2018年04月05日

京都の舞鶴場所の土俵上で舞鶴市長がくも膜下出血で倒れる

京都の舞鶴で行われていた巡業で、挨拶に立った舞鶴市長が土俵上で突然倒れ、何もできない周りの人達の中で看護師の女性が人工呼吸をほどこしました。

その際に、女性は土俵から下りるようにアナウンスした事が問題になっています。

ともかくこの事でわかるように、緊急時にどうすべきかが訓練できていないというか、何事も上にお伺いを立てないと何もできない組織なんでしょう。

勝手に何かをしてしまうと、上からげんこつでも飛んでくるのではという恐れを誰もが持っている組織なんでしょう。

最近は特にマスコミ等でたたかれているので、余計に敏感になっていると思われます。

簡単な事でも勝手に自由に出来ないというのは、ストレスですよね。

組織に属していると仕方ないのかな。

今回の件では、周りから「女が土俵に上がって良いのか」というような声が聞こえて、アナウンスをしていた行司さんが過剰に反応してしまったという事情もあるようです。

少しでも世間の常識の中で生きていれば、ありえない反応をしてしまったのでしょうが、何の世界でもその世界だけの非常識が常識になっているという事はありがちなので、なるべく色々な世界の人と付き合う事も必要なのでしょう。


posted by 原田知篤 at 18:12 | Comment(0) | ニュース