2018年03月03日

大杉漣さんは愛猫家だった

先日亡くなった大杉漣さんは愛猫家として有名だった。

愛犬もいて、両方を愛していたようです。

その愛犬も愛猫も大杉さんが居なくなって寂しいともいます。

テレビのアナウンサーが愛犬はもちろん「あいけん」と読んでいましたが、愛猫の方は「あいねこ」と読んでいました。

愛猫の読み方は難しいです。

「あいびょう」という言い方も全然一般的ではないし、「あいねこ」もしっくりきません。

調べてみると正式には「あいびょう」だそうです。

辞書にもそう載っていますし、問題として出たら正解は「あいびょう」。

ただ、全然一般的ではないです。

むしろ「まなねこ」とか、「らぶねこ」と読む人もいるらしいです。

その方が判りやすいし、いっその事「まなねこ」に決定してもらった方がしっくりきます。

正解が「あいびょう」でもまったく浸透してないし、誰も使わない。

「まなねこ」が愛娘(まなむすめ)みたいで良いな。


posted by 原田知篤 at 12:46 | Comment(0) | ネコ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: