2018年03月08日

北島三郎さんの次男が51歳で亡くなった

北島三郎さんと言えば80歳を超えても現役で歌っている、演歌の最高峰の歌い手ですが、その次男が51歳で突然亡くなりました。

北島家に生まれて良い事も辛いこともあったのでしょうが、51才は早すぎます。

今日は父の93才の誕生日ですので余計、色々考えてしまいました。

父よりも42年早く先に亡くなってしまったわけです。

長く生きれば良いというものではないですが、元気で長生きできれば、それこそが最高の人生だと思うんです。

死んだらすべては終わりですから、いつまでも元気でいたいものです。

誰もがそう望むけれど、すべてが望みどおりに行くはずはありません。

でも、そうしたいと強く思うだけで、結果は変わる気がします。

結局は気持ちの問題だと思うんです。

もうどうでもいいやと思ったら、たぶんどうでも良い事になると思います。

それも気持ちの問題で、希望を持って備える気持ち。

父はまだまだ元気で何才まで生きるか分かりません。

でも、父の老後はもうすぐ来る私の老後でもあるので、私の老後を占う意味でも、元気で長生きをして欲しいと思います。


posted by 原田知篤 at 16:28 | Comment(0) | 健康