2017年07月05日

エスカレーターを歩行しないでというけれど

エスカレーターで関東では急ぐ人が歩けるように、右側を空ける習慣がある。

最近、エスカレーターを歩くと危ないとか、左半身が不自由な人には左に寄るのは辛いとかいう話が出てきて、エスカレーターを歩く人が規則違反をしているような話が出てきています。

うーん。あの速度のエスカレーターをじっと待っていられますかね。

本当に誰も歩かなくなったら、エスカレーターの渋滞が凄い事になりそうです。

右はドンドン進むから列がはけていくのに、誰も歩かなくなったら大変と思うけどなあ。

体に障害があってエスカレーターに乗りにくい人はエレベーターじゃダメなんですか。

むしろ特に荷物も持っていない若い人はエレベーター禁止だと、その方が理解できますけどね。

エスカレーターを歩くのを禁止するのなら、逆に階段を設置して欲しいです。

エスカレーターだけで階段が無いほうが大問題だと思います。

エスカレーターを走るのは論外ですが、歩くのが何故悪いのかまったく分かりません。

東横線の横浜駅なんて、エスカレーター歩行を禁止したら、ホームに人が溢れて駅の機能は止まりますよ。

今はガードがあるので人は線路に落ちたりはしないでしょうが、身動きが取れなくなってホーム全体が満員電車のようになります。

間違いありません。


posted by 原田知篤 at 22:04 | Comment(0) | 日記

今日も暑かったけど、世界はそんなものじゃ無かった

今日は昨日と同様、非常に暑かったのですが、湿気はあったものの31度ほど。

すごく暑いんですけど、世界はそんなものじゃ無かった。

今年は熱波が地球を襲っているらしいのですが、6月29日に何とイランで53,7度を記録したそうです。

これは観測史上最高温度に並ぶ数字でとてつもない暑さ。

お風呂だって43度だと結構暑いですよね。

湿度が無いイランでの数字で日本の湿度で50度もあったら、もう生きて行けません。

もちろんイランでも人体に危険なレべルの気温で、どうしたらいいのでしょうか。

エアコンも普通のエアコンでは外気との熱交換が出来ないほどの気温です。

カリフォルニアでも50度を超えたらしく、欧州、中東、米国など強烈な熱波は4月から衰えず、5月6月も記録的な暑さになったという。

日本の梅雨も変だし、異常気象なんでしょう。

人間も贅沢だから、結構快適な気温の幅は狭くて、18度から25度位でしょうか。

でも、ずっとこんな気温だったら、世界中バカになるでしょうね。

暑かったり寒かったりするから人間は色々考えるわけで、ずっと同じ気温じゃだめですね。


posted by 原田知篤 at 21:41 | Comment(0) | ニュース

希少種とされて絶滅を心配されていたオオタカが希少種を外れる

オオタカは数が減って絶滅を心配される希少種とされてきた。

このたび、保護によって数が増え希少種から解除されることになった。

オオタカが結構目撃されるケースが増えて、鷹匠の人からもオオタカは良く見るよという話は10年ほど前にすでに聞いていた。

そして希少種の解除となった次第。

ただし希少種から解除されても、勝手に捕まえて飼ったり販売したり出来るわけでは無く、保護していかなければならないのは一緒でしょう。

オオタカがある程度増えれば、カラスとかカワウとかが異様に繁殖することも無くなるのではないでしょうか。

上野動物園の不忍池の島に怪我で飛べなくなったオオタカを2羽飼育していて、近くには寄れないのですが、ケージの無い島の木の上で、ずっと巣に立っているオオタカは印象的でした。

今も元気でいるのでしょうかね。

しばらく上野動物園には行っていないなあ。

年間50回位行っていた年もあったんだけどね。


posted by 原田知篤 at 21:02 | Comment(0) | ニュース

上野動物園のパンダの赤ちゃんが大きくなった

上野動物園で生まれたパンダの赤ちゃんが3週間がたち、随分大きくなりました。

体重は607.9gとなって中々の存在感です。

親が大きいので、あまり大きくは見えませんが、ネコだったら充分に飛び回っている子猫の大きさです。

毛もだんだん生えてきましたが、まだ肌が透けて見えます。

あれでピンクの肌が見えなくなって、白黒の毛で覆われたら立派なパンダです。

動物は毛があった方が可愛いのに、人間は体の毛は脱毛したがるんですよね。

ネコのスフィンクスは体毛が無いので何だか見た目気持ちが悪いしね。

でも、毛が部屋に落ちないのとダニが付かないので、それなりに人気があるらしいけど。

体毛は要らないけど、頭髪は欲しい。

これが一般的な毛に対する願望でしょうかね。

動物みたいに顔にも毛があると、シワとか目立たなくて年齢が分からないで有利な面もありそうです。

毛の多いネコとか年が結構分からないですからね。

毛の艶は無くなってくるけれど、顔を見ていると若い時と同じに可愛いし、ネコみたいな毛の生涯も良いでしょうかね。


posted by 原田知篤 at 20:17 | Comment(0) | ネコ

2033年には2150万戸の空き家が出るという予測

朝刊を見て考えさせられた。

総務省の試算によると2033年には全国の空き家が2150戸に及ぶという。

人口が減り続けるので、計算ではそうなるのでしょうが、東京にも空き家が出始めれば近隣からの流入もあるだろうし、特にオフィスは東京が適度な価格まで下がれば、東京に行くでしょうね。

でも需要と供給の関係なので、東京以外がとんでもなく家賃が安ければ、そちらはそちらで人気が出るかも知れません。

ボロ家でも建っているほうが良いのか、更地が良いのかは微妙ですが、更地にすると固定資産税が6倍に上がるという軽減処置が空き家が増え続ける原因なのは間違いありません。

ただ、家主もだんだん年をとるし、あっという間に解体する気力も金力も無くなってしまう年代に突入する危険だってあります。

こんなに空き家があるんじゃ、誰かが黙って住み着いても分からないケースもありそう。

実は家の隣の家が以前空き家になっていて、アカの他人が黙って入り込みボヤを出して騒動になった事があるのです。

当然家は壊されて今はオフィスになっていますが、空き家は大問題なんです。

私の所は商業地なので住宅も壊されて利用できましたが、駅から遠い住宅地ではどうにもなりません。

私の田舎も空き家になっているけど、田舎過ぎて誰も住まないし、スズメバチが巣を作って我が物顔に住んでいるという話を聞きました。

スズメバチのアライグマもコウモリもとりあえず火事は出さないと思うので人間よりは良いかな。


posted by 原田知篤 at 18:38 | Comment(0) | ニュース

藤沢市の観光客が一昨年より31万人増えたという

朝刊に昨年の藤沢市の観光客が一昨年より31万人増えたという。

何かと観光面では、お隣の鎌倉市に後れをとっている藤沢市。

でも藤沢市には虎の子の江の島があります。

江の島は季節に関係なく観光客が多い場所だし、狭い島内にこれ以上観光客が増えても困るかも知れません。

何だかんだ言っても鎌倉は見どころが多いし、狭いとはいっても町全体が観光地みたいなものだし、やはりお客さんは多いですよね。

おまけに海水浴場まであるしね。

雨が降っても江ノ島水族館という選択肢もあるのが江の島の強みかも。

藤沢市の方は観光という事に限ると、完全に最南部の江の島と片瀬海岸に依存しているので、夏の海水浴場は湘南の中心として人気がありましたが、全体としての海水浴離れからの回復傾向なのでしょうね。

一時期紫外線が皮膚に悪い様な事を言われて、美白傾向に世間が走ってしまった気がしますが、今は骨のために太陽に当たってビタミン何だかを作らないと、老後が大変だという話があって、太陽族が増えた気がします。

冬でも、海岸にはサーファーで一杯です。

でもあれは観光客では無くて地元の人間ですね。

また、昔の片瀬海岸の芋を洗う様と言われた賑わいが戻ると良いのですが。


posted by 原田知篤 at 18:15 | Comment(0) | ニュース

川崎港にホテル替わりのクルーズ船を誘致

東京オリンピックの際に外国人観光客用のホテルが不足することをふまえ、クルーズ船を川崎港にホテル替わりに誘致することを決定した。

横浜港や東京港では今までもクルーズ船を受け入れてきたので、川崎もと言う事なのでしょう。

でも川崎ってクルーズ船が入れるようなふ頭ってありましたっけ。

しかも川崎の中心部から海までは結構遠くて、横浜や東京のような訳にはいかないのではと思うんですよね。

でもクリア出来そうだから、やろうかなと思ったんでしょうが、本当に何処に船を着けるつもりなんだろう。

まあいいや。

頑張って欲しいです。

川崎も東京都横浜に挟まれて、何かと辛い思いもしているかと思うので、上手くいくと良いですね。

川崎は縦に細長い形で商業地が3つに分かれていて、不思議な市なんです。

今は中央の武蔵小杉を中心に発展を続けていますし、行政も中央部にあった方が便利なのではという意見もあるし、将来的にはそうなるかも知れません。

横浜から走っているとあっという間に東京に入ってしまい、川崎ってどれだけ細長いんだって思い知ります。


posted by 原田知篤 at 12:52 | Comment(0) | ニュース

電動アシストマウンテンバイクがパナソニックから発売される

パナソニックから電動アシストのマウンテンバイクが発売される。

発売は9月だそうだが、電動アシストのマウンテンバイクって、仲間からバカにされそう。

欧州では電動アシストの付いたマウンテンバイクを楽しむ人が増えていると新聞にはあったけれど、いわゆるママチャリにあたる自転車が欧州には殆ど無いのではないか。

日本だと電動アシスト車というと買い物や子供を載せるものが殆どだけれど、スポーツ車にアシストなんて要るかな?

自転車に乗って大丈夫かなと思うようなお年寄りが坂道をすいすいと電動アシスト車で追い抜いて行くのを見ていると、あれ本当に1体2のアシスト比かな。

アシストが付いていない自転車で3分の1のギアにしても、坂をスイスイ登れるわけでは無いし、立つのも心配な位のお年寄りが坂道スイスイ登れるかなと思うんです。

絶対にアシスト比は下駄をはかせていると思うし、パダルを漕がなくても平地だったら十分に動く自転車もあるのではと疑ってしまいます。

私はせっかくの運動なので、アシストなんて無いほうがありがたいんですが、坂道でスイスイ追い抜かれると良い気はしません。

せっかくの運動の機会をもったいないな、と悔し紛れに呟くぐらいですが、出だしが風体の割に良すぎるのもすれ違う際に気を付けなければいけない事です。

お年寄りが電動アシストを付けるのはともかく、若い人が電動アシスト要りますかね。

住んでる場所が坂道が多いとかなのかな。


posted by 原田知篤 at 12:16 | Comment(0) | サイクリング