2017年10月06日

芸は身を助く

昔から「芸は身を助く」といいます。

一芸を身に付けておくと人生で役に立つ事が必ずあるというような意味ですが、お笑い芸人キンタロー。の社交ダンスがまさにそれですね。

前田敦子さんのものまねでブレイクしましたが、それ一発で終わっても不思議では無いような立ち位置でした。

でも社交ダンスがタレントとしては飛びぬけていて、何かとダンス関連で取り上げられ続け、ものまねでもダンスを生かして、e-Girlsや欅坂46などのダンス系のものまねは他の追随を許さず、お笑いの要素も加えて、ものまね番組では欠かせない存在です。

やっぱり芸は身を助くんです。

ただ、あの域に達するのはとてつもない努力が要ります。

まあ、だからこそ、身を助けるんでしょう。

AKBグループでも何か一芸でも無いと、数が多すぎて出てこれなくなっていますからね。

本当に、何であんなに数が増えたんだろう。

覚えきれないよ。


posted by 原田知篤 at 23:12 | Comment(0) | テレビ

大杉漣さんてギターとハーモニカ上手いんだね

今日のぴったんこカンカンは北野武さんがゲスト。

映画アウトレイジの宣伝で出演している大杉漣さんと原田泰造さんが来ている。

原田さんはすぐに帰ってしまったが大杉漣さんは北野監督と色々やってた。

大杉漣さんのギターとハーモニカの伴奏でたけしさん作詞作曲の「浅草キッド」をたけしさん本人が歌ったのだけれど、歌ももちろん良かったのですが、大杉漣さんのギターとハーモニカが上手かったです。

少し緊張気味でしたが、大したものです。

そうとう手慣れていますね。

ギターは年をとってもあまりひどい事になりにくいので良いですね。

フレットが無いヴァイオリンとかだと結構悲惨だからなあ。

大杉漣さんは北野監督のソナチネのオーディションに受かって出演するまで俳優として鳴かず飛ばずで役者を止めようかと考えていたという。

もう北野映画だけで今回が10本目なんだそうです。

何事もきっかけと運が重要なんですね。

チャンスが来たら絶対逃してはダメなんです。

チャンスに気が付かないことも多いんですけどね。


posted by 原田知篤 at 21:04 | Comment(0) | テレビ