2017年07月08日

ブラタモリの弘前は素晴らしかった

ブラタモリは大体は面白いが、やはりそうでない時もある。

題材にもよるし、案内人のキャラクターも大きい。

今晩のブラタモリは弘前。

弘前の事は良く知らなかったけれど、今日のブラタモリで色々な事が解りました。

弘前城のあまりに小さな天守閣から始まって、禅宗のお寺ばかりが並んでいる禅林街。

明治維新で武士の失業対策から始まったリンゴ栽培。

刀鍛冶が作り出した剪定鋏など、知らない事ばかりで楽しかったですね。

今日は案内人も良い人が揃っていました。

変にしゃべり過ぎも良く無いし、あまり案内口調でも反感が湧くし、ころあい加減が難しいのです。

今日は3人出てきましたかね。

1人はあまり活躍しなかったけれど、後の2人は人柄が自然で良かったです。

良い人選でしたね。

タモリさんとのやり取りに自然に身を任せられる人って中々居ません。

まあ、番組的にはデコボコあるのは仕方ありません。

今日は、すごく面白かったし勉強になりました。


posted by 原田知篤 at 20:26 | Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: