢山入れてガサガサやるので、重みはかかっていたと思います。

P1320790.jpg
アサリを入れたまま持ち上げたところパキっと割れました。

下のトレイとサイズが合えば網だけを変えればいいと思ったのだが、100円ショップに行ってみると、形態が変わっていました。

P1320794.jpg
新しいものは角が尖って長方形に近くなりました。

網の形状はアサリが吐いた砂が落ちやすくなっている気がします。

ああ、早く新しいトレイで砂を抜きたいですよ。

全体に少し重くなっているので、少し丈夫になったみたいです。

多分。

色が白しか無くなっているのは残念ですね。

100円ショップの場所によっては、他の色もあるのかも。

今度川崎のメガショップに行ってみよう。

史上最強の潮干狩り超人


posted by 原田知篤 at 17:33 | Comment(0) | 潮干狩り

2017年08月24日

千葉の江川潮干狩り場は渡し船でポイントまで行ける

千葉にある江川潮干狩り場は入り口から実際にアサリを掘るポイントまでが遠く、歩いても行けますが渡し船でも行けます。

2017_04_29_24.jpg
船が出る日と時間はある程度決まっていて何時でもという訳ではありません。

沖までの水路が出来ていて潮干狩りポイントの船着き場は一定以上潮が引かないと現れません。

2017_04_29_25.jpg
最近は水路に砂が溜まってきて、潮が引き過ぎると水深が浅くなりすぎて運航出来なくなります。

結構、潮の上下幅が狭まってきて近い将来浚渫(しゅんせつ)しないと船が通れなくなるかも知れません。

川でも海でも通る船が大きくなるほど浚渫は大変なんです。

何でも溜るんですよ。

排水管でも耳垢でも邪魔なものが。

史上最強の潮干狩り超人


posted by 原田知篤 at 22:48 | Comment(0) | 潮干狩り

2017年08月23日

今日のお昼ご飯はボンゴレだよ

今日のお昼ご飯は、昨日獲ってきたアサリでボンゴレを作りました。

オリーブ油を多めにして、ニンニクと玉ねぎを炒めます。

塩を少々で味付け。

アサリを入れて口を開かせます。

アサリの口が開いたら、茹でておいたスパゲッティを入れて軽く混ぜ合わせます。

P1320779.JPG
お皿にもってコショウを軽くかけて完成。

アサリの美味しさは特別ですが、ニンニク、玉ねぎ、オリーブ油、コショウ、全部アサリと相性の良いものばかり。

最高に美味しかったです。

スパゲティを茹ですぎて、少し余ったので夜のオードブルにというか、結構お腹が太りそうです。

残りのアサリは冷凍しましたので、また楽しめます。

冷凍も2か月が限度かな。

家の冷蔵庫だと2か月を過ぎると何故か口を開かなくなるんです。

何時までも口を開いてくれれば1年でも冷凍出来るんデうけどね。

業務用のやつは長く持つみたいです。

最近の冷蔵とですごく温度の低いのが出ています。

これだとマグロの冷凍も何年でも傷まずに保存できるらしいですが。

電気が止まらなければという条件付きです。

何が起きるか判らない世の中だし、停電もあるかも知れませんね。

史上最強の潮干狩り超人


posted by 原田知篤 at 12:20 | Comment(0) | 潮干狩り

2017年08月22日

今年はアカニシがやたら多い

海の公園にはもともと少しはアカニシがいましたが、結構レアな存在で時々見つかる程度でした。

それが今年は多いいのです。

潮干狩りに行くたびに見つかるので、集めてみる事にしました。

P1320777.jpg
今年今迄に獲ったアカニシですが、まだまだ増えそうです。

今は、小型が多いのですがアカニシは獲らずに順調に育てばサザエ並みになります。

アカニシはアサリを食べる巻貝で、潮干狩り的には有難くない存在ですので、あまり増えると非常に困ります。

小型の貝が多いと言う事はこれから成長するわけで、多分まだ見つからない予備軍の赤ちゃんアカニシも居るはずです。

ヒトデも今年は結構見つかります。

ヒトデもアサリの大敵なので、食べられませんが駆除かな。

獲ったら砂浜で日干しの刑かな。

ゴミになるからゴミ箱行きかな。

食べられれば持って帰るのだけど、何の役にも立たないって本当に困った生物です。

アサリの天敵の中でもタコだったら嬉々として持って帰るのですけどね。

タコとかイカも海の公園には最近いるんですよ。

子供だけど。

史上最強の潮干狩り超人


posted by 原田知篤 at 19:37 | Comment(0) | 潮干狩り

2017年08月20日

今日獲ったアサリでアサリご飯を作りました

今日海の公園で獲ってきたアサリを砂出しし、塩出しもしてアサリご飯を作りました。

アサリの砂出しは4時間程でいつもよりは時間は長くやりました。

砂出し時の室温が左程高く無いので4時間程砂出しをやりました。

その後、水から上げて30分程海水を吐かせます。

良くアサリを洗って酒蒸しし、口が開いたら身を取り出して殻を捨てます。

身と出しにコンブつゆを加えてアサリに味付けをしたのちアサリを取り出して出汁を取っておきます。

ショウガと出汁を加えてご飯を炊き、炊き上がったらアサリを加えて混ぜ合わせます。

針ショウガがあれば、振りかけると美味しいです。

P1320769.jpg
写真を撮るのを忘れていたので、お鍋を写します。

インスタ映えしませんね。

味の方は最高の味ですよ。

何しろお米3号に今日獲ったアサリを全部投入しましたので、超豪華なアサリご飯です。

アサリを入れすぎた時に出る、わずかな苦みが、また良いですよ。

アサリはやはり最高の御馳走です。

史上最強の潮干狩り超人


posted by 原田知篤 at 20:29 | Comment(0) | 潮干狩り