2016年11月16日

ものすごく大きなブラックバスが獲れたのに

テレビでブラックバスやブルーギルなどの外来魚を駆除しているという漁師さんがテレビに出ていた。

琵琶湖の話である。

「ビックリするぞ」 と漁師さんが発泡スチロールの箱を開けると、一瞬ハマチかと思うような大きさのブラックバスが登場。

こんな大物は聞いたことも見たこともないが、記者のリアクションの薄い事。あれれ。

編集の方もブラックバスを良く知らなかったらしく、あっという間に別のシーンに移動してしまった。

魚の事良く知らない記者は取材に行ってはいけないんじゃないか。

一応、ブラックバスの大きさが普通はどの位かは勉強してから行かないと、見ている方とのギャップがひどいよ。

ブルーギルは小さなものばかりでどうという事はなかったが、ブラックバスはすごかった。

でも殆どハマチと間違えるくらい、あっという間しか映らなかったので本当に残念。

20mのジンベイザメにはびっくりしないが、10pのミヤコタナゴが居たら大発見なんですよ。


posted by 原田知篤 at 18:31 | Comment(0) | 釣り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: