2018年03月03日

朝比奈彩さんがテレビに出ている

先日、駅の巨大パネルでハッと息をのむほど美しい写真を見た、朝比奈彩さんがテレビに出ています。

この顔なら前にも何度か見た事があるというか、最近結構出ていますね。

テレビで見る朝比奈彩さんは美しいのはもちろんですが、意外とサッパリしていて男っぽいというか、あまり飾らない人柄で好感が持てます。

多分、どこから見られてもどうぞという感じで、どこもコンプレックスがが無い感じに見えます。

本人は色々あるのでしょうが、見ている限りはそう見えます。

本当に世の中には美しい人が沢山いるものです。

近所には居ないな。

先日のオリンピックのキャラクターを小学生がクラス単位で投票した際の得票が確か20万弱だったので、その位のクラスがあるという事だとすると、全校に一人いるか居ないかくらいの美女がテレビには出てくるんでしょうねえ。

チラッと出てくる人でも、学校では超美人だったんでしょうねえ。

スタイルだって半端ないものなあ。


posted by 原田知篤 at 10:07 | Comment(0) | 日記

2018年02月27日

三渓園で麦茶をご馳走になる

三渓園は梅と桜の名所です。

P1330390.jpg
季節ですので、梅を見に行ってきました。

入園料が大人は700円です。

ただし、横浜市民で65歳以上は200円。

身分証明書はしっかり見ますけれどね。

つまり結果、園内は老人ばかりとなります。

P1330393.jpg
三渓園は梅の木が多いので見ごたえがあります。

P1330395.jpg
梅は桜ほど花が華やかではありませんが、代わりに長く楽しめます。

P1330397.jpg
麦茶を無料でふるまっていて、頂きました。

寒いので美味しかったです。

三渓園を出たところの茶店でウドンを頂き帰路につきました。

550円で立派なウドンでした。

横浜は観光地と言ってもボッタクリが無いんですよね。

国際都市らしい成熟した街です。

住んでいるからかもしれないけれど、横浜は大好きです。


posted by 原田知篤 at 20:21 | Comment(0) | 日記

山下公園のバラは今

バラの人気ってすごくて、バラが咲いている場所はいつも人であふれています。

山hした公園のバラも結構1年中咲いている印象なのですが、2月に行ってみるとさすがにバラは咲いていませんでした。

P1330388.jpg
バラ園も花は見当たりません。

P1330385.jpg
完全にこれからですね。

4月になると早めに咲くバラがあった気がします。

年末は12月くらいまで細々と咲いているバラがあったのですが。

そのままにしておくと2月でも狂ったように咲くバラもあるのかも知れません。

今年は寒くて無理かな。

今は庭師さんが全部切り落として、5月の最盛期を目指して手入れをしています。

横浜は山下公園のバラも奇麗ですが、港の見える丘公園のバラも素晴らしいです。

バラの愛好家には天国です。


posted by 原田知篤 at 19:55 | Comment(0) | 日記

変貌するみなとみらい21地区

桜木町駅近くにある弁天橋から見るランドマークタワーや大観覧車などの景色は素晴らしいのですが、もうしばらくすると景色が変わるみたいです。

P1330379.jpg
今はこんな景色ですが、右手は横浜市庁舎を建設中で建ってしまえば大観覧車やヨットの帆の形のインターコンチネンタルホテルなどは見えなくなります。

建物は立つ一方ですので、そのうち左手のランドマークタワーも下の方は見えなくなるかも知れません。

市庁舎が建てば、またその景色が馴染むんでしょうから、こんな景色もありましたという事です。

また、新しい絶景が生まれることと思います。

町はどんどん変わるんです。

100年変わらない街も魅力があるけれど、変わる街も良いです。

人間だって50年たてばガラッと入れ替わるんだから、町が変貌するのも当然の事です。

横浜ってもうすぐ人口が減少に転じるらしいです。

東京に比べたら、密度的にもう少し余裕はありますけどね。


posted by 原田知篤 at 19:46 | Comment(0) | 日記

大倉山梅園に行ってきました

大倉山の梅園は近所では一番の梅の名所です。

今年は開花が遅れて、2月17,18日に梅まつりは開催されましたが、2月27日現在、まだ満開じゃない感じです。

P1330369.jpg
大倉山では一番人気の枝垂桜の淡路枝垂です。

今日は平日ですが、この淡路枝垂の周りはいつも人が多いです。

P1330372.jpg
白梅、紅梅と咲いていますが、もちろん殆どは白梅です。

だから紅梅が奇麗なのでしょうかね。

P1330373.jpg
梅に近づいてみましたが、まだまだつぼみも多くまだしばらくは梅が楽しめそうです。

完全に河津桜のほうが先に散りそうです。


posted by 原田知篤 at 19:28 | Comment(0) | 日記

今年は寒くて河津桜の開花が遅いです

今年は冬が寒くて河津桜も梅も開花が遅れました。

P1330375.jpg
菊名駅の河津桜です。

全部で4本ならんですが、2月27日ともうすぐ3月なのに、まだつぼみもあってまだまだ楽しめそうです。

P1330403.jpg
大曾根第二公園に行ってみると、こちらは満開でした。

ここの河津桜は大きいので立派です。

普通の民家に接しているので、住んでいる人には良いような悪いような。

洗濯ものとか一緒に写るんですが、干すしか無いし、気になる人は住めません。


posted by 原田知篤 at 19:11 | Comment(0) | 日記

2018年02月20日

潮干狩りサンバ公開しました

潮干狩りサンバが出来ましたので、公開しました。



だれでも歌える簡単な曲です。

あさりくんバージョンやカラオケも続けて公開します。

一人でも多くの方に歌って欲しいと思うだけです。

著作権の委託契約はしていませんので、御自由に歌ったり流したり出来ます。


posted by 原田知篤 at 22:56 | Comment(0) | 日記

2018年02月14日

スーパーでオリンピックの金メダル予想をしてきた

スーパーのレシートに応募用紙があって、金メダルの数を予想して、あたった人の中から抽選で賞品が色々もらえる企画をやっていました。

一応、金は3個と予想しましたが、何だか難しそうですね。

金メダルの大本命に数えられていた選手が銀に終わる事が多く、金は本当にいくつ何だろう。

3個というのは少なめに書いたつもりだったけど、どうも怪しくなってきました。

それに当たっても、たぶん向こうも商売だから、金額の多いレシートが当たる可能性が高いです。

私のレシートは1000円未満だし、当たっても何もくれないな。

そりゃメダルは誰でも欲しいでしょうねえ。

青春をかけた時間と努力の結晶で形として残る最高のものですからねえ。

でもスポーツは生まれながらの才能が殆どで、運動音痴がやっても無理なんですよね。

筋肉の質も生まれながらの遺伝だし、鶏食えばオリンピックで出れるのなら話は簡単なんですけどね。

冬のオリンピックはただのかけっこみたいな種目は無くて、どれも道具立ても設備も専用の物ばかりで大変です。

参加国が90か国を超えているらしいけど、そんなに雪や氷と親しんでいる国があるんだとビックリ。

アフリカとか東南アジアとかは出ていないと思うけど、そうか世界は200国以上あるんでしたね。


posted by 原田知篤 at 23:36 | Comment(0) | 日記

2018年02月11日

今日は最高気温14度と言っていたけれど本当かな

今日は最横浜の高気温が14度の予報で、実際にその温度だったらしいのですが、太陽が陰る事が多く太陽が隠れると、あっという間に寒くなります。

3月の陽気との予報でしたが、予報よりはちょっと寒かったかな。

風が少し吹いたせいかもしれません。

個人的に寒かったのなら、体に気を付けなくては。

寒波が来ていてまた大雪が降るらしいです。

こちらに寒波が来ているという事は、もっと強い奴が平昌の上にはあるわけだから、オリンピックも大変です。

暑いのも辛いけど寒いのも辛い。

冬のオリンピックを夏には出来ないけれど、夏は秋とか春とかの方が良いんじゃないでしょうか。

リオとかは南半球なので冬だったわけだから、陸上競技場は暑そうです。

ところで、開会式に上半身裸で歩いていた選手がいたけれど、大丈夫なのだろうか。

体は立派だったけれど、絶対寒いはず。

油を体中に塗っていたので、それで何とかなるのかな。

メダル候補だったら絶対そんなことはしないけど、南の国の選手だったので、勝負より開会式の方が重要だったのかな。


posted by 原田知篤 at 23:35 | Comment(0) | 日記

2018年02月08日

変な建て方だなあと思っていたらデザインだったらしい

下から建てていくのですが、途中で中途半端に止めたような作り方で、完成予想が出来づらかったのですが、だんだん分かってきました。

P1330347.jpg
デザインだったのです。

でも、変なデザインだな。

完成するとしっくり来るのかもしれませんが、社宅になるそうです。

建物ってただの箱じゃ面白くないし、色々デザインで特色をつけるのは魅力的だから、仕上がりが楽しみです。

窓の前にあるので毎日見ることになるしね。


posted by 原田知篤 at 09:31 | Comment(0) | 日記