2017年07月31日

TBSテレビで阿久悠さんの特集を3時間もやっている

今日は大変な事になています。

先日永眠された作詞家の阿久悠さんの特集が延々と続けられています。

次々と放送される曲はさすがに知っている曲ばかりなので懐かしいですよ。

さすがと思わせる歌手もいれば、あれこんなだったかなと思う歌手もいたりして、元気な方は何より。

八代亜紀さんとかは相変わらず上手かったですね。

ザ・ピーナッツも思い出の中の通り絶品でした。

高橋真梨子さんは今の方が良いですね。

だんだん崩れる歌手は多いけれど、年と共にしゃっきりしてくる歌手って真梨子さん位かな。

昔から一級品なんですが、今は超が付くかな。

でも4時間、種が尽きずに知っているヒット曲ばかりで番組が作れるって、阿久悠さんという作詞家は本当にすごいです。

今は作詞家といってもすぐに思い浮かびませんね。

4時間の特集を組めるとすると、後は誰だろう。

作曲家だと筒美京平なら簡単に出来るだろうけど、本人のビデオが殆ど無いしなあ。

あとはサザンとユーミン位かなあ。

でも出演者が同じだからなあ、4時間は長いかもね。

こんな事を書いているうちに西城秀樹さんが歌っていました。

あんなに歌上手かったんですね。

当時は感じたことなかったなあ。

歌手は今の方が上手いと思うんだけど、歌いにくい歌ばかりになっているからなあ。

カラオケなんて年寄りには歌いだせない歌ばかりです。

つまり何処から出たらいいか判らない。


posted by 原田知篤 at 21:03 | Comment(0) | テレビ

夏休みなのに天気がおかし過ぎる

一昨日は結構な雨が降りました。

夏なのに高気圧が全然乗って来ず、曇りの日が続いています。

晴れたり急に雨が降ったり、ともかく不安定。

今日は午後から珍しく晴天ですが、夕立の恐れもあるらしい。

明日は雨らしいし、その後の予報も夏らしいカッとした晴天は望めず、ずっと曇りの様なおかしな天気。

遊びに出かけるタイミングが難しい陽気です。

夏は植物が枯れてセミが落ちてくる位の暑さで正常なので、涼しくてありがとうとも言っておられません。

海水浴やプールなどは影響を受けているのではないでしょうか。

エアコン市場もこの中途半端な暑さでは景気は悪いでしょうね。

夏は暑く冬は寒くでないと、色々上手くいきません。

今年の夏は猛暑だと言っていたのに、今のところ当たっていませんね。

何だかんだで土用波が来てしまうし、夏も終わってしまいます。

そのころ暑くなっても遅いんですよ。

学校も仕事も始まってしまいますから。

今日だけは一応熱くはなったらしいですが、家から出なかったのであまり感じませんでした。

テレビで海岸の様子をやっていましたが、平日のせいもあるのでしょうか、人が少ないです。

せっかくの週末は天気が今一つだったし。

テレビでやっていたのは片瀬江ノ島海岸で2時半ごろの様子をやっていましたが、往年の芋を洗う様な状況とは激変して水球でも出来そうな空き様です。

海水浴客は最盛期の4分の1になったそうですが、そんなもんじゃないな。

本当の数は10分の1かも知れませんね。

明日からは8月。

はやく夏らしくなって海に行こう。

そうもいかない天気らしいです。


posted by 原田知篤 at 16:35 | Comment(0) | 日記

2017年07月30日

ヤマカガシに小学生が噛まれる。一時重体。

兵庫県の公園で小学5年生がヤマカガシに噛まれて一時重体になるニュースがありました。

そう、ヤマカガシは毒蛇なんです。

私の子供の頃はヤマカガシはそこら中にいて、毎日は出会いませんが、良く見るヘビでした。

色は色々あるらしいのですが、私の知っているヤマカガシはオレンジ色の模様のやつです。

小さい頃は毒があるなんて誰も言いませんでしたし、実際毒蛇とは認識されていないようでした。

マムシやハブみたいにすぐに噛みついたりしない大人しいヘビでしたし、人間が寄って行くとすぐに逃げるヘビなので誰も気にしなかったのでしょうか。

一応、ヤマカガシに噛まれた死亡例は4,5件ほどあるそうで、これはヤマカガシが毒蛇と認識され始めた、ここ50年位の人数です。

これまでも噛まれて死亡した例もあったと思うのですが、マムシのせいにされていたのかも知れません。

ヤマカガシは臆病なヘビなので積極的に掴みに行ったりいたぶったりしない限りは噛んだりしません。

ペットとして飼われているヤマカガシも多く、人に慣れていれば噛んだりはしません。

今回の事故も、公園でヤマカガシを見つけた小学生が追い回したりした挙句、噛まれた小学5年生の友人がリュックに入れて家に持ち帰ったというのですから、男の子ですねえ。

でもこの事故で、また外で遊ぶ子が減らないかと心配です。

マダニに噛まれたネコに噛まれた女性の死亡事故の直後ですので、夏休みなのに何だかなあと思います。

山や海の危険生物の特集をこの時期になるとテレビで毎年やりますが、あれは影響ありますね。

山離れ、海離れは深刻で、登山しているのは老人ばかり。

富士山や高尾山は外国人で一杯ですが、他の山では若い人は本当に少ない。

海も海水浴客は減る一方で、子供たちは夏休みに何をしているのでしょう。

自然に触れなければ危険にも出会わないし、外に出なければ交通事故にも遭わないし、悪い大人にも会わないというのは、日本人の今後に重大な影響を及ぼす気がしますよ。

体の問題だけではなく心の問題としてもね。


posted by 原田知篤 at 21:57 | Comment(0) | ニュース

全国のレアな無人駅の事をやっていた

昨夜の「あるある議事堂」では無人駅特集をやっていた。

一日に1本しか電車の来ない無人駅や湖の真ん中の半島の先にある無人駅。

鉄橋の上にあって7階の高さを階段で降りなければならない無人駅など、レアな駅があるものです。

どれも何時無くなってもおかしくない駅で線路そのものが廃線になる予定の駅もありました。

鉄道マニアは異常に熱い人が多いので、傍から見ていると真正なのかキャラなのか分からなくなることが多いのですが、まあ真正キャラとして見た方が面白いでしょうね。

何でも斜めから見るのは良くないです。

それにしても、ホリプロのマネージャーが本業だという鉄オタの人は、仕事大丈夫なんでしょうか。

マネージャーってタレントさんに付きっきりで全国めぐっている暇は無いと思うんですが、そのあたりは疑問です。

7年かけて全国の駅を回っている人もビデオで出たりして、生活はどうなっているんでしょうか。

趣味と生活との兼ね合いが難しいんですよネ。

奥さんが生活を支えていたりすると、自由に旅行できるのかな。

でも旅行って、普通に生活するよりお金がかかるし、野宿って訳にもいかないだろうし、謎が多すぎる。

全国1万の駅全部に降り立った人もスタジオに来ていましたが、生活の裏側に興味があります。

みんな、好きな事が思う様に出来ないから苦労しているわけで、何かを犠牲にして鉄オタやってるんでしょうか。

でも好きな事があると言う事が、そもそも選ばれて人間の気がするし、定年後何をしていいか分からないでボーっとしている老人の話を聞くと、理想の生き方って何だろうって思うんですよ。


posted by 原田知篤 at 12:22 | Comment(0) | テレビ

朝、日韓のハンドボールの試合をニュースでやっていたけど

朝に、情報番組でハンドボールの試合の事をやっていた。

日韓戦で、韓国がハンドボールが強いのは知られているけれど、映し出されるのは日本がブロックしたり、ゴールを決めるショットばかり。

これは勝ったのかと思ったら、結局同点なんですね、これが。

うーん、これが編集というものか。

大本営発表よりは罪が無いとはいえ、そうなんだ。

あまり、乗せられちゃいけないな。

オリンピックでも金メダルを取りますなんて言わされて(たぶん)結局予選落ちなんて沢山あるもんね。

格闘技とかは前日に訴えられるんじゃと思うような罵り方でやりあって、アレで盛り上がるんですかね。

公平な報道はありえないけど、見ている方もだんだん笑っちゃうよね。

またバカ言っちゃって、としか思わなくなりますよ。

新聞も最近はアンチ安倍一色っぽくなっているので、ネットでバランスを取らないと、変な頭になりそうです。

安心して下さい。とは中々言えない時代です。

穿いてますよ。の人あまりテレビで見ませんね。

確か不倫がばれて何となく出番が減った筈。

芸能界も安心できなかったわけです。


posted by 原田知篤 at 09:11 | Comment(0) | テレビ

2017年07月29日

スマホの保有世帯が遂にパソコンに並んだという

2017年度情報通信白書によると、スマホを保有する世帯がパソコンを保有する世帯数に追いついたという。

スマホの保有世帯は71.8%、パソコンは73%。

実際には老人以外は仕事などで外に出ているわけで、電源をONにして接している時間は圧倒的にスマホに軍備が上がると思われます。

電話やメールをスマホで受け取る習慣が出来てしまえば、わざわざパソコンの電源を入れなくても大抵の事はスマホで済んでしまうので、スマホへの依存度は増すばかりと思います。

実際、私のページの訪問者も3分の2はスマホからですので、そのうち4分の3の時代はすぐ来るでしょう。

スマホで見れるようにしておかないと誰も見てくれないなんて時代も来ますね。

最初はあんな小さな画面でって思っていたんですが、あっという間でした。

スマホも今のままではまだ大きいなんて事になるかも知れません。

小さく軽くといのはすべてのものに言える事で、何でも古いものは重いです。

先日、ディスプレー一体型のデスクトップを処分しましたが、ビックリするくらい重かったです。

別に大した液晶でもないのに凄い重さで、逆に現在のノートブックの液晶なんて羽の様に軽い。

そしてはるかに明るく精細で見やすいのですから、進化は留まる事を知りません。

ただ考えて見ると、30%近くの家庭がパソコン無いんですね。

パソコンないと色々情報で後れをとったりしないのでしょうか。

スマホも無かったりしたら、本当に大変なのではと心配しています。

昭和の様な生活をするのなら可能かもしれませんが、今更薪でお湯を沸かすような生活に戻れるかなあ。

ちょっと極端な話でしたね。


posted by 原田知篤 at 14:33 | Comment(0) | パソコン

折りたたみ自転車の記事が出ていた

毎週さまざまな自転車の事をやっていたけれど、今週はいよいよ折り畳み自転車でした。

まあ、当たり障りのない記事でしたが、少しピントが外れている気もします。

折りたたみ自転車は軽さも大切ですが、軽いと言う事は弱くなることと同意語なので、ともかくそれよりも小さくなるのが第一義と思います。

保管する際も部屋の片隅に小さく収まるとか、電車の中で他の人に邪魔にならない様に余計なでっぱりが無く形よく立っているとか、実際に電車に自転車を載せたことがある人ならだれもが思う事です。

座った時に足の間に挟める厚みに収納できるというのも、実際にやった事がある人には譲れないポイントです。

走行性能が良いとか、軽いとかでしたら、ロードバイクタイプのバラせるやつを売っているので、その方が良いのではと思います。

駅前で店を広げるようになりますので、それが平気な方用です。

簡単に短時間で折りたためて小さくなる。

これが一番のポイントです。

それが無ければ、走行性能で不利な小さな車輪の折りたたみ自転車なんて誰も乗りません。

そして、収納時の厚みが薄くなるほど重心が体に近くなり、持った時に軽いと言うのも大事なんですが、そこも理解されていないようでした。

一応記事は書いたけれど、折り畳み自転車には殆ど乗られていない方の記事でしたね。

すべてに中途半端な車種を第一に推薦されていたので、違うんだよなあ、と思った朝でした。


posted by 原田知篤 at 13:54 | Comment(0) | サイクリング

2017年07月28日

鶴見川の支流矢上川にカルガモの親子がいた

カルガモは人口の池とか結構いますが、川にもいるんですね。

P1320349.jpg
今日、鶴見川に流れ込む矢上川を少し遡った場所の中ほどに小さな倒木があって、そこにカルガモの親子が5羽体を休めていました。

子供たちはまだ飛べないので、
川は結構カラスとか鵜とかいて、子育てには適していないのではと思うんですが、何処で卵をかえしたのかな。

都会の池とかにわざわざ行くのは人間が天敵から守ってくれるという期待があっての事で、カルガモには安全な場所の一つなんだと聞いたことがあります。

カルガモの子供って結構カラスにやられるんです。

岸だとネコに襲われるし、カルガモも大変です。

パンダを見てもそうだけれども、親子の情愛ってすべての動物に共通です。

子供が可愛くないって、絶対普通じゃない。

病んでます。

そんな状態の人の話を時々聞きますが、可哀そうとしか言いようがありません。

子供ってどんな子でも可愛いけどね。


posted by 原田知篤 at 21:01 | Comment(0) | 日記

スズメがセミを食べていた?

三ッ池公園はいつ行っても木々が多く癒される公園です。

P1320300.jpg
池にはガマが生えていました。

P1320308.jpg
ベンチで食事をしているとオコボレを期待したハトがやってきて目の前の手すりに止まりました。

何かもらえるのを期待しているらしく、全然どきません。

私は知っているんです。

1羽に何かやると、ものすごい数のハトがバサーっとやってくるんです。

P1320312.jpg
そんな時に足元を見ると、コンクリートの柱にセミの抜け殻がありました。

そこで疑問です。

柱の一帯はコンクリートと石で土が無いんです。

大分離れた場所から這ってきてこのコンクリートの柱に登り、ここで羽化したとしか思えません。

今日は色々な物を見つける日です。

セミがギャーギャー言っているので見て見ると、スズメがセミをいたぶっていました。

P1320315.jpg
私が近づくとスズメはバタバタしている雀をサッと咥えて道の反対側へ。

P1320319.jpg
そこでも、しばらくセミをいたぶっていましたが、おばさんが通るとスズメは離れてその先は判りません。

食べるのか、ただいたぶっていたのか。

P1320333.jpg
スイレンの花は数えるほどしか残っていませんでした。

P1320337.jpg
小さな水田もあって稲が植わっているんです。

色々あったけど、今日の発見はセミをいたぶるスズメかな。


posted by 原田知篤 at 20:27 | Comment(0) | 日記

電車を眺めるには場所選びが大事

東海道線や京浜東北など鶴見付近は沢山の電車が走っていますが、京浜急行も一緒に眺められるスポットはあまりありません。

P1320291.jpg
ここ、生麦人道橋の上は並行して走る電車が全部眺められるスポットです。

ただし、危険防止のために金網がかかっていて眺望は網越しになります。

網目の間から所々目の間隔ぐらいのアナが空いていると見やすいと思うけど、わざわざマニアのためにそんな事はしないよなあ。

京浜東北線はともかく、東海道線などは意外と電車の間隔が開くので待っているのが大変です。

やはり東京23区内とひとたび23区から出ると、人も電車も密集度が違うんですね。

山手線とか引っ切り無しに来るもんね。

東横線の多摩川鉄橋とかも休む間もなく電車が来ます。

あそこは複々線だし。

撮り鉄が色々、撮影のために入り込んだりして問題になっていますが気持ちは解ります。

撮影スポットってそんなに沢山ないんですよ。

そこに枝が出ていたら切りたくなるし、人がいたらどいてくれって言いたくなります。

運動会のポジション取りも同じでしょうかね。

誰も居なければ好きなように出来るけど、それもつまらないかもと思ったりして。

何人ものライバルと一緒に撮影するから楽しいのかも。


posted by 原田知篤 at 19:52 | Comment(0) | 日記