2018年03月18日

推理作家の内田康夫さんが亡くなりました

浅見光彦シリーズで有名な内田康夫さんが亡くなりました。

本を買ったことはありませんが、2時間ドラマには何度もなっているので、そちらで親しんだファンの方が多いのではないでしょうか。

浅見光彦シリーズだけで117冊もあるそうで、テレビドラマの製作者は題材には困りませんね。

純文学は元気が無いですが、推理小説はテレビドラマ化しやすいこともあって、沢山人気シリーズが存在します。

この手の主役に抜擢されると長く愛されるので、俳優さんにとってはやりたい役と思います。

永遠の33歳という設定のため、主役もある期間やると変わるという宿命の作品でしたが、一番長かったのは39作も主演を果たした中村俊介さんです。

演じた役者さんが10人を数えることから考えれば、大変な数と思います。

はまり役だったんでしょう。

1,2回で終わった方もおられるので、しっくりこなかったのかな。

俳優業をやるからには当たり役が一つあると心強いでしょう。

他人事ながら不安定な職業と思います。

お笑いとかもレギュラーが欲しいみたいですから。


posted by 原田知篤 at 08:57 | Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: