2017年11月22日

大相撲は番外編で大騒ぎ

福岡場所が真っ盛りですが、話題は日馬富士の貴ノ岩に対する暴力事件ばかりで、変な形で相撲が注目されています。

何だか事件発覚から何日も経ちましたが、どうやらビール瓶で殴ったわけでは無いらしいという位の事が解った位で、さっぱり判りません。

ここで日本相撲協会評議員会長を務める池坊保子氏がテレビで色々話し始めました。

感想は違うよです。

貴乃花親方が警察に届ける前に相撲協会に上げるべきだったという一点張りなんです。

組織は何でもまず表ざたにしないで穏便にすませようとするんですよ。

学校でもイジメられた方が学校をそっとよそに移ってくれれば良いというような対応ばかりです。

会社でも凶悪事件以外は社内ですませようとします。

それが普通の対応です。

警察に先に届けたから大騒ぎになっていますが、先に相撲協会に上げていればなかった事にされていた気がします。

事件の全貌が明らかになっていないので、どちらが良かったのかは判りません。

事件の真実はまだ判りませんが、池坊保子日本相撲協会評議員会長の話は違うんじゃないかと思います。

恥は隠しておきたいと思うのが日本人の本質です。

それも一番日本の良い伝統も悪い伝統も残っている相撲界での話です。

そして、連日格闘が仕事の特殊な世界です。

酒の席での暴力なんて、いかにもありそうな話です。

相撲協会に最初に上げたら絶対無かった話になりますよ。


posted by 原田知篤 at 18:41 | Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: