2018年02月14日

スーパーでオリンピックの金メダル予想をしてきた

スーパーのレシートに応募用紙があって、金メダルの数を予想して、あたった人の中から抽選で賞品が色々もらえる企画をやっていました。

一応、金は3個と予想しましたが、何だか難しそうですね。

金メダルの大本命に数えられていた選手が銀に終わる事が多く、金は本当にいくつ何だろう。

3個というのは少なめに書いたつもりだったけど、どうも怪しくなってきました。

それに当たっても、たぶん向こうも商売だから、金額の多いレシートが当たる可能性が高いです。

私のレシートは1000円未満だし、当たっても何もくれないな。

そりゃメダルは誰でも欲しいでしょうねえ。

青春をかけた時間と努力の結晶で形として残る最高のものですからねえ。

でもスポーツは生まれながらの才能が殆どで、運動音痴がやっても無理なんですよね。

筋肉の質も生まれながらの遺伝だし、鶏食えばオリンピックで出れるのなら話は簡単なんですけどね。

冬のオリンピックはただのかけっこみたいな種目は無くて、どれも道具立ても設備も専用の物ばかりで大変です。

参加国が90か国を超えているらしいけど、そんなに雪や氷と親しんでいる国があるんだとビックリ。

アフリカとか東南アジアとかは出ていないと思うけど、そうか世界は200国以上あるんでしたね。


posted by 原田知篤 at 23:36 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: