2017年05月14日

自転車ナビに従って高速道路などに入ってしまう自転車が多いらしい

カーナビに頼りっぱなしのドライバーも多いけれど、自転車ナビを信用しすぎると、入ってはいけない道路や場所に入り込むケースが多発しているらしい。

高速に入り込んで通報されるケースが多発しているらしく、その殆どは自転車ナビ通りに走っていて入り込んでしまったらしい。

ナビはあると便利だけれど、ナビを見ながら走ると景色が無くなって楽しいのかな。

走っているときに目を離すと結構危ないんです。

向かいからよそ見しながら走って来る自転車も結構あるし、乗っているときは必ず前方を見るようにして欲しいものです。

やはり景色は止まってみる位にしないと、危ないです。

年を取ると見える範囲も反射神経も落ちていくんですが、用心深くはなるので、そこは注意して走らないと事故につながります。

ナビは使いませんよ。

紙の地図の方が楽しいです。

ナビに走らされている状態にはならない様にしないと、自分で走っている気持ちが大切なんです。

機械には使われないぞという心構えが老化を防ぐ気がします。

使われる方が何でも楽なんですけどね。

それじゃダメなんじゃ無いかな。

きっと。


posted by 原田知篤 at 21:15 | Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: