2017年06月07日

今、渋谷でラブドールの展覧会が開催されている

今週末まで渋谷でラブドールの展覧会が開催されている。

我々が若い頃はダッチワイフと呼ばれていて、南極2号など南極観測探検隊が持って行って越冬しているなどと、嘘か本当か分からないタイトルで宣伝したりしていたけれど、当時の物は体は空気で膨らませるもので、押し入れの奥に仕舞っておけるという、親に見つからない様にという配慮もあったものでした。

最近は非常に進化して、本物に近いというのが売りらしい。

まあ、本物の代わりに使うものなので、あまりアートスティックなものは具合が悪く、人間に似ていれば似ているほど、需要はある筈。

朝日新聞に大きく載っていたので、行ってみようと思ったが家内が気持ち悪いという。

行ってみたいと言ったら、軽蔑の目で見られたので、奥さんに嫌われてまで見るものでは無いので新聞だけにしよう。

入場料1000円はまあ良いけれど、やはりゴタゴタしてまで見るものではありません。

本体を手に入れる場合はオーダーメイドで20万円〜80万円だという。

値段からすると、余程の事情か興味がある場合以外は買わないかな。

一度買えば、維持費も要らないし、文句も言わないけれど、話し相手にはならないな。

やはり、いくら似ていても代用品は代用品。

本物とは違うということなんだろう。


posted by 原田知篤 at 14:18 | Comment(0) | ニュース

フォーチュンクッキー 2016 按針フェスタ・IN 逸見

三浦按針といえば江戸時代徳川家康の外交顧問で横須賀逸見の領主をしていた。

その逸見地区が街おこしにAKB48の恋するフォーチュンクッキーに合わせた例の動画を作り公開した。

三浦按針の菩提寺である浄土寺が中心になって作ったものだという。

京都造形芸術大学の学生たちが撮影したりしたらしいけれど、船頭がいなかった感満載のビデオですね。

フォーチュンクッキーは今更感はあるけれど、曲は何年たっても魅力的で聞き飽きない。

動画の方は、見て見るとそうねえ?どうなんだろ?ウーン?

こういうやつはある程度はちゃんとやらないとなあ。

ずーっとグダグダのビデオ見せられてもねえ・・・

2度目を見る気が起きるかが勝負なんですよね。

2度目を見たいビデオなら他にも拡散するしね。

今朝で1100回再生かあ。

出演者以外が何人見たのかなあ。

でも恋するフォーチュンクッキーを使ってくれた事にはすごく感謝してますよ。

こういうケースが細々とでも続いて欲しいです。

フェスタの際に撮影したみたいだから、練習も出来なったんだろうな。

でもありがたい話です。

ありがとう。
タグ:指原莉乃


posted by 原田知篤 at 10:18 | Comment(0) | AKB48