2017年05月26日

横浜山手の大佛次郎記念館がネコのおかげで大幅来場者アップ

港の見える丘公園の片隅にある大佛次郎記念館は開館から40年が経つ。

大佛次郎さんも一時代前の作家なので、何となく忘れられてしまいがちで記念館の来訪者も減っていたという。

ピーク時の10分の1まで減っていたらしい。

ところが今年、猫に関する企画展を開催し、大佛次郎さんが生涯500匹のネコの面倒を見たネコ聖人だという事が一般に周知された結果、来場者が急増。

募集したネコの写真も650点以上が集まり、張り切れなくなったという。

猫マニアはちょっと執着度に異常なところがあるので、500匹のネコの面倒を見たエピソードだけで胸は熱くなります。

現在では、そんな事をしたら通報されて保健所も警察も飛んできます。

将棋の加藤一二三名人だって同じことをしたけれど、裁判になったしね。

大佛次郎さんは猫マニアのレジェンドなんです。

今では誰にも出来ない事をやったのですから。

7月からは大佛次郎さんのネコのデッサンを展示する企画展が始まるらしい。

行きますよ。

猫の聖地へ。


posted by 原田知篤 at 10:38 | Comment(0) | ネコ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: