2017年08月06日

バスの旅で真名瀬をやっている

路線バスの旅という番組がある。

今、三浦半島の葉山真名瀬をやっている。

真名瀬のあたりだけではないが、三浦半島西岸は海岸に沿った道路がやたら狭く、買い物も便利ではないし、病院も多いわけではなく、住むには中々ハードルが高く思える。

住めば絶対都なんだろうけれど、何かと東京に出るには交通が不便だし、子供が学校でも行き始めれば、小学校はともかく、中高大と進むと色々物入りでしょう。

と想像しながら、たまに三浦半島の西岸を訪れると、こんなに気分が落ち着く場所も無く別荘が多いのもうなづけます。

大体、葉山には御用邸があって、あのあたりの海は奇麗で心が洗われる気がします。

海岸には警官が常駐していて、大変な仕事だなあ。

絶対寝れないし、死ぬほど暇なはずなのにコックリも出来ないなんて、普通の人には絶対無理。

精神力が強靭な別世界の人で無いと務まりません。

真名瀬には漁港もあって雰囲気がある小さな港です。

昔ながらの生活も海岸沿いにあるんですが、所々にお金が余っている人が思い付きで作ったような別荘的な建物があって、お金持ちも時々は葉山に来たくなるんですね。

貧乏人でも来たくなるんですから、誰でも来たくなるでしょう。

でも住むというのはやっぱり別かな。

子供を育てる時はやはり色々な物が便利じゃ無いと困ります。

子供がいなくて元気なら、山奥でも無人島でもご自由にです。

それが出来ないから便利なところに住むわけです。

そして年をとったら病院と介護施設は近いほうが良いですね。

でも、どんな場所でも住めば都になるのが人間の良いところ。

夫婦だと、家の旦那が一番にならない人が出てくるのは不思議ですね。

よっぽど、悪い事をしたのかな。


posted by 原田知篤 at 17:10 | Comment(0) | テレビ

久しぶりにセンター北に降りてみた

横浜のニュータウンと言えば地下鉄の「センター北」でしょうか。

「センター南」もあって、両方で大きな町になりました。

駅を降りると正面に大きな歩道があり、車は通らないので安心です。

子供を遊ばせられる広場もあって、小さな子が走り回っています。

それにしても今日は暑い。

小さな子は大丈夫かな。

付近の店を回ってみましたが、全体に婦人物が多く、男の心をコチョコチョするような店はありませんね。

やはりベッドタウンなんです。

「センター南の方には巨大100円ショップとか大手家電店とかあったので、男性はそっちかな。

DTYの店もそっちだったかな。

男は南、女は北という事で良いんでしょうか。

でも、センター北、南は平らに広がった町ですので、やたら立体交差にして坂の多い設計の住みにくいニュータウンではありません。

自転車にも優しく、お年寄りにも優しい街です。

都市設計は車用に造ってしまうと、町全体が年をとった時に、非常に住み辛くなります。

年をとると車いすとか、そうでなくても歩いて買い物とか多いし、結局車も思い切り使えるのは、元気なうちなんですよね。


posted by 原田知篤 at 16:26 | Comment(0) | 日記