2018年03月26日

人間には睡眠時間が5時間以下でOKな人と10時間以上は必要な人が1%いるらしい

我々は8時間寝れば十分なごく普通の人だと思うけれど、人類の1%程は睡眠5時間以内で大丈夫な人と、10時間以上が必要な人とがいるそうです。

真っ先に思い浮かぶのは明石家さんまさんで2,3時間寝れば大丈夫と自分で言っているし、実際テレビの出演数と疲れ知らずの頭と口を見ていると、完全に1%の中でも特にタフな方じゃないでしょうか。

睡眠時間は毎日の事なので、3時間と10時間では一生で出来る仕事や遊びの量に圧倒的な差が生まれます。

夫婦でも結構サイクルが合わないと難しいでしょうね。

寝る時間が惜しい事もあるけど、寝ないと頭が動かなくなるので普通は寝ます。

それが寝ないで何かが出来るのだったら、仕事でも趣味でもとてつもない楽しみ方が出来る気がします。

本人は大変なのかな。

10時間以上寝ないと持たない人の方が大変だと思います。

ネコみたいに寝てても良いのなら問題は無いですが、人間は働かなくてはいけないし、人とのお付き合いもあるだろうし、仕事が佳境に入って追い込まなくてはならない時に一人だけ寝れるかなあ。

みんな絶対分かってくれないだろうなあ。


posted by 原田知篤 at 22:43 | Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: