2017年02月26日

みなとみらい21で一番きれいな景色は

みなとみらい21は形の奇麗な建物と水があるので、色々な景色が楽しめるのですが、中でも一番奇麗な場所はどこでしょうか。

P1300184.jpg
一番かどうかは自分だけで決めるのも申し訳ないのですが、何時見ても開放感があって奇麗な場所は桜木町の弁天橋の上から眺めたみなとみらい21です。

晴れた日限定ですけどね。

ランドマークタワーが左にあって右にはインターコンチネンタルホテルのヨット型の建物。

大観覧車もホテルの前に見えます。

中央にはクイーンズタワーのABC三棟があり、みなとみらいの役者は一応揃った場所です。

ランドマークタワーの下には帆船日本丸の3つの帆柱が見えます。

ここから見ればみなとみらいを征服したような気になります。


posted by 原田知篤 at 16:08 | Comment(0) | 日記

2017年02月23日

皇太子殿下の誕生日がネコの日の翌日だった

次の天皇陛下である皇太子殿下の誕生日が今日2月23日。

昨日は2月22日のネコの日だったので覚えやすいです。

何年か後には天皇誕生日はネコの日の翌日になる訳ですから。

ネコの日は簡単に覚えられるので、翌日と思えば判り易い。

ついでにネコの日の祝日にならないかな。

昨夜はネコの特集をやっていましたが、可愛かったですね。

ネコ好きはテレビのネコも写真集のネコもライオンもトラも皆好きなんです。

心が広いんだよね。ネコ好きは。

世界中がネコ好きになれば平和になるかも知れません。

宗教は違ってもネコの顔は一緒だし。


posted by 原田知篤 at 08:25 | Comment(0) | 日記

2017年02月19日

大倉山観梅会

昨日今日と大倉山梅園では大倉山観梅会が開かれいます。

例年よりは暖かいとの事で少し時期が早まったのですが、やっぱり梅には早すぎた。

P1300157.jpg
数本だけ満開のしだれ梅の前は黒山の人だかり。

P1300162.jpg
いつもの様に舞台では色々な催し物をやっています。

P1300166.jpg

お天気が良いので人出は多いのですが、やはり梅がまだかいな。

暖かくなったり寒くなったりで、日にちの決定が難しかったのかもしれませんが、結局梅の方が例年通り咲くようです。

満開は一週間先か二週間先か。


posted by 原田知篤 at 15:22 | Comment(0) | 日記

2017年02月12日

955万円が特別料金764万円に

オセアニアを豪華客船でめぐる旅39日間の料金が一人955万円の所、特別料金764万円に値引きの広告があった。

そ、そうなんですか。

我々とは関係ない話ですが、そんな暇と金と両方持ち合わせている人って、大金持ちの年寄りだけでしょうねえ。

暇だけある人なら沢山いそうだし、お金だけある人もいるのでしょうけど、両方はハードルが高いな。

2人で一部屋なので、最低倍はかかる計算です。

少なくともペットを飼っている人は難しいかな。

どんどん、ハードルが上がっていく。

39日間船の中ていうのも閉所恐怖症の人は無理だし、持病がある人も難しい。

誰が乗るんだ、この船。

もっともこれは一番高いロイヤルの料金で、最低は192.5万円が154万円になるというもの。

これでも高いな。

でもお客さんがいるから成り立っているわけで、世の中は広いですね。

空の上も怖いけど、海の上も怖いな。

やっぱり乗り物は地上を走る自転車で良いや。


posted by 原田知篤 at 09:46 | Comment(0) | 日記

2017年02月11日

朝日にビルが燃えている

朝起きて、ふとみなとみらい21の方を見ると、朝日に反射したビル群が赤く燃えていました。

P1300140.jpg
何時でも見れそうですが、太陽の位置とビルの窓、我が家との3角関係なので、中々ちょうどピッタリには行きません。

今の時期は少し経つと霞が出始めて、中々くっきりと行かなくなってきました。

春なんでしょうかね。

まだ寒いけど。

働いている人たちは大変ですね。

工事現場で立って見張っている人たちはすごいなあ。

冬の釣り場でただ待っているのも寒いけど、昔は良く行ったものです。

今は冬は命が惜しいので行けません。

夏は暑いので行けません。

結局、春と秋ですか。

もう転倒にも気を付けなければいけない年なんですよ。


posted by 原田知篤 at 09:41 | Comment(0) | 日記

2017年02月09日

友人が本を送ってくれた

友人が本を出したので1冊送ってくれました。

P1300134.jpg
「インディアンにならなイカ!?」というタイトルなんですが、私は彼の事知っているのですぐ意味は解りました。

私と違ってバイタリティ溢れる男ですので、世界中で簡単には経験出来ないようなことを経験してきました。

何しろこれまでに25か国で転々と暮らしてきたのですから、定着型農耕民族の子孫である私には考えられないような人生です。

特に、カナダの西南部のインディアンの島でホステルを経営していた時の、日常の様々な出来事を記したのが、この本なのです。

今、読んでいる途中ですが引き込まれます。

自分と全く違う人生は面白すぎる。

興味がある方はアマゾンの他、書店でもお求めできます。

インディアンにならなイカ!?


posted by 原田知篤 at 10:31 | Comment(0) | 日記

2017年02月07日

三ッ池公園の梅と寒桜の様子を見に行きました

桜の名所として横浜では有名な三ッ池公園ですが、梅と寒桜の様子を見に行ってきました。

P1300116.jpg
テレビ神奈川の電波塔はお色直しの最中の様です。

冬は雨が少ないので作業は適しているのだとは思いますが、今日は北風が強すぎて作業は中止らしい。

何しろ東京では風速20メートル超えたらしいですからね。

P1300119.jpg
寒緋桜ですが、1分咲きですね。日当たりが悪いですからね。

P1300122.jpg
こちらは梅ですが日当たりで随分差が出てますね。三ッ池公園には梅の木は少ないので、とりあえずこの2本は貴重です。

P1300129.jpg
日当たりが良いと寒桜も4分咲きです。

三ッ池公園は桜の季節には素晴らしい景色なんですが、桜って時期が短いんですよね。

河津桜などの寒桜はその点時期が長いので楽しみも多いです。

紅の色も奇麗だしね。


posted by 原田知篤 at 18:47 | Comment(0) | 日記

大倉山梅園の梅はどんな様子かなと行ってきました

このあたりでは梅の見どころと言うと大倉山梅園です。

どんな様子か見に行ってきました。

そろそろと出かけている人たちも寒いのにチラホラ見えます。

P1300097.jpg
お店はまだ開いてはいませんが、もう少しで梅まつりですね。

P1300100.jpg
紅千鳥は1分咲き。大倉山梅園は谷間に位置して日当たりが悪いので、少し開花が遅いです。

P1300103.jpg
白滝枝垂という白梅。大倉山の白梅では一番早く咲きます。

P1300106.jpg
淡路枝垂(あわじしだれ)という紅梅。これも早いです。

垂れる梅が開花が早いです。3月の初めまで続きますから梅は見ごろが長いです。

P1300109.jpg
大倉山の商店街は短い距離ですが電線が地下にあって電信柱がありません。

電信柱が無いと嘘のようにスッキリします。

これで街灯が無かったらテーマパークみたいです。


posted by 原田知篤 at 16:36 | Comment(0) | 日記

菊名駅の河津桜が2分咲き

菊名駅の傍には河津桜3本が東横線に沿って植えられています。

小さな桜ですが、花の少ない1月の終わりあたりからチラホラ花が開き始めるので楽しみです。

さて、2月7日河津桜はどんな具合かなと見に行ってきました。

P1300092.jpg
狭い場所ですが河津桜が2分咲き。

P1300093.jpg
近寄ってみると結構花びらが見えるんですが、やはり2分咲きと言ったところですね。

P1300114.jpg
帰りに見えた大曾根第二公園の河津桜の方が日当たりが良いので4分咲きですね。

梅の時期なのに河津桜はえらい。

花も奇麗だし。


posted by 原田知篤 at 16:24 | Comment(0) | 日記

2017年02月06日

ムサコって何?

今や住みたい街ランキングで常に上位の武蔵小杉。

その武蔵小杉が10年前川崎市に愛称として「ムサコ」という呼び名を付けられていたらしい。

何だそりゃ、知らなかった。

もっとも評判が悪くてまったく定着せず誰も使っていないとの事。

公募もして決めたらしいが武蔵小山も武蔵小金井も「ムサコ」なので紛らわしいという事だったという。

それより「ムサコ」って「むさ苦しい子」を連想させて感じ悪いし、ムサコってあだ名を付けられたら嫌だな。

武蔵小杉だって迷惑でしょう。

一般的にはコスギと言えば武蔵小杉の事なのでそれで良いのでは。

ケイン・コスギとかブラマヨの小杉さんもいるし、悪くないんじゃないかな。

そういえば山手線もE電とか昔愛称を決めたような。

たしか作曲家の小林亜星さんたちが決めた事になってたけど、委員会に行ってみるとすでに決まっていて、承認しただけだとブツブツテレビで言ってましたよね。

やはりお上が愛称押しつけというのは定着しませんね。

愛称とかあだ名なんて自然に出てくるものだし。


posted by 原田知篤 at 08:36 | Comment(0) | 日記