2017年02月19日

脳卒中のリスクが納豆で3割減

納豆を良く食べる人は脳卒中のリスクが3割減る事が朝刊に出ていた。

そうなんです。

納豆は嫌いだけれども、無理して食べているのです。

忘れてしまって、中々、毎日というわけには行きませんが結構週に2,3回は食べています。

ご飯に混ぜるなどと言う芸当は出来ず、おなかの空いた夕飯の最初に納豆だけを食べます。

まあ、薬と思っているので別に美味しいという感情はありませんが、結構義務感で食べいます。

子供の時から食べ慣れていないものは、中々難しいですね。

外国人で納豆が好きというのはすごいな。

最も多く食べるグループから全く食べないグループまで4つのグループに分けて調査したらしい。

最も沢山食べるグループは納豆を馬のようにでも食べるのかと思ったら35g入りのパックを週1,2回食べるグループという。

えっ、それじゃ私はその上の、ものすごく食べるグループではありません。

冷蔵庫にあるパックの容量を見たら45gなので調査の納豆より多いです。

こりゃ脳卒中のリスクが半分くらいになってないかな。

脳卒中は親戚に居るので怖いんです。

あれはきついです。

本人も家族も。

納豆ぐらいでリスクが減るのなら絶対食べるべきです。

豆腐や味噌など大豆を使ったものならやはり効果があるそうです。


posted by 原田知篤 at 09:12 | Comment(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: