2017年02月15日

テーマ展「大佛次郎のフランス」

生涯で500匹の猫の面倒を見たという大佛次郎氏の企画展「大佛次郎のフランス」が港の見える公園の大佛次郎記念館で開かれている。

3月の12日までだそうだ。

もう見てきたので、そうか3月12日で終わるのかという感じなのですが、ネコ好きならネコ好きの神の企画展は行かなくてはね。

趣味はと聞かれてネコとフランスと答えた人だけにネコ関連のものも一杯。

私だって事情が許さないだけで、ネコ20匹くらいなら家に居ても良いですよ。

でも趣味はネコとは言えないけど。

夏目漱石とか文豪にはネコ好きが多いんです。

犬だと、素直過ぎて文学にならないのかも知れません。

結局誰も生きているうちにはネコの生態を完全には把握できないようです。

そこがネコの深いところで魅力なんです。

ネコの方が犬より頭が悪いという人がいるけど、そもそも人間の作ったテストなんてネコはまともに受けようとしないですからね。

頭が悪くないのは間違いないです。

むしろ人間がからかわれている気がしますけどね。


posted by 原田知篤 at 19:05 | Comment(0) | ネコ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: