2017年12月24日

今晩の陸王は見ごたえがありました

陸王の評判が良いとのことでTBSはクリスマスイブにも関わらず、本放送最終回の前に2時間も割いて今までのあらすじを放送。

いやいや、全部見ましたよ。

全部で3時間半。

あらすじから最終回への流れも途切れることなくスーと滑り込ませるような仕上がりで、ちょっと入ってしまうんですよね。

スポーツそんなに見ることないし、本物のマラソンなんて2時間もずっと見ることなんてないけれど、陸王は見ました。

悪役たちがほとんどは改心して良い人になるのは笑ったけれど、そのほうが後味は良いかな。

ピエール滝さんだけは最後まで悪役で成敗されてしまうんですが、水戸黄門の伝統ですかね。

相当な悪い事しても「こらしめてやりなさい」で済んでましたからね。

何かウルっと来たりして、珍しいドラマだったですね。

竹内涼真さんが意外と芝居が上手なのでビックリしました。

バラエティでは笑った顔しか見たことないので、真面目に訴えるところは中々のものでした。

山崎賢人さんはいつでも笑っているような口が気になりましたが、いつも目が笑っている堺雅人さんが大俳優になりましたから、大丈夫かな。

上白石萌音さんて歌もうまいけど芝居も上手いし顔も可愛すぎます。

やはり今が旬というのはあるんでしょう。

この3人は輝きが違う。


posted by 原田知篤 at 23:09 | Comment(0) | テレビ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: