2017年07月03日

都民ファーストが圧勝

昨日の東京都議会選挙で小池百合子さん率いる都民ファーストが圧勝した。

戦前の評論家の予想では自民党48議席と予想する評論家もいたし、厳しい予想でも38議席という予想があった。

あれだけ次々に信じられない事が飛び出しても、まだそんなに議席が取れるものだと、さすがに自民党は組織が違うな位に思っていましたが、ふたを開けて見ると当選確実がずーっと0のまま。

投票終了の8時と同時に30人の当選確実が出たそうですから、出口調査もすごいです。

都民ファーストは39議席の当選確実が出ているのに自民は0って・・・

そりゃそうだ。

あの狂気のハゲーの罵声をテレビで繰り返し流されて、素直に自民に入れるハゲは居ません。

確かに色々あったけれど、本能的にあの金切り声の罵声は有権者のアレルギーを発症させました。

稲田防衛相の自衛隊お願いやら、安倍首相の加計学園問題やら下村博文都連会長の200万円献金問題とか確かに色々ありました。

でも、一番強烈だったのは豊田衆院議員の秘書への暴言、暴力問題です。

動かぬ証拠があるのと、頭で考えなくても直感的に拒否反応が出てしまったんです。

だから、今回自民党が23議席取ったというのは、拒否本能も出ないで自民党に入れたわけですから、余程信じ切っているか、鈍感かだと思うんです。

まあ、都民ファーストが天下をとっても、都政が上手く行くかは分からないですが、今回はあれだけ問題が出てくると都民の行動は正しかったと思いますよ。

これで、自民党がまともになれば良いではありませんか。

それにしても公明党に甘えているうちに、すっかり甘え切って足腰が弱っていたんですね。

立ち直るのは大変だ。

結局、小池さん自身が問題児発見機だったんでしょう。


posted by 原田知篤 at 19:55 | Comment(0) | ニュース