2017年05月18日

痴漢に疑われた男性が線路に飛び降りて電車にひかれ即死した

田園都市線の青葉台駅のホームで、痴漢行為を疑われた男性が、被害者の女性、目撃者、駅員との話し合いの最中に線路に飛び降り電車にひかれて即死した。

青葉台は長く住んだ場所なので馴染みがあり、他人ごとではありません。

あの一帯は高架線でずっと踏切は無く、下に飛び降りるのはまず無理。

余程焦っていたんでしょうね。

真相が分からないのですが、被害者の女性にも後味が悪い話です。

冤罪の恐れを常に感じながら電車に乗るのも男性にとっては辛い話です。

いっその事、荒い網目の暑くない夏用の痴漢防止専用手袋みたいなものを付けて電車に乗れば、疑われた時に私これ付けてますからと言えるのかななどと考えてりしました。

売り出したら売れないかな。

色も黄色とか緑とか蛍光色とかキラキラしたら電車通勤も楽しくはならないでしょうかね。

女性も手袋族の近くに寄ってきて、安心なのではないかなと思ったりするんですがね。

まあ、違うのかもね。

そんな簡単な話じゃないのかも知れません。


posted by 原田知篤 at 12:41 | Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: