2017年04月08日

クロネコヤマトがアマゾンの即日配達から撤退の方向らしい

アマゾンで朝注文すると夕方には届く便利すぎるシステムが、配送を担当するクロネコヤマトに大変な負担をかけているらしい。

そりゃそうでしょ。

僅かな年会費を払ってプライム会員になると、1000円程のものでも、即日で配達したりして、どうやってクロネコは利益を得ているんだろうと不思議に思っていました。

再配達もあるし、どう考えてもおかしいです。

ヨドバシカメラは即日配送をやっているけど、配送は自前だそうですね。

まあ、ヨドバシの場合は23区限定でやっているので出来るのでしょうが、アマゾンは全国ですからね。

メールの普及で封書類はめっきり需要が減りましたが、小包は増える一方でしょう。

昔の個人商店の配達みたいな事を大掛かりにやっている印象です。

米とか水とか重いものも多いし、女性の配達員も多いので気の毒です。

需要と供給だから、あまりに仕事が酷ければ人は集まらなくなるし、自然の成り行きでしょうね。

人口の密集地と過疎地は当然ながら経費に相当の差がつくのは当然だから、それを是正するためには密集地は今より相当の送料を負担して、全体の送料をならす必要があるのではと思います。

都会の色々な便利さの代償は支払わないとね。


posted by 原田知篤 at 09:27 | Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: