2017年04月09日

笑点で林家三平師匠が座布団苦戦中

笑点では、データ放送を使って視聴者が座布団をあげたり取ったりするようになっている。

座布団の数は大体それ程の差は付かないのだけれど、林家三平さんだけは座布団ゼロを行ったり来たり。

ダントツで低空飛行。

最近では、噛み芸になっていて、噛まないと残念なほど。

でも、しゃししゅしぇしょが特に噛みやすく、本当に噛むんだよね。

他人ごとで無いので、応援してるんだけど噛むんですよね。

あんなんで落語の方は大丈夫なんだろうかと心配。

隣の黄色の林家木久扇師匠はお年でボケ芸だけど、噛むことにかけては三平さんの方が上手。

緊張すると余計噛むんですよね。

円楽師匠が活舌が良いので、余計目だつかな。

木久扇師匠の年齢になると、噛み芸も笑えるけど、三平さん最近ちょっと笑えないんですよね。

本人は笑いながら悩んでいるかもね。

でも噛み芸も3年続ければ、本物になる。

もう少しだ。頑張れ。


posted by 原田知篤 at 21:24 | Comment(0) | テレビ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: