2017年04月19日

江の島の頂上まで行ける救急車が出来た

江の島は階段が多く頂上で急患が出た場合救急車は行く事が出来なかった。

今迄は小型の消防車などで対応していたそうなのだが、オリンピックのヨット競技が開催されるのを機に、軽ワゴンを改造した、小型の救急車が投入されることとなった。

江の島は下道と呼ばれる参道突き当り右手の道を使えば階段無しで山頂まで行ける。

ただし、非常に狭い道なので小型の車しか通れない。

そのため、真夏などに熱中症なので倒れた人などは搬送に苦労していた。

山頂部は良いとして、その途中はやはり搬送に苦労しそうです。

ストレッチャーに乗せて人力で運ぶんでしょうか。

それしか無いですね。

エスカーはあるけど登る専門なので、途中の場合は一旦山頂部まで登ってから搬送でしょうか。

大変な職業だナ。

日体大の就職先で多いのが警察官と消防士と言っていたけど、無理もありません。

体力は必要だし、何時呼び出されるかもわからないし、ちょっと10分待ってとは言えない仕事だから、やわな男どもには務まりそうもありません。

スポーツ系かあ。気力、体力すごいなあ。


posted by 原田知篤 at 09:23 | Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: