2017年07月22日

結婚する前に相手の子供時代の写真を見ておくようにだって

出張撮影サービスの「ピクスタ」が調査したところによると、交際相手の子供時代の写真を見ると結婚に安心感が持てるという。

子供時代から思春期は人格が形成される時期であり、親兄弟などとの写真の表情で家族関係の大体が判るという。

逆に、昔の写真をかたくなに見せない場合は、何か家族や他の人との間にトラウマを抱えるようなことがあったか、整形なども考えられるし、結婚してから色々と問題点が出てくる場合が多いようだ。

結婚すれば、ある程度は本心をさらさなければいけないので、闇を抱えている相手は精神も不安定になりやすいし、対人関係でも問題が出やすい。

昔の写真が無い場合は今の写真で判るらしい。

ブランド品に身を包んでいたり、やたら満艦飾の友人に囲まれているような写真は問題があるそうです。

ブランド品にこだわるのは本人に自信がないタイプで、武装しないと前に出れないタイプ。

見栄っ張りや浪費家もこのタイプだそうで、本当の金持ちは大体がシブチン。

自分に自信がある人はブランドにはあまり興味が無いので、普通の恰好をしている。

親だけに限らず沢山の愛情を受けて育つというのは何物にも代えがたい大切な事なのだろう。

やはり家庭環境が大切と言う事か。


posted by 原田知篤 at 09:03 | Comment(0) | 日記

2017年07月17日

消防自動車が集結していた

P1320096.jpg
消防署に消防自動車が集結していた。

消防署なので消防自動車がいるのは普通なのだけれど、カランカランやらウーウー鳴らしながら走っていたので、何かあった後の反省会でもしているのでしょうか。

消防署は近いけれど、近くで火事が起きたらすぐ来てくれるのかな。

本部に連絡が入って、そこから指令が来るんじゃなかったかな。

消防署が近いというだけでは火事が見えても飛んでくるという訳にはいかないのでしょうかね。

消防署は暇な方が良いのですが、暇といってもいつ呼ばれるか分からない暇なので、精神衛生上は悪いでしょうね。

ゆっくりトイレも行けないし、ゆっくり食事も出来ないし、大変な職業です。

特に救急車は要請が多いので大変です。

救急車は将来はアメリカみたいに有料になるでしょうね。

ヘリコプターの山岳救助なんて、絶対有料にするべきです。

毎週世話になっている年寄り登山家がいたという話がありますから。

あれっ、あんた先週も助けた、というのが実際にあったらしいですから。

携帯をみんな持っているので、疲れて動けなくなると呼んじゃうみたいです。

助けに来てくれるからと、無理を平気でするものも居るらしい。

回数でどんどん加算していけば良いんです。

人生で2度もヘリで救助なんて経験することは普通ありえませんから、初回1万円位で、後は倍々で良いんじゃないでしょうか。

自分は登山なんて疲れる事はしないので、どんどんやっていいと思います。


posted by 原田知篤 at 19:22 | Comment(0) | 日記

トンビはとてつもなく目が良い

またやられてしまいました。

トンビにお昼ご飯を取られました。

トンビは必ず後ろから来るの柱の横で食事をするとトンビが降りてこられません。

後ろに木があるので大丈夫と思ったのですが、真上から来てパンをあっという間に掴み前に飛んでいきました。

自転車があると目の前に止めておくと、前に逃げられないので、まず降りてきません。

トンビに何度もご飯を盗られた経験上の教訓です。

真上から来るのは想定しなかったなあ。

これだけご飯を盗られても実はトンビの爪で怪我をした事は一度も無いんですよ。

トンビはご飯は盗るけれど、人間には友好的で爪を立てたりはしません。

怪我をした人もいるらしいけど、急に手を動かしたりしたんじゃ無いでしょうか。

私が盗られたのはサンドイッチですが、トンビの大好物は鳥の唐揚げです。

これが盗られると人間は辛いですが、トンビは狂喜します。

唐揚げはお弁当にはつきものなので狙われるんですよ。

テントの中ならまず大丈夫ですが、テントのすぐ横でもトンビは降りて来づらくなります。

結構注意はしているんですが、人間も何度でも盗られますよね。

反省もしているんですけどね。

帽子の後ろ側に目のマークでも付けておくとトンビも降りてこられないんじゃないでしょうか。

慣れたらダメだろうけど。


posted by 原田知篤 at 15:20 | Comment(0) | 日記

電気の無駄使い

P1320089.jpg
鶴見川に大きなテレビ画面があって、ずっとビデオが流れ続けている。

新宿のスタジオアルタ前なら見る人も多いので垂れ流しも分からないではないけれど、鶴見川の土手では見る人が1日に何人いるのだろう。

道路は護岸の下なので運転席の高いトラックなら見えるかな。

パチンコ屋の宣伝なんですが、本当に電気代の無駄というべきか、電気代なんて問題ないくらい儲かっているのか。

屋外の明るさをものともしない明るさで新台の宣伝をしています。

でも、パチンコ屋って広大な土地に巨大な建物を建てて商売をしていますよね。

固定資産税か家賃か電気代だけでも大変な金額だろうに、それでも儲けが出ると言う事は入れただけ球は絶対出てきません。

まあ、儲かるという事は無いんですね。

玉が出たときの記憶だけが残って、飲み込まれた数倍の記憶は思い出さない事にしているのかな。

どうも、それが違うらしいんですよ。

何で読んだかな。

負けて負けて、地獄の釜の淵に身を置く快感のようなものがあるらしくて、勝つと快感はさほど無いらしいんです。

やっぱり病気じゃないかなあ。


posted by 原田知篤 at 15:00 | Comment(0) | 日記

2017年07月16日

三ッ池公園のスイレンの花

三ッ池公園のスイレンの花が咲いているかと、見に行ってきました。

花が咲くのは午前中だけとの事ですので、朝9時半に到着。

スイレンがあるのは3つの池のうち上の池。

DSC_0311.jpg
こんな感じでスイレンが繁茂しています。

池一面になると絶景でしょうね。

DSC_0292.jpg
肝心のスイレンの花の方はポツポツです。

ちょっとスイレン自体が若いせいか花の数は少ないです。

もう少したつと花が増えますかね。

DSC_0296.jpg
ウシガエルの鳴き声が聞こえるので見てみると、ハスの花の横にウシガエルがいました。

DSC_0304a.jpg
ウシガエルを正面から見たところ。ガンつけてます。

今日は外来種駆除運動の一環としてザリガニ釣り大会をやっていました。

見ている間に釣れていたので、まだ相当数いるのでしょう。

スイレンのためにもザリガニは退治しなければ。


posted by 原田知篤 at 11:05 | Comment(0) | 日記

2017年07月15日

小田原市の松永記念館のスイレンが午前中だけ咲いているという

小田原にある松永記念館の池のスイレンが咲いているという。

小田原か。

スイレンだけ見るに行くにはちょっと遠いかな。

でも小田原で咲いていると言う事は、近所の三ッ池公園でも咲いていそうなものです。

午前中だけしか咲いていないのは同じだろうから、行ってみよう。

三渓園にはスイレンあったかな。

無かったかな。

アカミミガメが沢山いるので、アレがいると茎を食べちゃうらしいし。

あと、ブルーギルも芽が出るとすぐ食べるらしいんですよね。

外来種共、ロクな事しないな。

スイレンとかハスとか水の上に浮かぶ葉や花には特別の郷愁があります。

田舎の堤に沢山咲いていて、子供時代の目に焼き付いているんですよね。

明日にでも朝行ってみよう。

きっとスイレンの花が咲いていると思います。

小田原が咲いているのなら横浜も咲いている。


posted by 原田知篤 at 15:19 | Comment(0) | 日記

暑中見舞いなんて出す人いるの

年賀状も減り続けているご時世に、暑中見舞いなんて出す人がいるのかと思いますが、やはり減っているんですね。

日本郵便によると89年と93年が一番多くて3億4千万枚だったそう。

で、今年の発行枚数は2億1270万枚とのこと。

発行枚数はそうでも、実際に出される枚数はどの位でしょうかね。

年賀状もそうだけれど、半減なんてもんじゃない気がしますけど。

一般的なハガキなんて自分は10分の1もあるかな。

必要な事は全部メールで済むしね。

業者のご挨拶とダイレクトメール替わりに使われているくらいじゃないかな。

抽選番号が付いているので捨てられにくいというのも、使われる理由なんでしょうが、一般には出さないですね。

明治時代に始まった郵便制度ですが、完全な曲がり角に来ています。

朝日新聞の1697人への調べでは、暑中見舞いを出す人が18%、出さない人が82%。

うーん、18%もいるのか。

でもその人たちがもっと年をとって出せなくなったら、誰も出さなる日も来るかもと思うと大変です。

郵便局もえらい事ですね。


posted by 原田知篤 at 10:52 | Comment(0) | 日記

2017年07月14日

シーサイドラインの新杉田駅が幸野ゆりあ祭り状態に

シーサイドラインの新杉田駅のホームがシーサイドライン・プロモーションガールの幸野ゆりあさんのポスターだらけで、何枚あるか数えてみました。

shinsugita_003.jpg
暇だね。

改札外も含めて幸野ゆりあさんの顔が載っているポスターを駅員さんのけげんな顔つきの中、ぐるっと数えて回りましたよ。

shinsugita_002.jpg
ハイ、全部で68枚でした。

作るのも貼るのも殆ど根性です。

そのうち、ゆりあ記念花火でも上がりそうな勢いです。

私も幸野ゆりあさんとは先日ワークショップを4回一緒にやった仲ですので、強力に応援しております。

DDH-RZ9UMAEaanm.jpg
2ショットも撮ってもらったよ。良いだろ〜。

P1320078.jpg
数日前には結構赤かった八景島の赤潮の海も、強風のせいかすっかり平常の海に近づいていました。

そういえば、今掲載中の朝日新聞各駅停話によると海の公園の海水浴客は随分減っているんですね。

うーん。海の家のかき氷とかホットドッグとかが無いからかな。

夏でも潮干狩りは出来るので、お土産の出来る海水浴場という方向で行こう。

史上最強の潮干狩り超人


posted by 原田知篤 at 21:02 | Comment(0) | 日記

2017年07月07日

ダイアン・レインが新聞に載っていた

ダイアン・レインといえばかつてコットン・クラブに出ていた名子役。

子役上りは大成しないと言われるけれど、ジョディ・フォスターも子役上りだしね。

身長は伸びない傾向はあるけれど、大成しないは人それぞれな気がします。

背が伸びないケースが多いのでどちらかというと女性の方が有利かも知れません。

sのダイアン・レインも今年52才だそうで、あまりの月日の経つのの早さに愕然とします。

ダイアン・レインは若い頃、日本のCMに随分長く出ていて可愛いので人気もありました。

出演作品にあまり恵まれた印象が無く、その後どうしたのかと思っておりました。

新聞で見る限り、美しさは圧倒的。52歳とはとても思えません。

最近はスーパーマンのお母さん役をやっているそうで、見ていないのでまったく知りませんでした。

やはりコットンクラブの厚化粧した女の子のイメージが強すぎて、本人も切り替えるのが結構大変だったんじゃないでしょうか。

女優さんは特に美しく年をとるのは大変だと思います。

安定した職業じゃ無いし、色々悩んだりするだろうに、自然に美しく年をとった人は良いですね。

売れたりしたら、寄ってくる悪い大人とか居なかったのかな。

日本でのCMがやたら長かったのも精神の安定に繋がったとすれば、今の美しさに役に立ったと言う事でしょうか。

ピカピカに美しかったなあ。若い頃も。


posted by 原田知篤 at 21:28 | Comment(0) | 日記

今日は七夕、満月です

今日は7月7日の七夕です。

梅雨なのに雨が降らないので月が良く見えます。

九州は大雨で大変なのに、こちらは晴天続きです。

もう少し雨が降らないと色々困るんじゃないでしょうかね。

DSC_0291.jpg
デジカメだと上手く撮れないので一眼レフを出しました。

正確には満月は9日なんですが、前後は大体真ん丸ですからね。

潮干狩りは満月の前後と新月の前後がねらい目ですので、9日は潮干狩りに行ってこよう。

天気も良いみたいだし、本当に今年は梅雨が晴天続き。

ずっと潮干狩り日和です。

大黒ふ頭でアジが釣れていると新聞に出ていたけど、まだ釣れてるのかな。

釣れているうちに一度行きたいな。

これ以上暑くなると、中々昼間は厳しくなります。

今日は北海道で35度を超えたし、どうなっているんでしょうか。

九州の大雨もおかしいし、完全に異常気象です。

史上最強の潮干狩り超人


posted by 原田知篤 at 20:33 | Comment(0) | 日記