2018年01月15日

78歳の老人が紅白の人選に不満たらたら

今朝の朝刊を眺めていると読者の投稿欄に、紅白の出演者の人選が視聴者の意見をまったく取り入れていない。

飛び跳ねる出演者だけで、歌を聞かせる人が殆どいない。

これでは視聴率が苦戦するのも無理はないというものだった。

見てみると78歳の男性の投稿でした。

演歌が少ないという事かな。

演歌の大御所がごそっと卒業してしまったので、それでもよく知らない演歌歌手が何人も新たに出演して、CDの売れ行きとか、コンサートの実績、人気を考えると、逆に演歌は優遇されているように思いますけどね。

むしろポップスで落ちて疑問の人も多いし、例えばAikoさんとかキスマイとかは出るべきでしょうね。

出てほしいです。

歌手別視聴率を見ると演歌のところで見事に谷になっているんですよね。

でも年寄りが演歌を聞いているかもしれないので、出演するのかもしれません。

私も68だけど、演歌は聞かないなあ。

75歳位が境目なのかな。

でも乃木坂46のところが谷になっているのは何故だろう。

ミステリーですが、事実にはすべて理由があるので何が原因かを調べる必要があるかもです。

当事者の話です。

乃木坂のインフルエンサーという曲もインフルエンザが流行っている真っ最中だし、鳥インフルも発生したりで、タイミングもありそうですね。

あれ、3月発売の曲だからインフルエンザが終了してからの曲なんですね。

まあいいや。

来年はAikoさんには出てほしいな。


posted by 原田知篤 at 12:19 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: