2017年12月23日

ついに猫の飼育頭数が犬を上回る

昨年末の発表では犬の飼育頭数に殆ど迫っていたものの、わずかに及ばなかった猫ですが遂に犬の飼育頭数を60万匹もあっさり上回りました。

ともかく完全に都会の住宅事情とか人間側の老齢化が影響しているんでしょう。

本当に都会では犬の散歩を見なくなりました。

散歩の必要のない小型犬も増えているんでしょうが、犬を何匹もつれて散歩している人たちにもステータス感は感じられないし、誰も羨ましくも思いませんからね。

昔は経済的にも精神的にも余裕がある印象を与えてそれなりに羨望の目もあって、犬友達も出来るしそれなりに意義はあったのでしょうが、今はね。

今のステータスって何だろう。

車とか犬とかはもう過去のものだし、家も「馬鹿な人間が立派な家に住んでいても、やっぱり馬鹿だ」などと書いてある本が売れているらしいし、今は昔ほどではないのかも。

記憶力勝負の学歴も人工知能の発展でステータスではなくなりそうだし、人間は何にプライドを持てばいいのでしょうかね。

足が長いとかスタイルがいいというのは良いですが、何かが秀でるとそれに頼って他がおろそかになるという人間の本質もあって、うまく成長するのはむつかしい。

子供の頃は放し飼いで犬を飼っていて可愛かったですけどね。

今はネコ一辺倒です。

犬は無理だな。

散歩のほか生理的なしつけも大変だし、割と病気になるし吠えるし噛むし。

昔は放し飼いですからね。

だからよその犬に噛まれることもありましたね。

そんな時代もありました。戻りたくはないけど。


posted by 原田知篤 at 09:04 | Comment(0) | ネコ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: