2017年10月05日

AIで介護が出来る時代が来る

年をとると誰でも認知機能が落ちてくる。

どんな優秀な人でもそれなりに落ちてくる。

体の衰えはともかく、頭の方はAIを活用することで何とかなりそうな気がします。

実際に取り組みは各所で行われていて、結果も出ているようです。

将棋が好きな老人はずっとやっていたいが若い人達は相手もしていられない。

同じくらいの強さの老人同士を見つけるのも難しい。

そんな時にパソコンの画面上で話したり相手をしてくれる相手が居れば絶対に脳の老化には役立つはず。

相手に好きなタイプの顔などを選べたらそれも楽しいし、自分が嫌になるまで何時までも相手をしてくれるとしたら、素晴らしい未来に見えてきました。

話し相手になる訳だから、蓄積していけばこちら側の健康や脳の状態の変化も見つけられる。

大体、一日中スマホの画面を見続けている人も多いので、一日中AIロボットとお話ししても問題ないでしょう。

老後の友達はAIという時代は間違いなく来ますね。

実際今の友達はテレビだし。

「にゃんこスター」が今朝出ていて彼女は面白い。


posted by 原田知篤 at 09:15 | Comment(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: