2017年08月03日

67才の祖母が3歳の孫を幼稚園に送るのを忘れて車に置き去り

仙台で67才の祖母が3歳の孫を幼稚園に送り届けるのを頼まれ、チャイルドシートに乗せたまま、送り届けるのを忘れて放置、熱中症で亡くなる事故が起きた。

残念過ぎて、言葉もない事故なのですが、私も同じ67才。

何かをやっていて間に他の事を挟むと前の事をすっかり忘れてしまうという経験が何度もあるんです。

この年になると同時に2つの事を進めるとか、よもや3つの事とか、とても自信がないです。

老化の程度は人それぞれなので、一概には言えませんが、昔の聡明な母のつもりで安心して頼んだのでしょうね。

年々、老化は進む一方なのでこれは深刻な問題です。

特に記憶力の衰えは目に見えます。

本人が気づいている場合はまだ良いのですが、自分は絶対大丈夫と思い込んでいる人が危ないです。

私も今は、チョットした事でも常にメモを取るようにしています。

5分経つと、あれ何だったかなと思い出せません。

ともかく何でもメモで残しておく。

これで一応、人としての生活が出来ます。

だから80才で現役の加山雄三さんは驚嘆する存在であり、憧れでもあるわけです。

このブログも単純に老化防止のためのものです。

足腰には自信があるので、頭だけ老化を遅らせられれば何とかなると思うんです。

後は生活習慣病にならない様に、気を付ける事かな。


posted by 原田知篤 at 09:26 | Comment(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: