2017年12月03日

大事なソフトが一瞬で消えました

劣化無しで動画を切り貼りできるフリーソフトとして有名な「Free Video Editor」を時々使っていました。

しばらく使っていなかったのですが、別のパソコンに入れようとして、ソフトをUSBに移動しようとした途端、警告が出て、保存してある場所からもUSBメモリーからもフォルダだけで中身が消えてしまいました。

ウィルスとして処理されてしまいました。

実は劣化せずに編集できたのは2015年位までで、その後にバージョンアップした新しいものは、1回ごとに劣化するのです。

劣化しないものはお金を払わないと使えないという事らしいです。

そのために古いソフトを使おうと思えばウィルスとして処理するように、セキュリティソフトにされてしまったようです。

早めにDVDに焼いておけば良かったと今になって思いますが、知らないもんなあ。

ゴミ箱に捨てたわけでは無いので、復旧ソフトを試しましたが無理でした。

ウーン、タダで上手い事をやろうという方が無理かもしれません。

無料で劣化無しでトリミングが出来れば、編集ソフトの売り上げに影響は必至ですからね。

みんな、生活しているわけだから、対価は払わないとね、とは思います。

でも消える時は一瞬なんですよね。


posted by 原田知篤 at 22:03 | Comment(0) | パソコン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: