2017年08月13日

鶴見川でハゼ釣り

お昼が早く済んだので、お昼から鶴見川にハゼ釣りに行ってきました。

干潮で干上がっておりハゼは沖に出ています。

潮が満ちてくればハゼも寄ってくるので釣りやすいのですが、遠目に投げてボチボチ。

ハゼ4匹釣ったところで、もうそろそろと言う事で帰路につきました。

娘と孫の3人で、まあ4匹ではテンションも上がらず仕方ありません。

その前に、水が引いて底のヘドロが出て匂いもするし、大きなボラが2匹打ち上げられていてそれも印象が悪く、釣れてもここの魚要らないからねと娘から宣言され、当初より放流の予定なり。

西伊豆の海で釣ったばかりなので、落差がひどく仕方ないかな。

鶴見川のハゼも美味しいけれどね。

まあ、ヘドロが臭うと言えば臭いますね。

内臓を奇麗に取って皮のぬめりも完璧に取れば、まあ食べれる状態にはなるんですけどね。

近くのオジサンはアオイソメのエサでハゼの他スズキの子供のセイゴを結構釣っていました。

ハゼはともかくセイゴってどうやって食べるんだろう。

今日は親切にポイントを教えてくれるおじさんが居て、色々手長エビやクロダイのポイントも聞いたけど、鶴見川の水質ももう一息かな。


posted by 原田知篤 at 16:12 | Comment(0) | 釣り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: