2017年04月24日

早稲田アカデミーの一面広告

今日の朝刊に早稲田アカデミーの1面広告があった。

ただ早稲田アカデミーと書いてあるだけで、真ん中に芦田愛菜ちゃんの全身写真。

そして横に「天才はいない。」

とだけ書かれている。

天才はいない、か。

天才子役と言われていたけどね。

実際、天才としか思えない芝居をしていました。

子役と言えば、収録のために学校を休んだり早退はあたりまえという印象だけに、お勉強の方は大変なハンディがあると思うんですが、芦田愛菜ちゃんはすごいですね。

しかし早稲田アカデミーは上手くやったな。

報道によると女子学園と慶応中等部に受かったとの事で、芸能活動も両立できる慶応を選択したのだという。

芝居を見ていれば記憶力が良くて頭の回転が速いのは判っていましたが、勉強が出来るのは判らなかったですね。

子役と言うのも大人の女優へのギアチェンジが難しくて、中々成功例も無いのですが、このようなケースは初めてなのではと思います。

ただ、慶応は色々な活動を特別視しない学校らしいので、芦田愛菜ちゃんもやり易いでしょうね。

成功を祈っています。


posted by 原田知篤 at 12:38 | Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: