2017年11月09日

京浜東北線の車内でドイツの超一流トロンボーン楽団が突如演奏

京浜東北線の車内でドイツのトロンボーンアンサンブル「トロンボーン・ユニット・ハノーファー」のメンバーが突如演奏を始め、その様子がWeb上に拡散したため話題になっています。

その演奏が只者では無い出来栄えだったため、賛否両論が沸き起こっていますが、このレベルの演奏なら聞きたい人の方が多いのでは。

心地よい音と騒音の境目は難しいとはいえ、間違いなく心地よいのでは。

何しろトロンボーンですからね。

これが高い音の楽器とかだと止めて欲しいかも知れません。

ピッコロとバイオリンとかが入っていると電車内では嫌かも。

映像で見る限り8人全員がやっているわけでは無いようですが、トロンボーンの世界ではトップが集まったグループですので、聞きごたえはありますね。

でも慣れない場面なので日本人はどうしたら良いか判らないでしょうね。

私もちょっと困るかも。

それでもトロンボーンの正解トップの演奏を目の前で聞けた人はラッキーだったんじゃないでしょうか。

スマホでの録画でもすぐに判る位、演奏水準は最高ですからね。


posted by 原田知篤 at 09:14 | Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: