2017年09月01日

小樽の裕次郎記念館が昨日閉館した

石原裕次郎記念館は小樽での観光スポットだったけれど、昨日9月31日で閉館しました。

26年間も開いていたそうで、むしろその方にビックリします。

いくら裕次郎の記念館といっても一度見たら2度目は殆ど無いだろうし、1度も行かない層が殆どだろうし、開いていれば人員を常に配置しておく必要があるし、よく経営出来たなと驚くばかりです。

美術館とか博物館とかでも大変だろうに、記念館となると入場者収入だけではどうにもならない訳で、赤字を誰が補てんしていたのだろう。

美術館や博物館などは自治体が予算を出しているケースが多く、存在にも意義があるので赤字でもやれるという事はあると思うのだが記念館となると・・・

要するに石原裕次郎を見て育った世代が年をとって小樽にも行かなくなったという事なんでしょう。

結局、役目は終わったという事なのかな。

26年頑張れば十分だった気もします。

裕次郎をみて育った世代って70歳以上ですからね。

もう駄目でしょう。

67才の僕が全然興味ないもの。


posted by 原田知篤 at 13:35 | Comment(0) | ニュース

湘南藤沢の海水浴場は今年は大苦戦

今年の関東の8月は雨が多く海水浴場の苦戦は言われていた。

正確な数字はまだ出ていないようだが、藤沢市にある鵠沼、片瀬東浜、西浜の3つの海水浴場の客数は昨年は241万人だったそうだが、今年は200万人を割るのは間違いなさそうだし、実感としては本当に人が少なかった印象。

実際の数字は半減近いかも知れない。

15年前に冷夏で海水浴客が減った事があったがそれ以来という。

今年は冷夏というよりは雨が問題なので、雨の中で甲羅干しはやらないしね。

あとはやはり10代20代の若者たちの海離れが顕著という。

若い女の子が沢山来れば、おのずと男どもも寄ってくるのだけれど、女の子が美白ブームでむしろ太陽の日差しを毛嫌いしているしね。

紫外線が肌の大敵という、化粧品会社だかドクター達のほとんど洗脳のような意見の繰り返しもあるんでしょう。

バカいっていると年をとって骨粗しょう症になっても知らんぞ。

年をとったら足の骨がしゃんとしていて自分で歩けるかどうかが勝負なのだから、太陽を嫌っていてはいけません。

そのあたりをちゃんと啓蒙しないと、骨ボキボキ人間ばかりになって日本の将来は大変だ。

昔はナンパは海と決まっていて、男も女も浜辺でウロウロしたものですけどね。

新島なんてそれで盛り上がったようなものなんですが、今はナンパだったら渋谷のセンター街の方が女の子いっぱい居るし。

海に行っても家族連れだけで若い子達は本当に少ない。

それだとおじさんもだんだん行かなくなってしまうんですよ。

海の家とか若い子揃えて頑張っているんだけどね。


posted by 原田知篤 at 13:23 | Comment(0) | ニュース

京浜運河でハゼ釣りのニュースが載っていた

今日から9月。

ハゼ釣りのニュースが朝刊に載っていた。

うちの近所でも、面白いように釣れていたハゼも、先日に行った時には全くおらず、深みに落ちていったようだ。

水深がある場所でしかだんだん釣れなくなるけれど、港の護岸は今は釣りが禁止されてしまったので、今のうちなんでしょう。

ハゼは居れば釣れるので、釣れない時は居ない。

いる場所に移動しないと釣れない事になります。

地元の人は何時釣れて何時居なくなるというのはある程度知っているので、人がにぎわっている時は釣れるし、誰も釣っていない時は魚がいない。

エサはイソメ類やアミエビと書いているけれど、アミエビで釣った事は無いですねえ。

アミエビで釣れるのならエサ代は安いし、ハゼは美味しいのでい良い釣りですねえ。

いつもはゴカイかミミズというのが定番でしたが、アミエビねえ。

エサ持ちが悪いけど、次々釣れるのなら問題ないしね。

ハゼはアサリにでも食いつくし、ようするにダボハゼという悪口もある位だから何でも食べるんでしょう。

新聞に出たから明日の日曜、混んでるだろうな。


posted by 原田知篤 at 13:01 | Comment(0) | ニュース