2017年02月20日

大佛次郎×ねこ写真展が開かれるという

2月22日はニャンニャンニャンでネコの日。

そのネコの日から横浜中区にある大佛次郎記念館ではねこ写真展が開かれるという。

何時までかは不明だが、評判が良ければ展示が続くのかも知れない。

生涯に500匹のネコの面倒を見た大佛次郎氏はネコマニアの神。

これは行かなくては。

ネコは長らく犬よりも飼育数が少なかったが、今は犬を追い越しそうな勢い。

ただ、ネコの飼育数は横ばいで犬の方が減り続けているという。

ネコを扱った雑誌やテレビも多く、ネコ関連の商売は盛り上がっているらしい。

ネコは犬ほど獣医にかかる事は多くは無いが、オシッコ関係の病気が多く、我が家も特殊なエサでずっと予防している。

餌代をケチるとネコが可哀そうなことになるので、これは仕方ありません。

特に最近は長生きなのでネコの老後も幸せでないとね。

大佛次郎氏の時代はそんなにエサも出ていないだろうし、鰹節にご飯でもやっていたのでしょうか。

寿命も今ほどは長くは無かったろうから、どんな時代だったのでしょうかね。


posted by 原田知篤 at 10:42 | Comment(0) | ネコ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: