2016年12月05日

今朝のAERAの記事に猫の寿命が30歳にとあったのだが

今朝のAERAの中づりを見て驚いた人もいると思う。

ネコの寿命が30歳に 死因一位の腎臓病の最新治療。

ネコがオシッコ関連で弱点がある動物なのは良く知られているが、腎臓病の最新治療で寿命が伸びるなら、人間の方も何とかなる可能性もありそうだ。

うちの猫たちもオシッコのつまりで2匹とも病院のお世話になった。

圧倒的にオスの病気なのだが、これは尿道が狭い事から起きる病で腎臓病とは違う。

これは、ちょっと明日立ち読みしてくるかな。

30年も一緒に暮らすと子供より長く一緒にいる事になる。

下手すると夫婦よりも長くなるかも知れない。

もはやペットとは呼べないネコのポジションは、人間にとって何なんだろう。


posted by 原田知篤 at 14:29 | Comment(0) | ネコ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: