2017年09月13日

NHKガッテンで手首の痛みの謎をやっていた

NHKのガッテンは健康問題を多く扱い、参考になる事も多く、ためになる番組です。

そして今日はスマートフォンサムという現代習慣病ともいう症状の事をやっていた。

スーマートフォンはそのままですがサムは親指の事で、スマホやテレビゲームなどで親指を酷使する事で起こる手首の痛みの事です。

出演しているサッシーもボケたりしながら活躍しています。

サッシーはスマホの達人だとさかんに強調していますが、それ今日の話では悪い方の話なので、手首の痛みが現れない様に祈るのみです。

自分はスマホもテレビゲームもやらないので、達人たちの親指の驚異的な動きを見るたびに、違和感を感じていましたが、やっぱり相当親指には負担がかかっていたようです。

親指はもともとそれほどの運動が出来るようには出来ておらず、動かし続ける事は非常に手首に負担がかかるそうです。

スマホを人差し指で操作する人には影響が無く、親指で器用に動かす人に現れやすい症状なのです。

パソコンのキーボードでも起こるらしいのですが、まあ大した事は無いように感じました。

明らかに親指を酷使するスマホとゲームです。

解説の先生が将来的な希望を述べられていましたが、親指が自由に動く様に人間が進化するには相当の年月がかかります。

おそらくはコンピューターの方が親指に負担をかけないような進化を先にするでしょうとの事でした。

脳で考えただけで操作できるようなコンピューターも研究されているというし、親指への負担は減るでしょうね。

でも自分の手を見て見ると、他の指はつかむ方向に曲がるだけで、上下左右に自由に動くのは親指だけなんですよね。

男の親指は太いし、女性の方が陥りやすい気もします。
タグ:指原莉乃


posted by 原田知篤 at 20:50 | Comment(0) | テレビ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: