2017年08月04日

今日はアシナガバチが殆ど動かない

アシナガバチの巣を叩き落としてから、アシナガバチの残党の動向が気にはなるのですが、同じ場所にじっとしたまま動きません。

P1320407.jpg
匹数は10匹足らずですので、巣を作る気が無くなったのか、どうなったのでしょうか。

もうすぐ時期が過ぎれば巣は作らなくなるので、このままでしょうか。

ハチも大変ですね。

ミツバチが巣を作るとハチミツが沢山巣に出来て、ポトポト嬉しいというか処置に困るというか。

アシナガバチでは特に良い事はありません。

一度作られたところは来年も危ないかも知れません。

窓が開かない、はめ殺しの窓ですので、良く知っているんですよね。

でも室内からは巣が出来れば割と早く気付かれる場所なので、大きくなりすぎる事は無いと思います。

あんな大人の頭の大きさまでなるまで気付かないなんて不思議です。

巣が小さいうちなら割と簡単に駆除出来るし、スズメバチハンターを呼ぶことも無いでしょう。

値段見たら結構するんですよ。

そりゃそうでしょ。

誰でも出来る事では無いし、特殊な装備も必要だし。

道具を一から揃えて巣一個を駆除というのも効率が悪いです。

でも小さなうちなら本当に自分でも出来ますよ。

小さな巣から働きバチが出てきて、また大きな巣を作るを繰り返すと、あっという間に巨大な巣が出来てしまいます。

せいぜい10匹位のうちに駆除するのが良いですね。


posted by 原田知篤 at 14:54 | Comment(0) | 日記

2017年08月03日

今日のアシナガバチはどうなった

今日のアシナガバチは殆ど動きがありません。

巣のあった場所に10匹位が集まって何やら相談をしています。

P1320393.jpg
下の方に六角形の出来始めの様な部分が見えるので、ここからが土台の始まりかなという気もしますがどうなるのでしょうか。

特に暴れる様子も無いので、このまま生物学的な観察を続けて行こうと思います。

家もにぎやかになりました。

人間2人、ネコ2匹、ゴキブリ複数他、アシナガバチ10匹位が現在の住民ですね。

クモもいたか。

人間だけでこの世の中が動いているわけでも無いので、色んな昆虫位は居ても良いです。

4階にもハチが巣を作ろうとするとなると、ビルの上の方でも油断は出来ませんね。

ハチも毎日付き合っていると愛着が沸きそうでいざという時に成敗できるかな。

近所にも迷惑なので成敗はしたいと思っていますが。


posted by 原田知篤 at 11:43 | Comment(0) | 日記

2017年08月02日

またアシナガバチが巣を作ろうとしている

昨日、巣を叩き落した同じ場所にアシナガバチがまた巣を作ろうとしています。

P1320387.jpg
真ん中にいる大きめのハチが女王蜂じゃないかと思うんですが。

体が他より大きいです。

他のハチは羽の長さより体が短いですが、真ん中の蜂だけは羽の先から体がはみ出しています。

という訳で素人判断ですが、女王蜂じゃないかと思うわけです。

巣は落としましたが、駆除出来たのは5匹位で、女王蜂は残っていると言う事なんでしょう。

だから、まだ巣を作ろうとしているのか。

駆除するのも可哀そうになってきましたが、刺されるのは困るしなあ。

また巣が大きくなったら叩き落すしかないなあ。

何か奇妙な愛着も湧いてきて殺虫剤は使いたくないんですよ。

一応ゴキブリ用の殺虫剤はあるんですが。

まあ、巣が大きくなったらすぐに気付く場所だし、やるしかないな。

小さい時から昆虫は友達だし、最小限の駆除だけはします。

私の気持ちに気付いて何処かに行ってくれないかな。


posted by 原田知篤 at 14:46 | Comment(0) | 日記

2017年08月01日

朝起きたらスズメバチの巣が出来ていた

朝、窓の外に何か出っ張りがあって動いています。

P1320353.jpg
これはまさかスズメバチの巣。

我が家は4階なのに作るんですね。

P1320359.jpg
窓を少しだけ開けて写真を撮るとまだ小さいながらも立派な巣が出来つつありました。

ほーって置くと、あっという間に大きくなるので今のうちに駆除しなければ。

スズメバチバスターズを呼ぶほどの大きさでも無いし、どうしたものか。

ともかくまだ小さいので棒で叩き落すことにしました。

下に誰も居ないのを確かめてから、棒でボンと叩くと簡単に巣は落ちましたが、ハチがワーと広がって、1匹だけ部屋に入ってきました。

入ってきたハチには秘密兵器があってハエ叩きスタンガン。

感電させたところでトイレに流して終了。

P1320363.jpg
下に行ってみるとスズメバチの巣が転がっていて、幼虫が1匹だけ外に出ていました。

変にゴソゴソ動き出されても困るので、巣ごとレンジでチンすると、何だかいい匂いがします。

さすが、食用にもなるハチの子ですから温めると食べられそうな匂いです。

食べませんが。

さて、巣を落とした後、またスズメバチが寄ってきて巣を作り始めました。

やはり薬剤を吹き付けておかないとキリが無いのかも知れません。

その後、また巣を作ろうとしています。

スズメバチじゃなくてアシナガバチみたいだけれど、また巣が出来たら叩き落してやろう。

根競べです。


posted by 原田知篤 at 09:49 | Comment(0) | 日記

2017年07月31日

夏休みなのに天気がおかし過ぎる

一昨日は結構な雨が降りました。

夏なのに高気圧が全然乗って来ず、曇りの日が続いています。

晴れたり急に雨が降ったり、ともかく不安定。

今日は午後から珍しく晴天ですが、夕立の恐れもあるらしい。

明日は雨らしいし、その後の予報も夏らしいカッとした晴天は望めず、ずっと曇りの様なおかしな天気。

遊びに出かけるタイミングが難しい陽気です。

夏は植物が枯れてセミが落ちてくる位の暑さで正常なので、涼しくてありがとうとも言っておられません。

海水浴やプールなどは影響を受けているのではないでしょうか。

エアコン市場もこの中途半端な暑さでは景気は悪いでしょうね。

夏は暑く冬は寒くでないと、色々上手くいきません。

今年の夏は猛暑だと言っていたのに、今のところ当たっていませんね。

何だかんだで土用波が来てしまうし、夏も終わってしまいます。

そのころ暑くなっても遅いんですよ。

学校も仕事も始まってしまいますから。

今日だけは一応熱くはなったらしいですが、家から出なかったのであまり感じませんでした。

テレビで海岸の様子をやっていましたが、平日のせいもあるのでしょうか、人が少ないです。

せっかくの週末は天気が今一つだったし。

テレビでやっていたのは片瀬江ノ島海岸で2時半ごろの様子をやっていましたが、往年の芋を洗う様な状況とは激変して水球でも出来そうな空き様です。

海水浴客は最盛期の4分の1になったそうですが、そんなもんじゃないな。

本当の数は10分の1かも知れませんね。

明日からは8月。

はやく夏らしくなって海に行こう。

そうもいかない天気らしいです。


posted by 原田知篤 at 16:35 | Comment(0) | 日記

2017年07月28日

鶴見川の支流矢上川にカルガモの親子がいた

カルガモは人口の池とか結構いますが、川にもいるんですね。

P1320349.jpg
今日、鶴見川に流れ込む矢上川を少し遡った場所の中ほどに小さな倒木があって、そこにカルガモの親子が5羽体を休めていました。

子供たちはまだ飛べないので、
川は結構カラスとか鵜とかいて、子育てには適していないのではと思うんですが、何処で卵をかえしたのかな。

都会の池とかにわざわざ行くのは人間が天敵から守ってくれるという期待があっての事で、カルガモには安全な場所の一つなんだと聞いたことがあります。

カルガモの子供って結構カラスにやられるんです。

岸だとネコに襲われるし、カルガモも大変です。

パンダを見てもそうだけれども、親子の情愛ってすべての動物に共通です。

子供が可愛くないって、絶対普通じゃない。

病んでます。

そんな状態の人の話を時々聞きますが、可哀そうとしか言いようがありません。

子供ってどんな子でも可愛いけどね。


posted by 原田知篤 at 21:01 | Comment(0) | 日記

スズメがセミを食べていた?

三ッ池公園はいつ行っても木々が多く癒される公園です。

P1320300.jpg
池にはガマが生えていました。

P1320308.jpg
ベンチで食事をしているとオコボレを期待したハトがやってきて目の前の手すりに止まりました。

何かもらえるのを期待しているらしく、全然どきません。

私は知っているんです。

1羽に何かやると、ものすごい数のハトがバサーっとやってくるんです。

P1320312.jpg
そんな時に足元を見ると、コンクリートの柱にセミの抜け殻がありました。

そこで疑問です。

柱の一帯はコンクリートと石で土が無いんです。

大分離れた場所から這ってきてこのコンクリートの柱に登り、ここで羽化したとしか思えません。

今日は色々な物を見つける日です。

セミがギャーギャー言っているので見て見ると、スズメがセミをいたぶっていました。

P1320315.jpg
私が近づくとスズメはバタバタしている雀をサッと咥えて道の反対側へ。

P1320319.jpg
そこでも、しばらくセミをいたぶっていましたが、おばさんが通るとスズメは離れてその先は判りません。

食べるのか、ただいたぶっていたのか。

P1320333.jpg
スイレンの花は数えるほどしか残っていませんでした。

P1320337.jpg
小さな水田もあって稲が植わっているんです。

色々あったけど、今日の発見はセミをいたぶるスズメかな。


posted by 原田知篤 at 20:27 | Comment(0) | 日記

電車を眺めるには場所選びが大事

東海道線や京浜東北など鶴見付近は沢山の電車が走っていますが、京浜急行も一緒に眺められるスポットはあまりありません。

P1320291.jpg
ここ、生麦人道橋の上は並行して走る電車が全部眺められるスポットです。

ただし、危険防止のために金網がかかっていて眺望は網越しになります。

網目の間から所々目の間隔ぐらいのアナが空いていると見やすいと思うけど、わざわざマニアのためにそんな事はしないよなあ。

京浜東北線はともかく、東海道線などは意外と電車の間隔が開くので待っているのが大変です。

やはり東京23区内とひとたび23区から出ると、人も電車も密集度が違うんですね。

山手線とか引っ切り無しに来るもんね。

東横線の多摩川鉄橋とかも休む間もなく電車が来ます。

あそこは複々線だし。

撮り鉄が色々、撮影のために入り込んだりして問題になっていますが気持ちは解ります。

撮影スポットってそんなに沢山ないんですよ。

そこに枝が出ていたら切りたくなるし、人がいたらどいてくれって言いたくなります。

運動会のポジション取りも同じでしょうかね。

誰も居なければ好きなように出来るけど、それもつまらないかもと思ったりして。

何人ものライバルと一緒に撮影するから楽しいのかも。


posted by 原田知篤 at 19:52 | Comment(0) | 日記

大黒ふ頭には自然が一杯

大型トラックがビュンビュン行きかう大黒ふ頭はホコリとエンジン音だけの埠頭の様に見えますが、結構樹木が植えられていて自然が一杯です。

今年はセミが少ないと思っていたけれど、大黒ふ頭に来て今年初めての蝉時雨に出会いました。

P1320247.jpg
自然と言ってもこんな程度ですが。こんな小さな自然でも自分の家には無いですからね。

これがあったらあったで大変なんです。

草取りとか、樹木の剪定とか、一生を庭の世話で費やしますよ。

考えようによっては無駄の極みです。

自然は皆で共有した方が良いです。

P1320257.jpg
赤とんぼがたくさん飛んでいて、赤とんぼだって埠頭にでも来なければ中々出会えません。

大黒ふ頭って昔、石原軍団がカーチェイスのロケをしていたので有名です。

今でも場所はありそうだけど、あの手のアクションものが流行らないからねえ。

今は刑事ものでも、相棒とか十津川警部ものとかアクションが主になったやつは殆ど見かけませんね。

自分は好きじゃ無いので全然構わないんですが、やはり時代です。


posted by 原田知篤 at 18:27 | Comment(0) | 日記

2017年07月22日

1989年って自分は何をしていたのだろう

1989年6月の曲という記事が朝刊にあった。

当時流行っていた曲を現在の読者が選んだベストという順位なのだが、一位がプリプリのDiamonds。

まあこれは今でも良く聞く曲ですので当然でしょう。

2位が斉藤由貴さんの夢の中へ。

3位が森高千里さんの17才。

そして4位以下がメロディーがまったく思い浮かばない。

4位工藤静香さんの嵐の素顔。

嵐を、起こして。ってやつなら知っているけどそれかな。

5位はサザンのさよならベイビー。

サザンは殆ど知っているけど、これは思い出せないなあ。

6位がユニコーンの大迷惑。まったく思い出せず。

浜田麻里Returm to Myself、中森明菜LIAR、徳永英明恋人、Wink涙を見せないで、これで10位までだけど、10位以下はもっと分からない。

テレビの歌番組を見ていなかった可能性もありますね。

人生の歌謡史の空白期間です。

ブログでも書いていれば何をやっていたか判るんですがね。


posted by 原田知篤 at 09:33 | Comment(0) | 日記