2017年10月11日

大阪奈良にまたがる金剛山の事をやっていた

金剛山は大阪奈良にまたがる山で標高は1125m。

山頂は大阪では無く奈良にあり、テレビではそこを面白くいじっていた。

その中で1年前から登り始めたという66才だかの人がいて、金剛山に上り始めてから30sも体重が減ったという。

年間ですでに150回も登っているそうで、ようするに雨天荒天の日以外は毎日上っているらしい。

65才の定年後に登り始めたのかな。

30s体が軽くなれば背中の30sのリュックを下したのと同じなので、それは足も膝も面白いように軽くて楽しいでしょう。

凄いものです。

私も10s位は痩せても良いかも知れません。

人は悪い病気かと思うでしょうが、体は軽くなるでしょうね。

2s位でも動きが違いますからね。

家の周りには山らしい山は無いなあ。

大山か丹沢まで行かないと1000m級の山はありません。

横浜の最高峰は200m無いし。

ランドマークタワーを階段で登っても300mだしね。

階段で登れるのかな。

駅のエスカレーターを使わないで歩くだけでも随分違うでしょう。


posted by 原田知篤 at 23:39 | Comment(0) | テレビ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: